Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


キメゼリフ編


戸田「新スレ記念にみんなでキメゼリフ復唱しないか?」
野沢「いいねぇ、個性が浮き彫りにされる感じ!」
高山「なんかやな予感…」
松岡「え~コホン。じゃあ行くよ~せーの」



松岡「マジカルシュート!」
戸田「アンパーンチ!」
野沢「か~め~は~め~はー!」
高山「犯人はおま…じゃなくてえーっと、真実はいつも1つ!」
目玉「こりゃみんなキメゼリフ間違うとるぞ!」





松本「ポケモン、ゲットだぜ~…」(小声で)

真・キメゼリフ編


松岡「君の後ろに黒い影!」
戸田「扉の向こうで何かが起こる!」
野沢「いいなー。僕無いんだよなー。高兄は?」
高山「厳密に言うと僕も無いよ…」



目玉「次の妖怪はこいつじゃ!」



松岡・戸田・野沢「(5期の決め台詞担当は父さんだったのか…)」

借り物競争編


野沢 【リボン】「猫ちゃん!僕にそのリボン貸しておくれよ!」
猫娘      「もちろんよ!鬼太郎さん がんばってぇ!」
野沢      「よ~っし!これで一着だ!」ドドドドッ



戸田 【パンツ】「//////(真っ赤)ネコ娘っ!!」
ネコ娘     「何?何がいるの?」
戸田      「その、なんていうかアレだ!その・・」
ネコ娘     「なによ、早く言いなさいよ。負けちゃうじゃない!」
戸田      「ええ~い!!もういいや!(ぐいっと腕を掴んで)
         中身も一緒でっ!! 走れっ」
ネコ娘     「えええええ?!なになになに?」ダダダダッ



松岡 【可愛い子】「ねこ娘。(手を差し出してにっこり)」
ねこ娘      「なぁ~に?(手を引かれるがまま)」
松岡       「いこう。(にっこり)」
ねこ娘      「?」タッタッタッ



高山 【可愛い子】
ネコ娘      『きゃ~!鬼太郎がこっちにくるっ!』
高山       「ネコ娘。」
ネコ娘      『きゃあ!////(真っ赤)鬼太郎があたしを?!』
高山       「あ、やっぱいいや。カワウソ、一緒に来て?」ソソクサット



ネコ娘      「に゛ゃっ?!」
カワウソ     「なんか、コワイよ?後ろ・・・」

旅行シーズン編


秋は旅行(・∀・)シーズン!

野沢「ねぇ猫ちゃん」
二猫「なぁに?」
野沢「秋だし遠足にでも行かない?」
二猫「あら、それは素敵ね」
野沢「じゃあ頑張ってあっちの山まで行こうよ」
二猫「それなら私がお弁当作ってあげるわ」
野沢「本当!?わーい!」



三ネコ「さっきから何見てんの?」
戸田「うわ!」
三ネコ「?それ遊園地のチケットじゃない」
戸田「いや…その」
三ネコ「あー夢子ちゃんと行くんでしょ」
戸田「違う、ネコ娘とに決まってるじゃないか!」
三ネコ「ホント?嬉しぃー!(真っ赤)」
戸田「…ははは(もっと真っ赤)」



松岡「秋だね」
四ねこ「…うん」
松岡「紅葉とか綺麗だろうなぁ」
四ねこ「…うん」
松岡「そうだ、京都、行こう(BGM付き)」
四ねこ「…うん!」
注)もちろん親父さんも一緒です



五ネコ「鬼太郎ー!これ見て!」
高山「旅行会社のチラシ?」
五ネコ「そー、一緒に行かない?」
高山「良いね…父さんや横丁の皆も誘おう」
五ネコ「にゃっ!?(もー!二人っきりで行きたかったのにぃ!)」

中の人編


野沢「僕、雅子」
戸田「僕、恵子」
松岡「僕、洋子」
高山「僕、みなみ…」

野沢「一人おしゃれだなあ」
戸田「と、いうより浮いてるよ」
松岡「現代っ子だねえ」
高山「僕のせいじゃないですよ…」

必殺技編


ぬらりひょうん「ふふふ・・・兄弟全員倒してくれるわ!」
朱の盆「がんばれ~ぬらりひょん様~」

兄弟一同「よ~し、必殺技で返り討ちだ!」

野沢「指鉄砲!」
ぬらりひょん「ぐわ~!」

戸田「オカリナサーベル」
ぬらりひょん「ぎゃあー!」

松岡「鉄パイプ!」
朱の盆「でぎゃ~!」

高山「体内電気!」

野沢「・・・」
戸田「・・・」
松岡「・・・」
ぬらりひょん「・・・」
朱の盆「・・・」

高山「え・・・?あれ・・・?」

野沢。oO(必殺技だったのか・・・)
戸田。oO(使用回数多いからな・・・)
松岡。oO(通常技だと思ってた・・・)
ぬらりひょん。oO(肩こりにちょうどいいな・・・)
朱の盆。oO(なぜ松岡さんだけおいらを・・・!)

