※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★★★TV放映後のランカフォローとプッシュ★★★


☆アニメージュ(河森)
 ・フォールド腸菌に母体感染して生まれた事によってバジュラとコミュニケーションが取れる
  フロンティアではたった1人だけ行動原理が違う子なんです。
  周囲が彼女の本心を理解するのは、かなり難しかったと思います。
☆オフィシャルファイル2(河森)
 ・体内にフォールド細菌がいることによってバジュラの感覚に近く、人間と異なる思考の時が
  あるという設定なんです。
 *15話の病院でシェリルの歌を二人で歌う所が無ければ、20話までシェリルが歌うシーンは
   無かった。シェリルが強くて、負けないようにランカを持ち上げる事に一生懸命になりすぎて
   忘れていた。
☆マクロスF 2059:MEMORIES(河森)
 ・ランカとアルトの別れのシーンは、彼女にとって残酷でしたね。もしミシェルがバジュラに
  殺される前にランカがあい君のことを相談していれば、アルトもあれほどの反応をしなかった
  はずだし、ランカもあい君がバジュラだとは知りませんでした。アルトに別れを告げるときの
  ランカの悲痛な表情がポイントです。
☆オフィシャルファンブック
 ・(河森)シェリルの菌はランカと共鳴してシェリルが別個体であることを認識し、『自主的に』
   腹に降りた。ランカが操れるわけではない
 ・(菅野)歌は歌い手との一対一のラブレターのようなものであり、他の人には歌ってほしくなかった。
   それを踏まえて河森もWhat 'bout my star?@Formoの発注を一時戸惑ったものの、結局作成。
   しかし、あとから河森が射手座をランカに歌わせるのはどうかと菅野に聞いた際は
   「あ、ない。それはない」ときっぱり断った。
 ・(河森)ランカの『キラッ』は曲とは別に事前収録して、何度か収録した中から一番酷いのを選び、
   さらにエコーかけた。
   理由は、コンビニなどで何気なく聞いても耳に残る存在感にしたかった。
 ・(ライター) 『赤い紐が結ばれて赤い糸も結ばれた?』
  ランカがアルトの髪を結うシーンを見ようによってはランカに心を許した、赤い糸を結んだとも
  とれるわけだ。
  ガリア4で歌手としてシェリルを超えた感じのランカ(中略)恋の三角関係でも、ランカが初めて
   優位に立った瞬間かもしれない(その他)ランカのもじもじは、本当にトイレだったのか…
☆横浜ライブのパンフレット
 ・ランカは、恋に恋をしていたこと、自分が本当にアルトに"恋"をしていたことを自覚。
  最終的にはアルトが好きというスタートラインに立ちました。
☆雑誌インタビューおまけ
 ・11話のEDで使った猫日記は、はじめは予定していなかったんですが、ランカが一人置いて
  行かれた気分がイマイチ出し切れていない感じがして、編集のときに差し替えたんです。

  • CDのブックレットではランカはグレイスにマインドコントロールされてたという扱いになり
 蒼のエーテルは、大戦終了後にシングルとして発表されている。
  • 小説では囚われの身となって悪党に利用された歌姫という扱いになっている。

※TV放映前~終了まで早乙女アルトが主人公と紹介されていたのに放映終了後から
 ランカ役の中の人の紹介・記事ではランカ・リーが主人公と紹介されている
  • 「ランカ・リーという主人公が作品中で成長していきますが~」
ttp://kirin-syokudou.com/act/maou-taidan.html
  • 「マクロスF」の主人公ランカ・リー役で~」
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/04/news093.html