※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


QQ音速を起動するとまずこのような画面が開きます。
パソコンの言語設定を中国語にしていないと文字がほとんど文字化けしていて読めません。
コントロールパネル→地域と言語のオプション→中国語→再起動
でQQR2を起動すると文字化けを回避し、日本語入力・変換することもできますが
この設定だと日本R2内で日本語が入力できなくなります。
MicrosoftAppLocaleというソフトを使えば特定のアプリケーションを
指定の言語設定で起動することができるので、これを使いましょう。(後述)



サーバー選択画面です。
日本人には下から二番目の华北地区に、次いで西北、上海あたりが人気のようです。
一番下のサーバーはまだできて新しいため、比較的人数が少ないです。
サーバーを選択して確定進入を押します。

※2008年よりサーバーの並び順が上の画像と変わりました。

ID番号とパスワードを入力します。
私の場合、パソコンを起動してから初回QQR2起動時にパスを入力すると
どうしても一文字目が二文字入ってしまって入力ミスになりやすかったです。
同じ状態になる人は注意してください。


このアイコンを押します。


このエラーが起きたときはサーバーにキャンセルされました。
エラーが出ても起動されることがありますが、何度もこうなる場合は
一度QQ音速を閉じてからやり直すと繋がりやすくなります。




AppLocaleについて。
Microsoft AppLocaleUtility


①起動します

②アプリケーションのアドレスを指定。
デフォルトなら C:\Program Files\tencent\QQR2.exe になります。

③中文(簡体)を選択。

④ショートカットを作成します。
ショートカットから起動するとQQR2のみ中国語設定で起動できるようになります。


※Vista未対応…といううわさ。