くぱぁ慎(肉慎肉)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ‥はぁ‥もうダメ‥」
「‥慎、何をしている?」
「ぅぅぅぅぅぅ‥
何ってピチパン一丁なのに
誘ってるのが分からないんですか!?」
「悪いが全く意味が分からん。
第一慎、そんな格好をしていたら風邪を引いてしま「うがーーーッッ!!!!
もういいから真田さんはそこに座ってて下さい!」
「?おい、ペルソナまで出して何をするつもりだッうわッ!!?」

ジーッ
はむっ
シュッシュッシュッ
シュコシュコシュコ

「ん、ぅ‥ふぅっ‥ちゅっ‥」
「ば、バカ!
慎何をやっている、離せ!」

チュッジュポジュポジュポ

「んぅ?何って‥ふぇらちおだへど」

ジュポジュポジュルッ!
「う、そんなの見れば分かる!
喋りながらする、な‥
く、やめ‥ろ‥」

ジュッジュッジュルルルル


「ぷはっ。やだもん。離したら真田さん逃げちゃうじゃん。
あっ、またおっきくなった‥ふふっ‥先走り凄い出てるね。
ちんぽもビクンビクンしてるよ?
ん―‥ちゅっちゅるっ」「ッ!そこはッ‥
慎、口離せ‥!」

ジュルッジュルルルル
ジュポジュポジュポジューッ

「ん、はぁっ、いいよ。出して。口にいっぱいちょうだい」
「クソッ‥!すまん、神郷‥!
はっ、はっ、はっ、‥イ、クッ!」

ドピュゥ‥!
ビュルブピュウッ!
ピュッピュッピュルッ!

「ふあっ‥あついのいっぱ、いぃ‥‥」
「はぁっはぁっ‥慎、何故こんな事を‥‥」
「‥だって俺、真田さんの事好きだから‥
真田さんが諒兄ちゃんみたいに冷たいままだったら良かったのに‥
俺好きだって勘違いしちゃうじゃん」
「だからってな、慎‥」「こうでもしないと真田さん見てくれないじゃん!
ね、真田さん見て?俺、まだ足りないよ」

くぱぁっ

「うっ‥‥‥!」
「精子なくなるまで俺のことむちゃくちゃにしていいよ。
俺が動いてあげるから‥んっ‥んぅ‥ほら、もう勃ってきた‥‥」
「待て、慎!分かったから話を聞け!」
「だ、め―」

ズプッ

「うわああああ(ry」


続かない
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。