カスタムテーマ作成


リンク






更新履歴

取得中です。




Counter

Today -
Yesterday -

PictBearでフォーカス作成

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PictBearの他にGenSakWinも使うのでGenSakWinでの作成方法も読んどくとイイかも

完成サンプルは下の方にあります。
今回は下画像を例に話を進めます。

  • PicBearで開く
透明化、リサイズの済んだ48*48フルカラーのPNGを開きます
  • キャンパスのリサイズ
イメージ→[キャンパスのリサイズ]で、真ん中を中心に64*64にします
フォーカスアイコンは48*48でも大丈夫なのですが、48*48だとフォーカスがはみ出る可能性があります

  • 不透明部分を選択
選択範囲→[不透明部分を選択]。画像に元から影があると選択範囲が大きくなりすぎることがあります。
その場合は、自由選択を使って選択範囲を調整してください。
SHIFT押しながら選択で選択範囲を追加。CTRL押しながら選択で選択範囲を除外です。
  • 境界線の描画
ブラシを小さいものに、そして薄いものにします。色は好きな色で
薄いブラシはここからDLできます。
\LimeWorldブラシデータ\追加ブラシ\水彩ペンブラシ にあります。
今回はこれを選びました。
ブラシの選択が終わったら、キーボードのInsertを押すか、編集→[境界線の描画]
で、保存

  • GenSakWinで減色
GenSakWinでさっき編集したファイルを開いてください。
この時に半透明部分が不透明になっていますが気にしないでください。
そしたら、254色に減色。今回はA値をいじりませんでした、
A値についてはGenSakWinでの作成方法を参照してください。
で、保存

  • できあがり
こんな感じになります。
必ずPSPで確認してください。かなり薄くなります。
ブラシやA値をいじると見た目が大きく変ると思います。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|