Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「はんぺんの様な喉越しだった…」


INコンビニ

松岡「ええと、うーん、やっぱりコンビには高いなぁ……。」
戸田「松岡兄さん、おでん買って行かないか?牛筋が食べたいんだ。」
松岡「そうだなぁ……。父さんのお風呂にするのもいいし……。」
野沢「兄さん!これ!これ買っていい?!」
松岡「でかプリンは高いから駄目だよ。」
野沢「がっくり……。」
松岡「高山はなにかいるのかい?……高山?」
戸田「あいつなら立ち読みしてるよ。」
松岡「立ち読みしだすと止まらないからなぁ……。」




高山「ってだからって置いてかなくてもいいじゃないか!
   ある意味地獄流しよりひどいよ!」

松岡「というわけで、父さん、おでん風呂です。」
目玉「おでん風呂……しかしこれではおでんが食べられないんじゃないか?」
松岡「あ、安心してください。おでんと飲む分の汁はこっちにおいてありますから。」
目玉「ふむ……おでん風呂というのも初めてじゃわい。」
高山「ぜーッ、ぜーっ。」
戸田「あ、おかえりー。」
高山「お、置いてくるなんて、ひどいじゃ。」
戸田「立ち読みに集中している方が悪いよ。ほら、おでん。」
高山「あ、ありがとう。ごくごくごくっ。」
松岡「あ!!!高山!!そっちには父さんが!!」
高山「ええ?!」

 ごっくん

悪戯か、それとも悪戯か


野沢「やあ猫ちゃん、何を作っているの?」
猫娘「あら鬼太郎さん。実はね、五期ネコちゃんのお願いでかぼちゃ提灯を作っているの。」
野沢「かぼちゃ提灯?」
猫娘「そう。このでっかいかぼちゃのここんとこを目と口の形にくりぬいて、中身を出すの。」
野沢「ふーん。でもこのくりぬいたの、もったいないねぇ。」
猫娘「私もそう思っているのよねぇ……。」

戸田「わーい!猫娘さんがかぼちゃパイ作ってくれたよー!」
高山「へーえ、季節柄、ちょうどいいですね。」
松岡「じゃあ早速食べてみようか。」
野沢「はい、包丁包丁!」

松岡「では、いただきまーす。」
ぱく



うぱーーーーーーー!!!!

お前がドリルだ地を穿て


(補足:『鬼太郎一族揃い踏み』で高山は、ほしのや松本に要らぬ世話を焼かれまくった。)

高山「一応僕にも必殺技があるんですよ、一反木綿!」
五期木綿「いくばーい、そーれ!」
高山「トルネードキーック!!!」
  バキッ
松岡「うーん、それは単独じゃないしなぁ。」
戸田「っていうか一反木綿の尻尾がきゅるるんと巻いているからできる技だろ?
   一反木綿がいなきゃできないじゃん.]
野沢「わかった!兄さんが回転すればいいんだよ!ほら、こうやって!」
 ぎゅるるるっるるるん
戸田「おーい、野沢ー。」
五期木綿「あららだいぶ深く掘っちゃって……。」
松岡「無茶するから……。」
高山「おーい野沢ー。」

こうして新たな穴が誕生したのである

想ひ出とは、縋るものでは無く愛でるものだと教わった


戸田「現役はネタがポンポン投下されていいなあ。
   ぼくだってあの頃は一世を風靡したヒーローだったんだぜ?」
野沢「…そういえば、松兄もある意味じゃ現役だよね。」
戸田「ん?どういうことだ?」
野沢「“鬼太郎の幽霊電車”さ。」
戸田「ああ、いまだに上映されることがあるよな。あれ。
   飛び出すアニメだっけ。
   しかし松兄の幽霊電車ってバラエティに富んでるなあ…。
   そうだ!いいこと思いついたぞ!」
野沢「?」



松岡「え?過去に戻ってみたい?」
戸田「ああ!松兄の幽霊電車ならできるだろ?」
松岡「う~ん。でもあれは…」
戸田「一度でいいから八十年代の人気絶頂だったあの頃に
   戻ってみたいんだよ。きっとネタの宝庫だよ!」
野沢「だったらぼくも六十年代にもどってみたいなあ!」
松岡「…わかったよ。…けど、とても怖い目にあうよ…?」
戸田「そんなの平気さ!」
野沢「ぼくたちはゲゲゲの鬼太郎だもの!」
松岡「いいんだね?本当に…」



