※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハワード・T・アッカーマン


役職 合衆国大統領(President of the United States)

アイダホ生まれアイダホ育ち。
反共産主義を全面に押し出して選挙で地滑り的勝利を収めたアメリカ合衆国大統領。
コテコテの反共主義者。

本編では司令官(プレイヤー)の為にターニャを送り込んだりしてくれる。
しかし帝国の宣戦布告後、ビンハム元帥が勝手にソ連との和平・共同戦線交渉を進めた事に激怒。
いち早くソ連の不審な動きに気づくものの、完全に我を忘れて単独行動に走る。
ラシュモア山の秘密兵器を使いチェルデンコ書記長を含めロシア人を皆殺しにしようとするも
ビンハム元帥の命令を受けた司令官により阻止された挙句始末される。

帝国編では改造されスパイ用アンドロイドとして連合諸国をソ連と戦う様に煽っていた。
しかし真実を知ったヨシローが八つ当たりで制御装置を破壊してしまい、機能停止する。

演じたのはJ・K・シモンズ。

「いいか、アカどもは俺たちの全部が嫌いなんだ、自由・解放・幸福を追求する権利!  ・・・そしてアップルパイ!」



ロバート・ビンハム


役職 元帥(Field Marshal)

愛犬の世話と庭弄りが大好きな英国人。
連合軍の古参司令官。

本編では人手不足を理由に士官学校を卒業したてのプレイヤーをいきなり最前線へ投入する。
ラシュモア山で暴走したアッカーマンを殺害するように命令した張本人。
しかしキューバでのソ連の裏切りを知り、チェルデンコ書記長とクルコフ将軍を
生け捕りにする様司令官に命令する。

帝国編ではアムステルダム防衛を試みるものの戦死してしまう。

演じたのはジョナサン・プライス。
007トゥモロー・ネバー・ダイのメディア王カーヴァー役で有名な名優である。

「奴らの尻尾をつかんでやったな、司令官。」
「健闘を祈る!」


エヴァ・マッケナ


役職 情報士官

イギリス人で強いマンチェスター訛りの情報士官。
アカデミーを首席で卒業しその能力を買われて戦時中出世する。

本編では新人司令官(プレイヤー)に目を付け事あるごとに気を引こうとする。
同じく司令官に興味を示していたターニャの事をライバル視しているんだとか。
URでも引き続き司令官をサポートする。

「あなたならできます!」
「ずっとまってたんですよ・・・」


ウォーレン・フラー


役職 副司令官(Co-Commander)

アメリカ人。元合衆国海兵隊出身。
幾多のソヴィエト軍との激戦を生き残ってきた歴戦の勇士。
まさに指揮官として、戦士として生まれてき男である。

連合軍の指揮官の中では最も陸戦を得意とする指揮官で、
序盤はホバークラフトに歩兵を搭載し速攻を仕掛け、後半は強力な兵器を多数投入してくる。

「どんな命令でもお受けします!」
「貴官は真の英雄だ・・・」


リゼット・ハンリー


役職 副司令官(Co-Commander)

フランス人。連合軍特殊部隊の元諜報部員。
その経歴故か敵の戦略を見抜くことに長けている。
明るくお茶目な性格で、女狐のように狡猾な性格をしている。
兵器の知識も豊富であり、様々な兵器を効果的に使用することを得意としている。

マルチガンナーIFVに様々な歩兵を搭載し、速攻を掛けることを好む。
またクライオコプターなどの特殊な兵器も多数使用する。

「私にちょっかいを出した殿方は・・・今は行方知れずですよ♪」


ジャイルズ・プライス


役職 副司令官(Co-Commander)

イギリス人。元英国空軍のエースパイロット。
非常に神経質で細かいことにこだわる性格である。
イギリス人らしく紅茶を好み、またその味にもうるさいようだ。
その繊細な性格は非常に高い洞察力の裏返しであり、敵の戦術を見抜き、
事態に素早く対処することをとても得意としてる。
またとてもお茶目な一面も持つ。
ソ連軍司令官のジャーナが彼をライバル視しているものの、眼中にないらしい。
Uprisingで登場し同じくソ連軍司令官でホワイトスパローの異名を持つヴェラに対し
尋常ではないライバル意識と興味を持っているのだとか。

空軍出身とういこともあって、戦術面では航空機主体の攻勢を好む。
序盤では必ず飛行場を2つ作り、ビンディケーターによる空襲をかけてくる。
陸上戦闘では基本歩兵2種+マルチガンナーIFVによる攻撃を、
海上戦闘ではハイドロフォイル+エアクラフトキャリアーなど航空機と対空能力に秀でた兵器を好む。

「貴官と共に戦えてよかった。除隊したら戦記でも書こうかな・・・


ターニャ・アダムス


役職 コマンド(Commando)

伝説的な特殊工作員。
手にした2丁拳銃であらゆる敵を打ち倒し、連合軍を幾多の勝利に導いてきた。
大統領いわく「15通りの方法で敵を殺す」ことができるらしい。

連合軍のインターミッションで司令官にソヴィエト軍から入手した情報を伝えるほか、
直接戦闘に参加することもある。
ソヴィエト軍のミッションでは攻撃目標の一つとされ、戦死する。
日本軍のミッションではロサンゼルス攻略戦において司令官として登場する。

司令官としてはアテナキャノンやガーディアンタンクと歩兵の混成部隊を用いて
こちらに対し積極的に攻撃を仕掛けてくる。
またアポロファイターを使って積極的に制空権を確保しようとする傾向がある。

「ねぇ司令官、一杯付き合わない? ソーホーにいいパブがあるのよ」



ダグラス・ヒル

UPRISING
役職 司令官(Commander)
URでの連合陸軍司令官。
ウォーレンのパターンを受け継いでいる。
戦術においては戦車での攻めを好む。
演じたのはもとWWEレスラーのリック・フレアー。


リディア・ウィンターズ

UPRISING
役職 司令官(Commander)
URでの連合海軍司令官。
リゼットのパターンを受け継いでおり、
アテナキャノンなどの先進兵器を用いた攻めを好む。