洵(結祈)×慎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あっ……結祈っ」

慎はまた、快感にびくりと震えた。

「うふふ。おにいちゃんかわいっ」

まるで慎を弄ぶかのように、結祈はペニスに舌を這わせる。
可愛い舌がちろちろと動くのが、慎からも見て取れた。

今こうしているのは結祈なのに、舐めているのは洵の舌。
濡れた目で見つめるのは洵の目。

今まで洵の中の結祈をごく自然と受け入れていたのに、
こんな時に限って洵の身体なのだという事を意識してしまう。
いやこんな時だからこそなのか。
家族としての接触しかしてこなかったからこそ、心で結祈を感じ取れたのだ。

だが慎は洵の身体を感じてしまっている。
洵の舌で洵の口で、自分のペニスを慰められているのだ。
否応なしに意識する。

慎はまるで、結祈と洵の二人に舐められて
いるような錯覚に陥っていた。

「はっはっ、結祈……結祈っ……」

うわごごとの様に妹の名前を呟く。

「ん────っ。じゅっちゅるっ」

結祈が口を大きく開けてペニスを咥える。
やはり慎には、洵が咥えているようにしか
見えなかった。

「はぁ……っ。おにいちゃんの大きいね。
口が疲れちゃった。ん……ちゅっ」

ペニスにキスを落とし、また咥え込む。
喉の奥へ導き、また口唇まで引き出す。
結祈はそれを何度も繰り返す。
勿論、舌を動かすのも忘れない。

妹の奉仕を受ける慎は、限界が近いことを感じていた。

あっ……こんな時に来ちゃった……ごめん
ね洵。後はよろしくね。……でも、おにいちゃんのを噛んだりしちゃ駄目だよ?

結祈は洵の中へと沈んでゆく。
そして代わりに……。

──うわっ!なにこれ?どうなってるの?……慎兄ちゃん?

洵は今の状況が判らず、軽いパニックに陥っていた。

「はぁっはぁっ……結祈……っ、動いて……」

慎が、動きを止めた洵を促す。
それだけで、聡い洵は察しをつける。
全て自分の中のもう一人がした事なのだ。

洵の意識の方が強いが、そのせいで結祈の行動に気づかない事も多々あった。

もしボクだってバレちゃったら、慎兄ちゃんしょんぼりしちゃうよね……。
ごめんっ!って土下座なんてされたら困っちゃうよ。
これまで通り、兄弟仲良くしたいよね
……。
そうだよね……今のボクは結祈なんだから…………結祈のフリをしなくちゃ…………

洵は結祈の続きをすることにした。
身体の火照りもそれを後押ししてくれていたのだが、洵にはその自覚はない。

「んっ、んっ、んんっ」
慎兄ちゃんのおちんちん凄い……。
熱くて硬くて、おっきくって…………。
ペニスを口から吐き出して、舌でゆっくりと、まるで形を確認するかのように撫でる。

んっ、何か先っちょから出てる……。
あむっ。
なんだかエッチな感じ……。

「ごめんっ、結祈!もう我慢出来ない
……。結祈の口で出させて……っ」

慎は洵に懇願した。

ふふふ。もうっ、しょうがないなぁ〜慎兄
ちゃんは。

また口を大きく開いて、ペニスを頬張る。
そのまま結祈がしていたように、口唇でしごく。
「じゅっ、じゅぷっ、じゅぷっじゅぼっ」

口から涎が零れるのも構わずに、洵は夢中でペニスをしゃぶり続けた……。
限界まで我慢していた慎が震える。

「も、もうっ!で……っ!」

腰を押しつけそのまま、洵の口内へと射精した。
「んんっ!?んんーっ」
洵は涙目になりながら耐える。
頭は慎の手で固定されてしまって、逃げる事も出来ない。
どくんどくんと、射精はいつまでも続いた。
収まりきらない精液が、口の端からいやらしく、糸を引いてしたたり落ちる。

あつくて、それに凄い匂い。
こんなにいっぱいボクの口に……。

精液の熱さと鼻に抜ける匂いに、洵はうっとりとした。

ああ……すごい…………慎兄ちゃんのすご
いよ……っ。
あっ、あああっ……

洵も気づかぬ内に射精していた。
洵自身は、自分のペニスが立っていたことすら知らなかった。
全く自覚のない勃起と、生まれて初めての射精だったのだから……。

洵が精液でとろとろに溶けていると、とんでもないお願いをされてしまった。

「結祈……飲んで…………俺の、飲んでっ……」
慎が更なる願いを言ってきたのだ。

ああ、慎兄ちゃんがボクを見てる……。
あんな顔されたんじゃ断れないよ……。
それに今のボクは結祈なんだから……。
背筋をぞくぞくと戦慄かせ、ゆっくりと%
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。