スレ立て・冬季編


兄弟が2ちゃんねるでスレを立てた様です

野沢
ココアはやっぱり森永の人→(197)

戸田
冬だしマラソン大会出ようぜ(105)

高山
【セロトニン】冬はやる気が出ない件【分泌不足】(394)

松岡
冬の季節におすすめの本3(228)


高山「みんな冬はやる気出ないそうだ」
戸田「お前は万年やる気無しじゃないか」
松岡「それは面白そうですね…っと、送信」
野沢「冬におすすめの本って何があるの?」
松岡「あつい本」
野沢「へぇー」
戸田「何だよその大喜利」

西洋の祭典編


松岡「面白い本と新しい鉄パイプ」
高山「補助輪」
戸田「日リーズブーとキャンプ」
野沢「キャラメル十箱」



ぬりかべ「どうだ、クリスマスプレゼントの希望は。」
目玉「わしの教育の仕方がまちがっとったんじゃろうかのう……。」

満場一致編


86 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/13(火) 21:58:40 ID:???0
季節ネタではないが、エイプリルフールとか家の中どうなるんだろうなw

野沢「戦場だよ」
戸田「戦場だぜ」
高山「戦場です」
松岡「戦場かな」

あたしがおごるよ編


ね「きたろー、バイト代入ったから二人で何か食べに行こ!あたしがおごるよ♪」
野「え、いいの?ありがとう!どこいこっかな~」

ね「きたろー、バイト代入ったから二人で何か食べに行こ!あたしがおごるよ♪」
戸「よし、マック行こう!」

ね「きたろー、バイト代入ったから二人で何か食べに行こ!あたしがおごるよ♪」
松「ありがとう。僕はそばを食べたい気分だけど、ねこ娘は?」

ね「きたろー、バイト代入ったから二人で何か食べに行こ!あたしがおごるよ♪」
高「モスバーガーのポテトLセット持ち帰りでお願い。あ、ドリンクはアイス烏龍茶で。」

戦地へ赴く男寄り添い戦う女編


218 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/25(日) 20:39:11 ID:???0
そういえば、松岡って囮作戦にねこ娘使わないよな。
野沢は猫娘の自主参加っぽいし(アンコールワット他)
高山は結果的にだけど、戸田の使いっぷりは酷すぎる。

松岡「ねこ娘にそんな危険な事させられないよ、そんな事は僕がする。第一、戦う前に話し合わないと」
野沢「こんな危ない事させてごめんね、猫ちゃん。でも君じゃないと出来ないから助かるよ、ありがとう」
高山「ここで僕が待機してるから。猫娘、君はここまで相手をおびき寄せてくれ。それ以上は何もしなくていい」
戸田「君を囮にして相手がやってきたら、そこで僕が相手を叩く。だから相手をギリギリまで引き留めてくれ」

オススメの本編


Q.オススメの本を教えて下さい。

松岡「(読書的な意味で)京極さんの本です」
高山「(妖怪研究的な意味で)京極さんの本です」
戸田「(武器的な意味で)京極さんの本です」
野沢「(枕的な意味で)京極さんの本です」

松岡「もしかして皆一緒?」
高山「あれ、奇遇ですね」
戸田「やっぱ兄弟なんだな俺達」
野沢「同じ鬼太郎だもん」
兄弟「あはははは!」

目玉「『近うて遠きもの、はらから』…じゃな」 (ほしの編

テレビ番組編


好きなテレビ番組は?

