設定集2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



追加フォルダの作成

フォルダビュー → タップ&ホールド(押したまま) → 作成


特定アカウントからの送信時に、常にバックアップ用メールアドレスにも送る

メール作成テンプレートをいじる。(やっつけ

  • オプション→「その他2」→「自分をBCCに含める」にチェックして以下のファイルをいじる。「meruado@example.com」を自分のメールアドレスに変更。いじる前に./QMAIL3/MAIL/templates/mailフォルダ自体をコピーしておこう。

  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/new.template:
旧(line7):@Addressbook($to, '', @If($bcc, @I, '')),
新(line7):→@Addressbook($to, '', @If($bcc, 'meruado@example.com', '')),
旧(line9):@If($bcc, @Concat('Bcc: ', @I(), '\n'), '')))),
新(line9):→@If($bcc, @Concat('Bcc: ', 'meruado@example.com\n'), '')))),
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/reply.template(line9):
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/reply_all.template(line20) も同じ
旧:@Concat('Bcc: ', @I(@Account(), X-QMAIL-SubAccount), '\n'))
新:→@Concat('Bcc: ', 'meruado@example.com\n'))
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/url.template(line9):
旧:@Concat('Bcc: ', @I(), '\n'))
新:→@Concat('Bcc: ', 'meruado@example.com\n'))

  • ただし上の方法だと「自分をBCCに含める」にチェックしている全てのアカウントで送信メールが 'meruado@example.com' 宛に送られてしまう。「myAccount」アカウントだけでBccを変更したいときは……
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/ の内容を ./QMAIL3/MAIL/myAccount/templates/ にコピーし、そのファイルにだけ上の変更を施す。
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/ フォルダ の中身を以下のように書き換える。

  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/new.template:
追加(line4-5) :@Set('bccaddr', @If(@Equal(@Account(), 'myAccount'), 'meruado@example.com', @I())),
旧(line7):@Addressbook($to, '', @If($bcc, @I(), '')),
新(line7):→@Addressbook($to, '', @If($bcc, $bccaddr, '')),
旧(line9):@If($bcc, @Concat('Bcc: ', @I(), '\n'), '')))),
新(line9):→@If($bcc, @Concat('Bcc: ', $bccaddr, '\n'), '')))),
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/reply.template(line9):
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/reply_all.template(line20) も同じ
旧:@Concat('Bcc: ', @I(@Account(), X-QMAIL-SubAccount), '\n'))
新:→@Concat('Bcc: ', @If(@Equal(@Account(), 'myAccount'), 'meruado@example.com', @I(@Account(), X-QMAIL-SubAccount)), '\n'))
  • ./QMAIL3/MAIL/templates/mail/url.template(line9):
旧:@Concat('Bcc: ', @I(), '\n'))
新:→@Concat('Bcc: ', @If(@Equal(@Account(), 'myAccount'), 'meruado@example.com', @I()), '\n'))

xmlのカスタマイズ例

  • 例:メール一覧で左右キーで前後のフォルダを表示、クリアでメールを削除
(QMAIL3/MAIL/profiles/keymap.xmlを編集)
<keymap name="ListWindow">
<action name="ViewPrevFolder"><key name="left"/></action>
<action name="ViewNextFolder"><key name="right"/></action>
<action name="EditDelete"><key name="back"/></action>
</keymap>

  • 例:メール表示中、左右キーでフォルダ内より前後のメールを表示
(QMAIL3/MAIL/profiles/keymap.xmlを編集)
<keymap name="MessageFrameWindow">
<action name="ViewPrevMessage"><key name="left"/></action>
<action name="ViewNextMessage"><key name="right"/></action> 
</keymap>

  • 例:メール編集で、ヘッダ入力欄の間をtabに加え、カーソル上下で移動
(QMAIL3/MAIL/profiles/keymap.xmlを編集)
<keymaps>
(略)
 <keymap name="HeaderEditWindow">
   <action name="ViewFocusNextEditItem">
     <key name="tab"/><key name="down"/>
   </action>
   <action name="ViewFocusPrevEditItem">
     <key name="tab" shift="true"/><key name="up"/>
   </action>
 </keymap>

  • 例:メール編集時の右ソフトキーメニュー項目に「件名を編集(入力フォーカスを本文からヘッダ入力欄に移動)」を追加
(QMAIL3/MAIL/profiles/menu.xmlを編集)
<menubar name="editframe">
 <popupmenu text="mail">
	(略:ここら辺左ソフトキーのメニュー項目)
 </popupmenu>
 <popupmenu text="menus">
 <menuitem text="件名を編集" action="ViewFocusEditItem" param="@1" />
	(この後も略)

バイブ鳴動をメール受信時の通話着信とで分ける方法

MortScriptを使用して鳴り分けさせる方法。
1. Outlook以外のメーラーで自動受信させる場合の設定方法を参照して、hdmobilaunch.mscrを以下のように編集。
起動メーラをQMAIL3に変更。(q3u.exe "-q -g 巡回名")
未読レジストリの監視はしない。
スクリプト開始時に未読レジストリを1増やし、終了時に1減らす。(スクリプト実行中だけ未読ランプをつける)
メッセージは必ず出す。(これで未読ランプを維持する)
バイブする箇所を以下のサブルーチンに差し替え。

Sub Alert
 Vibrate(200)
 Sleep(200)
 Vibrate(200)
 Sleep(1000)
 Vibrate(200)
 Sleep(200)
 Vibrate(200)
EndSub

これでセンターにメールがあるとき「ブブッ、ブブッ」って鳴る、以下スクリプト。
当然、Lightmail.exe(pushservice.ini)→willcommaillaunch.exe(willcommaillaunch.ini)
→本スクリプト→QMAIL3 という流れになるよう各パス指定を確認。
http://w-zero3.org/uploader/src/up1710.zip

サイト内検索

更新履歴

取得中です。

ツール