高山「あれ?戸田と野沢、どこにいってたのさ。」
戸田「高兄…」
高山「…?」
戸田「ぼくはもう、過去の栄光に囚われるのはやめにするよ。」
野沢「うん…。人間も妖怪も、
   今を一生懸命に生きなけりゃならないんだ…」
戸田「高兄も桃屋とかいろいろ大変だけど、頑張ってな。」

高山(な、なにがあったんだ、この二人…)

実力派だよ!のざ太くん


妖怪テレビ「どこでもドアー!」
野沢「戸田兄ー!ドラえもんごっこやらない?」
戸田「どうせ僕達ヒマだしな、良いよ」

野沢「トダえもーん!」
戸田「何だい、のざ太くん。またいじめられたのかい?」
野沢「うん、だから地獄流ししちゃった。それより何か道具出してー」

戸田「ちょっと待て、それじゃトダえもんのいる意味ないじゃないか」
野沢「そう?」

次回
トダえもん~のざ太の妖怪小戦争(リトルモンスターウォーズ)~
に続きます。多分嘘です。

What is and What should never beって言うじゃない


戸田「う、うう……!」
松岡「戸田、しっかりしろ、戸田!」
野沢「ふぁ~、どうしたの兄さん?」
戸田「は!!あー、夢か。」
松岡「枕返しにでも襲われてたのか?随分うなされてたけれど……。」
戸田「実はさ、新しい弟が出来るって夢を見て。」
野沢「なんだよ、それ喜ばしいことじゃないか。」
戸田「そいつちゃんちゃんこ・マークⅡとかリモコンゲタ・マークⅡをつけたフルアーマーだったんだ。
   父さんもバルカンポットをつけてメカメカしくなっちゃってて、
   砂かけばばあと子泣き爺もリック・砂かけ婆とかハイ・子泣き爺とか、バタ臭くてメカ臭くなって、
   ネズミ男はクワトロ・ビビビなんて偽名つかってるんだよ。バレバレなのに。
   んで妖怪ティターンズって奴らに対抗する組織ゲゲーゲの中心人物になってって……。」
松岡「わけわかんないけど、確かに悪夢だな、そりゃ。ほら水。」
戸田「うん、ありがとう。最後にそいつ、ガリバルディ・一反木綿って奴の背中にのって、妖怪ティターンズと戦いにいったよ。」
松岡「全部どっかで聞いた事のある名前……って野沢!父さんにバルカンをつけようとするんじゃない!」

839 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/30(火) 11:56:20 ID:???0
これは昔とある雑誌で実際にあったネタ記事を元にしたものです。
画像うpしたいけどやり方がわからん

フィギュア>>>ケース(鍋敷き的な意味で)>越え(ry >本編


松岡「映画版鬼太郎のDVDをいただきましたよ。」
戸田「あっ、父さんのフィギュアがついてる!」
野沢「僕にも父さんのフィギュア見せて!わあ、かっこいいなあ!」
目玉親父「何だか照れるのう。」
高山「でもちょっとお腹出てますね。一生懸命ダイエットしてるのに。」
目玉親父「サービスでスマートな姿に作って欲しかったわい。」
兄弟「あはははは。」
ウエンツ「フィギュアばかりじゃ無くてDVDも見て下さい…。」
高山「父さんのフィギュアについて一週間は語り合うので、その後で見ます。」
ウエンツ「どんだけ親父さん好きなのよ!」

あの世の下見


戸田「野沢ー、野沢ー、ごはんだぞー。」
野沢「あ、トニー。」
戸田「だからその名前はやめろって……って、なに抱えてんだお前!」
野沢「え、死体。」
戸田「どこにおいてあったんだよ!」
野沢「あそこの木にぶら下がっていたのを下してきたの。あ、これ、遺書だから。」
戸田「全く、最近はこういうのが多くて困るよ。何々……リストラされて家族に会わせる顔がない?
   今月で二人目だぞ。記録更新だよ。」
野沢「まあ待ってよ。この人、まだ息があるみたいだから、助かるよ。」
戸田「いくらリストラされたからって、命があればやり直しできるんだから。
   粗末にするんじゃないよ。」
野沢「人間、一回絶望すると這い上がるのが苦しく感じるからねぇ。
   よし、発破をかけてみるか。トニー、手伝ってよ。」
戸田「手伝うからその呼び方はやめろって!」



