※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆「アニメージュ8月号」吉野インタビュー
原文そのまま、『 』はインタビュアー、何もないのは吉野氏です。

21「蒼のエーテル」

ラストで、ランカがフロンティアを去りますが、あのときのランカは、アルトをちょっと
試しているんですよね。
自分の思いをアルトが理解してくれるなら、アルトと一緒に行きたかった。
だけど、あい君を見た時のアルトの反応は敵意剥き出しで――まぁミシェルのことも
ありますから――それで、アルトとは行けないと思った時に、ブレラが出てきてしまう
という。
『「蒼のエーテル」がとても印象的に使われました。』
この回の中島愛さんは、難しい芝居を見事に演じきってくれました。
実は本当に入れられるか分からないままデカルチャーエディションの予告に書いた
「さよなら、大好きでした」というセリフが、綺麗に決まってホッとした回でもあります。

22話「ノーザン・クロス」

『アルトのシェリルに対する本格的な告白があった話数ですよね。』
SMSのみんなにキャシーが召集のメールを一斉送信しているんですけど、アルトは
タッチの差でそれを読めずに、シェリルとの告白めいた会話を始めます。
順序が変わってたら、また違う展開だったでしょうね。ちなみにシェリルに対して
「そばに『いてやる』」というアルトに対しては、「お前何様だよ!」という自分で
ツッコミを入れながら書いていました(笑)。

23「トゥルー・ビギン」

一緒に料理作ったりして、ラブラブしているシェリルさんとアルト君。酔った(?)
シェリルの、わがままな感じがかわいかったですね。 アルトに「ん、んっ!」っと
手を差し出すシーンは、最初「抱っこ……」というセリフを書いていたんですけど、
恥ずかしすぎると却下されました。
『ラストシーンの「俺はランカを殺す」というセリフは強烈でしたね。』
そして「それがお前の愛か」とクランが返しますが、このときの「愛」は、単なる恋愛を
超えたところでのものだと個人的には思っています。

24「ラスト・フロンティア」

いよいよバジュラの母星にたどり着いて、クライマックスの始まりですが、個人的には
艦長とモニカのシーンが書けたのが嬉しかったです。うらやましいですよね。
あの年になって、若い女の子に慕われるのって。
『巨大なランカの登場には驚きました。』
「トライアングラー」のOPで、ランカが大きく映されるシーンがありますよね。
河森さんが「あれをやろう。中にバトル・ギャラクシーが入っていたら面白いよ」と(笑)。

25「アナタノオト」

「こんなの本当に映像に出来るのか?」と思いつつ、シナリオを書いてたんですが、
想像以上の素晴らしい上がりでビックリしました。河森さんやスタッフのがんばりに
ただただ脱帽です。ラストがああいう雰囲気になったのは、なんとなく、アルトたちは
「三人で」――永遠のトライアングラーで居る方が自然のような気がしたからです。
とはいえ、あれで二人のもとに堂々と降りていけるアルトは男前ですよね。
私だったら怖くてそのまま飛び去っちゃうと思います(笑)。