野沢「ゲキレンジャーや仮面ライダー電王だね」
戸田「めちゃイケやはねとびだな」
高山「名探偵コナンやヘキサゴンですかね」
松岡「ガイアの夜明けやカノッサの屈辱ですね」

特撮ごっこ編


目玉「なんじゃ、外が騒がしいのう。」
高山「戸田と野沢が特撮ごっこをやってるんですよ。」
松岡「特撮ごっこってなんだろうね。ジェットマンごっことかかな。」
高山「えー、ははは…古いな兄さんは…ゲキレンジャーごっことかでしょう。」
目玉「のんびり昼寝も出来んわい。」
高山「静かにするように言ってきましょうか。」

高山「おーい、ちょっとボリューム下げて…」
野沢「くらえ!Xキックー!」
戸田「なんのー!ギャバンバリヤー」



高山「前言撤回します、兄さんは古くなんかないです…」
松岡「そう?」
高山「ええ、僕が間違ってました…」
目玉「宇宙~刑事~。」

猫鍋編


目玉「近頃の人間界では、猫鍋、というのがはやっとるらしいのう。」


野沢→「猫ちゃんちの晩御飯はお鍋なんだ!」と勘違い
戸田→「ネコ娘を鍋にするって?!どこの妖怪の企みだ?!」と勘違い
松岡→「今日の夕飯は鍋にしよう。」と夕飯を決める
高山→「ネコ娘の今度のバイトは猫の着ぐるみを着て鍋販売か。」と勝手に考える

エロメディア編


歴代ネズミ男による、えっちな物の変遷

大塚「キャッ、エログロ雑誌!」
富山「キャッ、ビニ本!」
千葉「ウォッ、エロ漫画!」
高木「ウワッ、エロ動画!」

コンビニ概念編


野沢「寒くなって食べ物も減ってきたなあ」
高山「コンビニで何か買ってきましょうか」
戸田「こんびにって何だ?」
松岡「スーパーより遅くまでやってる便利屋みたいなものだよ」
高山(「遅くまでやってる」って・・・・・・)

人間談議・簡潔に言うと編


Q.人間のことをどうお考えですか?

A.
野沢「人間?大好きだよ!とってもおいs……やさしいよね!」
戸田「人間?大好きさ!友達になると森に連れて来て遊ぶんだけど、みんなどこかに消えてしまうんだ
   いつも一緒に帰るのはずっと近くにいるユメコちゃんだけなんだよ」
松岡「人間?好きだよ。妖怪(ぼくら)に怯えるあの顔…!こたえられないものがあるね」
高山「………ノーコメントでお願いします」

そんな馬鹿な編


松岡:菅原文太
高山:梅宮辰夫
戸田:松方弘樹
松本:渡瀬恒彦

目玉:鶴田浩二

ウエンツ:ウエンツ

429 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 23:36:41 ID:???0
ウ工エエェ(;´д`)ェエエ工ンツ!?

キャスティングおかしいよ~!

430 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 23:46:03 ID:???O
まぁ間違っちゃいないけどなw

431 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/16(日) 00:11:32 ID:???0
>>427
ちょ、なぜにそこで松本w
野沢はどうしたw

巨大ロボごっこ編・蜜柑と言えば僕の上履きが編


戸田「よーしっ、寒いからってずっと家の中に居るのもつまんないし、たまにはみんなで外で遊ぼう。」
野沢「おっ、いいぞ。何して遊ぶんだい。」
戸田「うーん、そうだなあ…よしっ、巨大ロボごっこだ!」
高山「え~…巨大ロボごっこって?ガン○ムマイスターごっととか?」
松岡「エ○ァンゲリ○ンごっとこかかい。」
野沢「なに言ってるんだい、鉄○28号ごっこに決まってるよ。」
戸田「全部違うぞ!トラ○スフォーマーごっこだ!!」
松岡「じゃあ、敵のボス役はねずみ男にやってもらわないとね。」
高山「えっ、ねずみ男はチーターのやつでしょ?」
戸田「そっちじゃないよー!G1の方だよ!!もーっこれだから平成…」
野沢「戸田兄、流されちゃうの?遊ばないの?」
戸田「はっ…そうだった…危ないところだった、よくやったぞ野沢…」

戸田「じゃあ僕が配役を決めるからなっ。まずは当然、僕がコンボイ司令官で…」
野沢「僕は、僕はー?」
戸田「野沢はバンブルだな。」
野沢「流されイエローだけにかい。」
戸田「で、兄さん達が対するデストロン軍だよ。まず、松岡兄はサウンドウェーブ役。」
野沢「高兄は?」
戸田「高山兄は…そうだなあ…んんん…」
高山「思いつかないなら、僕は別に見てるだけでいいよ。」
戸田「あ!わかった!高山兄はジャガーな!」
野沢「高兄ジャガーか。」
松岡「いいんじゃない。」
高山「え、ジャガーって何…?それもロボット…?」
野沢「うん、見かけは結構カッコいいんだ…」
戸田「たまに回転ドアに挟まったりするけど…」
松岡「ピッタリじゃないか。」
高山「え…え~!?なんか元ネタがわからないからっていい様に言われてる気が…」
野沢「じゃあ配役も決まった事だし、まずは高兄が本棚の下敷きになるシーンから始めよう。」
高山「ほ…いやだよそんなの!!」