リストラ男「うわぁぁぁあぁぁl!!」
がばっ
野沢「どうでした、地獄は。」
リストラ男「はぁ、はぁ、はぁっ……!!あ、あんたは……?!
      ハッ!い、生きてる!!」
戸田「さっきの地獄はお試し版で途中で僕たちが戻した。」
リストラ男「も、戻した……?」
野沢「どうだ?自殺したらあんな地獄を味わうことになるんだぞ?」
リストラ男「い、いやだ……!!」
戸田「だったらもう二度と自殺なんて考えない事だな。
   仕事を一回失ったくらいで絶望するんじゃないぞ。」
リストラ男「は、はいぃぃ!!」
野沢「さあ、早く娑婆に戻ってください。働くだけが人生じゃないんだし。」
………………………………………
戸田「っていうことがありました。」
目玉「ふむ、最近の人間の周りには絶望する事が多すぎるのう。じゃからといって安易に自殺に走ることはない。」
高山「ところでその自殺しようとした人にはどんな地獄を見せたんだい?」
野沢「それは秘密。うーふふふ。」

「何にでもケチャップをかけるのは君、悪い癖だよ。」


松岡「さぁ、今日の朝ごはんの目玉焼きだよ~。」
戸田「わーい。」
野沢「あれ?蛙とかイモリの目玉じゃなくて?」
高山「豪勢ですね。」
戸田「ところで野沢、ソースとってくれないか?」
野沢「え?」
戸田「えって、どういうことだよ。目玉焼きにはソースだろ?」
野沢「なに言ってんだよ。目玉焼きには醤油だろ。」
戸田「ソースだって、松岡兄は?」
松岡「僕は醤油だけど。」
野沢「ほらね。」
戸田「じゃあ高山兄は?」
高山「僕はどっちでも……。」
戸田「どっちでもじゃないよ。それじゃ僕が負けちゃうじゃないか。」
高山「負けるって……大げさな。」
戸田「どっち?!」
高山「ええと……。」
ウエンツ・ほしの・松本「おはようございまーす。」
戸田「ああ!ちょうどいいとこに来た!三人とも、目玉焼きには何をかける?」
ほしの「僕はソースだね。」
松本「僕は醤油。」
ウエンツ「ケチャップでしょ。」
全員「………………。」
ウエンツ「え?どうしたの?」
戸田「お前、もうちょっと空気読めよな。ソースか醤油か言ってるのに、ケチャップはないだろ……。」
ウエンツ「え、なに?自分の好みを言っただけでなぜに白けるの空気?!」

ウエンツ「ということがあったんです。」
目玉「それで得意の砂男走りで走って外へ出て、戻ってきたら誰もいなかった、と。
   わしが朝のマラソンにいっとる間にそんな事があったとはのう……。」
ウエンツ「なにをかけるって聞かれて素直に答えたのに空気よめって、ひどくないですか?」
目玉「前段の会話がわからんからわしにも判断しかねる。
   とにかく息子たちを探しに行こうじゃないか。」
ウエンツ「あ、はい。」
目玉「よっこら正月は鏡餅っと。……やはりウエンツの頭はふかふかしてこしょばっこいのう。」
ウエンツ「すいません。」
目玉「謝らんでもよい。おや、これは……?」
ウエンツ「あ、それは僕が大事にしている父さんの。」
ぽいっ
ウエンツ「ああー!!!父さーん!!いや、こっちも父さんだ!!ええっと、張りぼての父さーん!!」
目玉「慌て取らんで、早く外に出とくれ。」

新スレに引越しです


目玉「おお、新スレじゃ!」
松岡「スレ立て乙です、まとめの中の人もありがとう。」
戸田「急に容量一杯になったから驚いたよな。」
野沢「僕なんか一杯になってるの気付いてなかったもんね。」
松本「何はともあれ、無事に引っ越せてよかったよ!」
ほしの「あれ?なんか人数足りなくないですか?」
高山「あ、前スレにウエンツさん置いて来ちゃった。」

触れるな危険!黒歴史


戸田「よしっ、準備完了だ。さーて、まずは…」
松岡「ラジカセなんか抱えて何処に行くんだい。」
戸田「ウン、この前松岡兄の登場テーマをつぼマンボに差し替えたら予想以上に愉快だったから
   今度は高山兄と野沢にも同じ悪戯してやろうと思ってさーあああって松岡兄!!
   何処から現れたんだよ!急に背後に立つから思わずベラベラ喋っちゃったじゃないか!!」
松岡「ふーん。それでラジカセをね。」
戸田「あーあ、没収されて計画倒れか…」
松岡「…高山なら、横丁の方で見かけたけど。」
戸田「ええ!?まさかのゴーサイン!?」

