Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


201~300】 | 【301~400

201~300

204・206-210 | 鬼太郎記念特別妖怪ラリー 第三レース
大塚「風光明媚な景色が広がっております第三レース会場。
   トップを走るのはフランス代表魔女。
   そのあとをバックベアード、狼男、松岡鬼太郎、水虎、フランケン、


214 | 必殺技編
ぬらりひょうん「ふふふ・・・兄弟全員倒してくれるわ!」
朱の盆「がんばれ~ぬらりひょん様~」


217・462 | のざわとまとめwiki
  スレまとめ人募集!

  やる気があるそこの貴方、やってみませんか?


219-221・223-225 | 鬼太郎記念特別妖怪ラリー 最終レース(前編)
大塚「蝙蝠飛び、虫達が歌う中、最終レースが行われようとしています。
   こんばんは大塚ねずみ男です。
   第四レースまでの各チームの成績は、


226 | 目に入った場合はぬるま湯で洗浄して下さい、ゲズンハイト
松岡「今日の朝食はご飯と『ごはんですよ』だよ」
兄弟「わーい!」
高山「やっぱりご飯と『ごはんですよ』は美味しいですね」


228 | 松本来訪
松岡 「おや、あそこに居るのはもしかして。」
松本 「やあ、皆お揃いで。久しぶりだね」
戸田 「ホントに久しぶりだあ。如何したんだよ、こんな処で。」


229-231 | 鬼太郎記念特別妖怪ラリー 最終レース(後編)
大塚「鬼太郎、蒼坊主を乗せたために大変に時間をロスしました。
   バックベアード依然一位を保ったまま、
   最後の関門、地獄の炎トンネルに突入します!」


232-233 | 鬼太郎記念特別妖怪ラリー 表彰式
大塚「毎回行われる妖怪ラリーでしたが、かつてこれほどの興奮に包まれた事があったでしょうか。
   鬼太郎チーム、表彰台に上がりました!」
閻魔「鬼太郎記念特別妖怪ラリー優勝、鬼太郎チーム、


240・242 | のざわと文明の利器
松岡「行きますよ、父さん。」
目玉「いつでも準備OKじゃぞ!」
松岡「じゃあ、始めます。そーれ。」


244 | 歴代OP
野沢「ゲッゲッ♪」
高山「ゲッゲゲのゲー♪」
松岡「朝は寝床でグーグーグー♪」


245 | のざわとお絵かき
野沢「ヒマだしお絵かきしようかなあ」
ガサゴソ(クレヨンと紙を探す音)
野沢「そうだ、父さんを描こう。丸が一つありました~♪」


248 | 君の後ろに黒い影
リンクのクリックで別窓が開き表示されます。


262 | のざわと人面花
戸田「何植えてんだ、野沢。」
野沢「人面花。かわいいでしょ。」


263・266 | 穴に詰まっているのは空気であると言うがそれを読むのが難しい
5ネコ「ねぇ鬼太郎。今度ミ○ドで新しいドーナツ発売されたの」
高山「ふーん」
5ネコ「折角だし食べてみない?」

ウェンツ「ちわーす!あれ、みんなドーナツ食ってる」
野沢「じゃあ半分こしよう」
ウェンツ「おっありがとう!」


267・269・273 | 恋心の容色々
5ネコ娘「ねこはいいわよね。松岡さんが優しくてさ」
ねこ娘「…普通だよ?」
5ネコ娘「何言ってるのよ。お姫様抱っこされたり」


283-284・286-287・289 | 歴鬼太でウミガメ 序
やあ、人間の皆さん。次男の高山です。

皆さん、『ウミガメのスープ』って御存知ですか?


294 | 父親の気持ち
目玉「みんなは、ごはんですよ、ごはんですよ、と言うが、
   実はわし、やわらぎメンマの方がすきなんじゃよ……。


295 | 加熱した物を少量で
松岡「じつは僕もごはんですよより、いかの塩辛の方が好きなんです」
目玉「さすが長男、渋い選択じゃな」
松岡「野沢なんかは辛すぎるって食べませんしね」


301~400

305-308 | 歴鬼太でウミガメ 問
松岡 「二人とも、一体何処まで聞き込みに行ったんだろうなあ。」
3ネコ 「それより、三人が中々目を覚まさないのが心配よ。本当に、一体誰がこんな事…」
松岡 「とりあえず、僕らで辺りを片付けようか。」


320-327 | 歴鬼太でウミガメ 解
CMです

高山 「矢ッ張り暖かい御飯にはごはんですよが一番ですね、父さん。」


328・331 | 歴鬼太でウミガメ 足
~大蛇足~

ウエンツ 「失礼します、ウエンツでおばっ!」


333 | ねずみ男のお墓参り
千葉「なに?オレの出番が少ないって?
   ファンには悪いんだけど、俺は仕事で忙しいんでね、じゃあな。」
三ネコ「何よあの態度!」


337 | のざわとこいのぼり
野沢「屋根よーりたーかーい……。」
松岡「季節はずれじゃないか。」
高山「季節はずれはおいておいて、こいのぼりなんてどこで手に入れたんだ?」


338 | のざわと闇のゲーム
松本「あれ野沢君、どうしたの?」
野沢「かくかくしかじか」
松本「なるほど、怒られて飛び出して来たって訳か」


339 | ねずみプロデュース「ズバリ言うよ!」
千葉「このばっか!」
高木「いたた……なにも殴るこたないだろ。」
千葉「これだから甘ちゃんは!いいか、あの甘えびだかあまがっぱだかわからねーけど、


343 | ねずみ男の調味料
戸田「大塚、この雑炊、なんか薄くないか?」
大塚「へいへいっと……ありゃー、塩がないわ。」
戸田「味噌も醤油もないのかい?」


354-355・361・375-376 | ねこデート?(前編)
5期ネコ「はぁ~・・・」
2期猫「どうしたの?ため息なんてついて?」
5ネコ「ちょっと聞いてよ、さっき鬼太郎の家に行ってね、バイト先で貰ったケーキをあげたら・・・」


356-357・359 | 妖怪誕生の巻
戸田「どうだ、気配はあるか?」
高山「……いや……。」
今日の妖怪退治組は、戸田と高山。依頼は兄弟のうち誰か一人が行う事が多いけれど、


366 | のざわとランキング
野沢「戸田兄はごはんですよのいっこ上だ。」
戸田「な、なんだってー!!」


378・381 | 「今思えば、あの一言が事の発端と云うか元凶であった。」
野沢 「戸田兄は歴代一ヒーロー然としている鬼太郎だとか、
     松兄は歴代一紳士的な鬼太郎だとか言われているけれど、
     十年後に高兄は何て言われているんだろうなあ。」

翌日 横丁

子泣き 「お~、桃屋の鬼太郎に親父殿~。」


389-395 | ねこデート?(後編)
4ねこ「それでね、子泣き爺がインターネットで・・・」

5ネコ「ねこったらあの話2回目じゃない。それにコーヒーもすっかり冷めちゃってるし、


396-397 | ねこデート?後日談+予告
目玉の親父「ただい・・・なんじゃ~その格好は?泥だらけじゃないか」
松岡「あ、父さんお帰りなさい」
高山「実はカクカクジカジカで」