サブタイトル 戦争の科学
戦場 ミコノス島/ ギリシャ
副司令官 ジャーナ・アゴンスカヤ
敵司令官1 ウォーレン・フラー
敵司令官2 ジャイルズ・プライス

ほぼヨーロッパを手中に収めたソ連。
そこへ連合軍がギリシャ・ミコノス島で新兵器の研究をしているという情報が入る。
ゼリンスキー博士によればそれは原子核を破裂させ莫大な反応を起こし爆発する兵器だという。
書記長は研究所の制圧を司令官に命ずる。


目的1 島へ基地を拡張せよ

  • ボーナス目的1 敵のTech Inhibitorを破壊せよ

島へ集積所を建てれば目標達成だが、最初は連合軍の妨害装置が設置されていて一部ユニット・施設が建てられない。
ツインブレードとアクーラが最初から製造できるので端から切り崩していこう。
このミッションからクラッシャークレーンも建造可能となる。
うまく使って施設を迅速に作っていけるはずだ。
最初の島を制圧したら次の島を制圧しよう。
ツインブレードにエンジニアを乗せて島へ輸送し、
防御施設を破壊したらおろして敵MCVをのっとるのも有効だ。

目的2 連合軍の海軍基地を破壊せよ

島の施設を制圧したら対岸にある連合軍基地を破壊する。
バトルラボも建てられるはずなのでドレッドノートの生産が解禁される。
海上からのV4爆撃で基地を切り崩そう。 

目的3 連合軍の研究所を奪取せよ


研究所は敵基地の隣にある。
まずドレッドノートの爆撃で防御施設を破壊し、ツインブレードでエンジニアを輸送しよう。
敵の猛攻があるのでMCVを移動させ施設を作っておくと万全だ。
研究所を占領しない限り次のステップに移行はしないので時間はある。

目的4 データの復元が完了するまで研究所を防衛せよ

戦闘工兵曰くデータがごちゃごちゃでダウンロードに時間がかかるという。
そのため一定時間研究所を防衛しなければならない。
それを見越してかジャイルが丘の上に基地を展開して攻撃してくる。
まだ体勢を整えないうちに攻勢に移るといい。
時間まで粘る戦法もいいが攻撃は最大の防御。
一気に切り崩そう。そのほうが被害が少なかったりする。

ここで手に入れた連合軍の新技術は後日、
ソ連のスーパーウェポン・ヴァキュームインプローダーとして活用されることになる。