横丁

戸田「どれどれ、あっ居たぞ!5ネコちゃんの話を右から左に聞き流しながら饅頭食ってるぞ。
   よーし、見てろ。ポチッと、それ。」
砂かけ「おお、鬼太郎にネコ娘。ちょうど良い所におった、実は後で妖怪アパートでな…」

 恋ーはスリル、ショック、サースペンス
 見えーないちから 頼ーりにー

高山「おフッ!」
5ネコ「ニ゛ャッ!?」
高山「ま、饅頭が気管に」
子泣き「おっ?この歌は…」
砂かけ「おお、この歌は!」

 心の扉 閉ざさーずにー
 強くーー強くーー

子泣き「パラパラじゃ~!パラッパラ!」
砂かけ「パラッパラ!パラッパラ!」
かわうそ「パラッパラ!パラッパラ!」
呼子「無表情で!パラッパラ!」

高山「し、周囲から怒涛のパラパラコールが!!!」

戸田「なんだよ、モブに囲まれちゃって良く見えないぞ。踊ってんのかな?」
松岡「あ、青ざめた顔しながら地べたに這い蹲って群集の包囲から逃れて出て来た。」

高山「お、踊ってたまるかあ!ってお前の仕業か戸田ー!やめてくれよもう!」
戸田「ちェっ、ノリが悪いなあ…。どうせみんなが留守の時とかに家でひっそり練習してるんだろ、
   披露してやれば良いのにさあ。」
高山「してないよそんな事!想像で物を言うの止してくれよ!」
松岡「へえ、日夜練習してるんだ。僕も一度見たいなあ。」
高山「日夜!?してないって言ったじゃないですかー!ていうか兄さんも関ってるんですかこれ!」
戸田「まあ良いか、次のターゲットは野沢だ。」
松岡「野沢なら、家の裏庭で人面花に水を撒いてたよ。」

裏庭

戸田「ああ、いたいた。御日様に向かって水撒いて、虹作って遊んでるぞ。平和なやつだな。
   よし、第二段いくぞっ、ポチッと、えい。」

 Can you hear me 聞こえるかい
 このー胸の 熱い鼓動がー

高山「へえー、良い曲ですね。」
松岡「僕が選曲したんだよ。」
戸田「これは僕も懐かしい歌なんだ。」

 愛ーするためにBravely Fight!あきーらめないでデースティニー
 約ー束された場所が ここーろのユートーピアー

野沢「こらーっ!誰だっ、そこで悪戯してるのはーーーッ!!」

松岡「あれ、なんかすごい怒ってるね。」
戸田「どうしたんだ。」
高山「そりゃあ、こんな悪戯されたからじゃ…」

野沢「僕はエターナルファンタジーは認めないぞ!!」
高山「そっちなの!?ていうか懐古…」
野沢「あっ!お前の仕業かー!この桃山め!!」
高山「え、違っ」 バキョ

おうフッ どさ



戸田「高山兄の顔面に下駄を飛ばして鼻血噴かせた野沢が流されるのは妥当だとしてもさあ。
   なんで僕まで一緒に流されるのか、いまいち納得行かないなあ…。
   そもそも選曲したのは松岡兄だったのに、なんか理不尽だよなあーっ。」
野沢「CGの999なんて認めないぞ!」
戸田「それはもう良いから。」
千葉「えー地獄まで遥々やって参りました、じゃすら。」
戸田「それも。」

メザシの、いやイワシの頭の喩えで有名なプラシーボ効果


目玉「フンフフンフン♪」
野沢「あれ、父さん随分嬉しそうだねぇ。どうしたの?」
松岡「高山鬼太郎入浴剤、買ってきたの。それで嬉しくって小躍りしてるんだよ。」
野沢「高山鬼太郎入浴剤……て、あのうすっぺらい箱に入ってて、ぬらりひょんが書いてある奴?」
松岡「そうだよ。……まさか。」
野沢「ごめん!昨日うっかり使っちゃった!!」
松岡「なんだって?!」
野沢「待って!流さないで!その前に対策を考えなきゃ!」


目玉「よっこら少年マガジン、と。」
高山「どうです?父さん。」
目玉「ふむ、いい湯じゃ。しかし期待していた通りに、黒いのう。」
高山「???ええ、そうですね……?」


松岡「どうだ、今のところ。」
野沢「なんとか騙せてるみたい。よかったよ、うちに墨汁があって。」
戸田「あれで騙される父さんも父さんだなぁ……。」