未整理資料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


未整理資料

個人的に集めた未整理資料。
無かったことにするか、新たなページを作るべきなのか。その辺は臨機応変に。

基本的な知識

 この先生きのこるための基本知識。
 まぁ、気をつけていても死ぬときは死ぬんだけど。主に流れ弾で。
 ……ああ、死ぬならまだ良いか。完全消滅もありうるから気をつけて。

禁句

 学内には様々な禁句が存在する。口は災いの元と心得よ。
 命が惜しければ口にしたり調べたりするのはやめよう。
 例えば某教授の黒歴史とか、教授陣の年齢とk(四重結界withマスパ

禁止行為

 学内には様々な禁止行為が存在する。命が惜しければ(以下略
 面白半分に教授陣に突っかかって行ったり、強い力を持ち過ぎたりは死亡フラグ。
 (コテハン、他の世界のアイテムを持ってきて俺TUEEEEEする等。空気嫁)
 不用意に教授陣と仲良くしすぎるのも良くない。
 主にその教授の取り巻きの方々による報復が予想されるからだ。

ゆーれい

     △
   ( ・∀・)  ←これ
   (νν
    )ノ

 学生の半数以上を占める人々。触ると冷たいので夏場に重宝する。
 しかし、いくら容易に蘇生できるからといって、死にすぎと言わざるを得ない。
 後、この大学の幽霊はなぜかしゃべれる。死人に口ありとはいかなることだろうか。

能力

 ~する程度の能力。極限状態を経験すると取得できることがある。
 ただし、あんまり強力な能力は*すきまおとし*される。

人間と妖怪の境界

 何だか似たようなスペカがあったような。*あいまいよねー* ……理事長!?
 それはともかくとして、一時期は人間の割合が非常に少なかった。
 禁句放って死んだり、ヘンな薬で妖怪化したりと、原因は色々。
 今は大分自殺者が少なくなってるから、少しは持ち直しているという噂。


さあくる

 どこもうかつなことをすれば危険なのは一緒ですよねー。
 対応した教授の研究室とか、サークル棟に入っているのがほとんど。

錬金研究会

 色んな薬やら道具やら器具やらを作る連中。
 一時期流行ったサッカー用具を作ったのが彼らだとか。

園芸部

 死体処理班。西行妖などの危険地帯を行き来するため、かなりの弾幕力が必要。
 何処にでも現れる辺り、八雲研の上級生が所属している可能性も。
 最近は猫車というライバルが出現したとか。

図書委員会

 本の扱いをするだけなので比較的安全? 司書さんと仲良くなれる。
 やっぱり天敵は霧雨研だが、図書館から出られなくなる可能性のほうがヤバい。

報道部/写真部/新聞部

 射命丸先輩の所属する部。学内の様々なことをすっぱ抜く。
 特級クラスの弾幕力がないと死ぬ。比喩抜きで死ねる。

剣道部

 魂魄さんが主将。西行寺さんの加護を得られるかも。
 でも、たまーに来る用務員のおじいさんがすげー怖い。

保健部

 単純に死ににくい。が、そもそも本当に生きているのか(ry
 八意教授が顧問。実験台にされるとか言う噂もある。

手芸部

 ここも比較的安全。落ち着いた雰囲気が売り。逆に言えば鬱。
 マーガトロイド教授が顧問をしている。

軽音楽部

 虹川三姉妹が所属するサークル。音楽技能に加えて弾幕力も必要。
 たまーにダンサーとしてGIL教授や永江教授が現れるという噂も。

秘封倶楽部

 地域文化研究を行っている。メンバーは二人しか居らず、新規募集もしていない。

風紀委員/監察部

 構内の風紀を取り持つというが、チクリ魔と揶揄されることが多い。
 色んな秘密兵器を持っているらしいが、効果があるのは下級生ぐらいのものだ。

人形開放同盟

 こんぱろこんぱろー。自立する人形、メディスンが設立したサークル。
 でも、動く人形の同士が居ないので今のところメンバーは一人らしい。

春の伝道師

 春になると現れる。リリーホワイトが設立したサークル。
 でも、そもそも目的が分からない。春以外に活動しているのかも分からない。

上海アリス幻樂団

 詳細不明・ひっそり活動している幻のサークルらしい。
 サークル棟にある音楽室や、n重の塔の近くで見かける眼鏡の人と関係があるとか。


その他の資料

 本当に未整理な資料。昔流行った物から、細かな事件等。

霊力測定統一テスト

 スペカとか魔法とかのベースとなる霊力を測るテスト。
 500点以上が資格を取るためのボーダーラインだとか。

七不思議

 七つどころか十を軽く越えてるとか越えてないとか。
 七つ知ると隙間に落とされるとか落とされないとか。
 入学時に生徒一人につき一つずつ耳打ちされるとか。

隙間掃除

 理事長が操る隙間に入ってお掃除とか整頓とかする。
 年末に行われることが多く、参加者のうち半数近くが帰ってこないとか。

 理事長ー、普段から整理しておいてくださいよ。
 何だこのでかい干物。うわ……これ、人間じゃねーか!
 こんなん。たまにレアモノを拾い、持ち帰ることが出来るらしい。

てんこー

 テンコー! オテンコー! ターノシー!!
 派生として、ゲンコーやらゼンコーやらあるとか何とか。

紅い悪魔と緑のけーね

 購買で販売されているカップそば。パッケージには“吸われる美味さ”“掘られる美味さ”とある。
 どうやら、特にめぼしい具が入っているわけではないらしいのだが……。

ボトルキャップ

 学内の自販機で飲み物を買うとついてくるボトルキャップ。
 教授陣をかたどったフィギュアが上にくっついている。

東方大学カードコレクション

 教授陣の多様な姿(一部“そこまでよ”直前なものも含む)が描かれた美麗なカード。
 本大学公認のカードで、裏には残点が書かれており購買や食堂などで使用可能。
 傷や汚れ、弾幕などに滅法強く、持ち主が消し炭になってもカードは残るらしい。
 レアなカードは複数の残機と交換できるほどの価値があるのだが、所持に危険が伴うので注意。