ペレットの適正な量


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 年齢によりペレットの適量の目安は変わります。
 生後3、4ヶ月まではペレット主体で構いません。成長期の過度な牧草主義は栄養障害の原因にもなります。
 それ以降は牧草主体でペレットは補助的に与えるのが理想的です。
 牧草主体の食事は臼歯不正咬合と消化器系疾患の効果的な予防となりますので是非牧草主食を心がけてください。

ペレットの適量

※1日に2回以上に分けて与えて下さい

 4ヶ月頃まで、食べ放題。牧草を与えすぎてペレットの摂取量が減らないように気をつけてください。
 6ヶ月頃まで、体重の2.5%が1日の目安です。徐々に減らして牧草を食べ放題にしましょう。
 6ヶ月以降、体重の1.5%が1日の目安です。牧草でお腹が一杯になるように牧草食べ放題にしましょう。
 高齢になったら、体重の0.5~1%くらいに減らしてください。若いときと同じような牧草量になるように調節が必要です。

 成長期、維持期、妊娠授乳期など、時期によって栄養の要求は異なりますが、ペレットの種類を変更する必要はありません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。