Nanotech Mainframe

ユニット作製所の2段階目のアップグレードと、Wave-Force Towerなどの防衛施設建設に必要。

$3000 T0.04 E75


Defender-VX

変形して、対地・対空にそれぞれに対応できる防衛砲塔。
自動では切り替わらず、特殊能力の武装変更ボタンを押す必要があるので注意。
設置直後は対地モード、切り替えに若干の時間を要する。なので即座に航空機に対処できないのが難点。
本来なら、連合軍の防御施設よりは対空性能は高いはずなのだが、
建造時はナノコアでどこにでも立てられると言う利点があるため、
あえて変形を手動にしてバランスをとったのだろうか?

$800 T0.04 E25


Wave-Force Tower

設置型波動塔。射撃間隔が長めなので戦車など大物の迎撃向け。
Wave-Force Artilleryと同様に完全に充填していない状態でも発射する事ができるが、
防衛施設弄ってるヒマがあったらユニットを生産・運用すべきであると思う。

$1400 T0.05 E75


Nanoswarm Hive


日本軍の特殊兵器。
ナノマシンバリア発生装置。
指定した場所にナノマシンの嵐を起こし、広範囲のバリアを張る。
バリアは必ず一定時間持続する。
一瞬で張ることが出来る為使い勝手は良好だが、対象の一部がバリアからはみ出ていると
バリアの効果が得られないことに気をつけたい。
自軍施設を防御できるほか、敵のスーパーウェポンに使って発射を妨害するなど、
さまざまな用途に使える。
これを使用されたユニットはその範囲から移動できず、攻撃することも出来ない。
敵のユニットの足止めにも使える。
建設(ナノコア展開後)から発動可能になるまでは3分。

$3000 T0.04 E75


Psionic Decimator


日本軍のスーパーウェポン。
念動力爆破装置。
指定範囲を中心に念動力の塊を送りこんで爆発を起こす。
中心点のダメージが極めて高く、外側に行くにつれて顕著にダメージが低下する。
よって、硬い施設が密集していた場合は特に有効。
建設(ナノコア展開後)から発動可能になるまで6分。
ちなみに、ユリコクローン6体がおさめられている。

$5000 T0.04 E75

Fortess wall

壁。他の勢力と同じ。
電力が足りなくなっても製造時間は変わらない。

$10 T0.05

その他のサポート施設

Wave-Force Tricannons

海上要塞「Black Tortoise」に搭載されている3連装の波動砲。
チャージに時間がかかるものの、威力・射程共に申し分ない。