※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔術師



■魔術師の特徴
炎と風が伸びやすい。一方、戦闘、モラルが伸びにくいため、少々打たれ弱い。
呪文は攻撃から回復、補助系まで満遍なく覚えるのでバランスタイプといえる。


■魔術師の戦法
  • 序盤(~LV10)
最初から使える「ファイアーボルト」をメインに。打たれ弱いので、「炎の楯」を使ってもいい。回復は、金のリングで。
武器はロングボウ・エルフの弓あたりがオススメ。
法王の杖があると、烈火の滝の使い勝手がかなりアップ。

  • 中盤(~LV30)
「ファイアーボール」でガイコツを消していく。炎のガイコツを駆使。
「頭突き」(オークロード)、「火傷」(インプ)あたりがあると戦略の幅が広がる。
乗用は風が伸びるグリフォンがいい。調教もそこそこしやすい。

「力の手」とダメージ追加効果のある武器があればファイアーボールの効果が跳ね上がる。
(ガイコツ一個につき1+2点ダメージが発生し、ダメージ追加条件を満たすため。)
相手の隙を見て「隠れる」(ゴブリン)を併用できればなお良い。

  • 終盤
※機種によっては装備が無いかもしれないので参考まで。下記はiPhone版。

上記「力の手」を使った戦略を一つ。
宝石のルーン装備+嵐のハンマー(Storm hammer)+音楽のルーン装備を用意する。各ルーン装備はドラゴンか神のルーンとで作成すること。
スペルは炎のガイコツ、ストーンゲイズ、バーサクなどドクロ生成系と、隠れるをチョイス。動物は巨大スパイダーに乗って蜘蛛の糸を使えるようにしておくとやりやすい。
上記の通り、力の手の効果が単品で砕かれたドクロにも乗ることを利用する。

1.適当にマナを貯める。4-matchを狙うと貯めやすい。
2.満遍なく20~30マナほど溜まったら蜘蛛の糸を使う。
3.蜘蛛の糸が通ったら、隠れる→力の手と続け、場の状態を見て炎のガイコツ等を適当な順に使っていく。
※なるべく4-matchが起こるように使うのが良い。
4.手動でも4-matchを狙い、音楽のルーン効果でマナをMAXにする。
5.満遍なくドクロの広がった場の状態にしたら、更に4-matchを狙って嵐のハンマーの効果でガンガンドクロを潰す。

計算するとわかるが、1ドクロ当たり恐ろしいダメージが出るので、相手の体力が200くらいなら蜘蛛の糸が決まった時点でほぼ勝ちが決まる。
※上記装備の場合、マナ2種がMAXのとき
{1(ドクロ)+2(力の手)+(6×2)(宝石のルーン)}×2(隠れる)=30
耐性持ちの相手の場合は少しやりづらいが、魔術師にはライトという素晴らしい防御スペルがあるので、力の手+隠れるの状態に持ち込むまで耐え切る。
なお、力の手は2回分効果が重複するが、上記なら1回で十分。

嵐のハンマーでどっかんどっかんダメージが出るのはかなり爽快なので、お試しあれ。