500 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/20(木) 21:57:06 ID:???0
>>499
戸田はクリフあたりが適任だろw

そういえばBWメタルスでジャガーを送り込んだ長老三人組の一人は五期木綿だったっけ…

五期木綿「千葉ねずみはね~花瓶割っちゃうかんね~。」
千葉ねずみ「おれ達は腐った蜜柑じゃない!!」

一人多いし編


松岡→藁の家を造る
高山→木の家を造る
戸田→レンガの家を造る
野沢→狼に密告する

503 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/21(金) 00:38:05 ID:???0
藁の家を吹き飛ばした段階でオオカミ流されそうだな…

書き初め編


松岡「じゃあそれぞれ好きな言葉でも書いてみようか。」
野沢「楽しい字がいいから、僕は『幸福』にする!」
松岡「いい字だね、じゃあ僕は平和な日々を送りたいから『平和』にしておこうかな。」
戸田「じゃ僕は『勝利』!どんな敵が出ても勝ってみせるよ!」
松岡「戸田らしくて力強い字だね。高山は?」
高山「じゃ『昼寝』で…。」
戸田「な、なんかもっとやる気ある字書けよ!新年の書き初めだぞ!」
高山「じゃあ『休む』。」
野沢「余計やる気無いじゃないか。」
戸田「もー!!『桃屋』でいいよ『桃屋』で!!」
野沢「『ニート生活』のがいいよ。」
松岡「『ヒモ生活』の方が高山を表してていいんじゃないかい?」
高山「ち、ちょっと!みんなして勝手に書かないでー!」 (裏四者四様・俳句編

枕草子編


春は、野沢
揚々楽しくはしゃぐ様は、明るく、ピースの紫煙たなびきたる

夏は、戸田
熱血はさらなり。ヒロインの一つ二つあり争うもおかし。地獄で母探すもおかし

秋は、松岡
夕日のさして家の端で読書したるに化け烏の飛びいそぐさへあはれなり。ましてねこ娘いと小さく見ゆるはいとおかし

冬は、高山
雪の降りたるは起きるにあらず。昼になりて、ぬるくゆるびもて行けどもやる気なし

給食を残す子編・ビジネスチャンス編


給食を残す子がいたら

野沢「もったいないなぁ~。僕が食べていい?」
戸田「食べろ。残さず食べるんだ!」
松岡「どんな調理法が好きなんだい?」
高山「好みは人それぞれ。無理に食べてもしょうがないさ。」

給食を残す子がいたら

野沢「じゃあ、僕が食べるよ!」
戸田「もったいないなぁ~…。食べた方が力が付くと思うけどな」
松岡「そう。無理する事はないさ」
高山「ご○ですよ、かけてみたらどう?」

健康ランド編


兄弟が健康ランドに来たようです

野沢:ゆず湯
戸田:しょうぶ湯
松岡:はっか湯
高山:電気風呂

140 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2008/02/12(火) 21:09:43 ID:???O
高山そこで充電してたんかw

殴ったね編


殴られたときの反応

・野沢
「イテテテテテ」とか言いながらコブを飛ばして反撃
・戸田
「何するんだ!」と言って
ものすごい勢いで殴り返してくる
・松岡
冷静に地獄流し
・高山
あっさりやられる

おかえりなさいませご主人様編


お店のおねいさん「おかえりなさいませ!ご主人様(はぁと)」

野「?????? 僕らお客様だけど」
戸「うわーっ綺麗な人達!今度は夢子ちゃんとネコ娘も一緒に来よう」
松「こんにちは、手紙を頂いて参りました ゲゲゲの鬼太郎です」
高「えええ~~!?(後じさり)」

ちょっと接客態度に疑問を持つ野沢鬼太郎さん
戸田鬼太郎さんは鼻の頭赤くしてそう。女性陣の敵意はネズミに向かいそうw
松岡鬼太郎さんはいらん事いって古椿を警戒させたり
高山鬼太郎さんはまあ、ドン引きしつつも赤面

番外
墓場「嗚呼…こんな女性達にもてはやされても僕の心は寝子さんに……」
偽鬼「そうか。じゃあ僕行ってくるぜ!ヨシ子さーん、一緒に写真を…」
墓場「あっこら待て!ヨシ子さんには僕が珈琲を頼むんだ!!」