Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


601~700】 | 【701~800

601~700

601・604-606・608・610-613 | ねがめ事件
猫娘「五期木綿さんは一番年下なのに老眼なのねぇ。」
五期木綿「老眼は十二を超えた頃から始まってるバイ。
     どら、眼鏡眼鏡……。」


603・605 | 相談ウエンツ
戸田 「おいこらーっ、何で野沢のカテゴリーばっかり伸びてるんだ!」
野沢 「えーっ、そんなの知るもんか。僕に言われたって御門違いってもんだよ。」
松岡 「こうしてまとめられてみると、結構差があるもんだね。」


624-625 | 奥の脇道 エピソードⅠ
高山「ごめんください」
ウエンツ「あっ、来た~、遅いよ高山君。三時間も遅刻だよ!
    ウエンツすっかりご機嫌斜めで、もう死のうかと思ったよ。」


630 | 恋路もサポート、兄弟っていいよね
ほしの「ネコ娘の作ってくれたご飯はやっぱり格別ですね」
ほしのネコ「本当?嬉しー」
ほしの「これを食べればどんな妖怪とだって戦えますよ」


633 | KYウエンツ
(パソコンを見ながら)
高山「まさか兄さんや戸田よりも先にウエンツさんの項目が出来るとは…
   しかもここでまさかの怪物王女ネタだ…」


645 | ほしの鬼太郎の憂鬱
戸田「やあほしの、浮かない顔してどうしたんだ?」
ほしの「僕の出番がなくなるかもしれないんです。一回切られたのに……完走、できるかな……。」
戸田「くよくよすんなよ。まだ話数が全然次の単行本分足りてないんだから、廃刊になっても次の雑誌にはでれるさ。」


647-649 | 五月闇をあつめて早し入らずの山
木綿「ほ~、御身さんが有名な実写鬼太郎なんかいね。」
ウエンツ「ええ~そうなんです、油性マジックでこの辺にサインしましょうか?」
木綿「いや、そげんな事されっと困るばい、いらんとよ」


676・680 | 目指せ時速45km(目測)
戸田「くそ!また失敗だ!」
松岡「どうしたんだい?さっきから行ったり来たりして。」
高山「この前、ウエンツが砂男走りをしたでしょ?あれをみて戸田に火がついちゃって……。」


682-686 | 妖怪王の楽しい木造建築
ぬらり「西洋に行っていて忘れていたが、建設中の妖怪城がもう完成している頃の筈…楽しみだ」

 『妖怪城建設予定地 入らんといて!』


691 | のざわとトミー
戸田「なぁ、野沢、そのトニーってのやめてくれないか。」
野沢「え、どうして?」
戸田「なんか響きが安っぽい英語の教科書みたいなんだよ。」


698-699・741 | 何と言う脅威、大打撃である…実に恐ろしきはサイバーテロ
ヤッター!ケータイ小説できたよー\(^o^)/

───ボクの名前はタカヤマ。心に傷を負ったユウレイ族。モテカワスリムで霊媒体質の愛されボーイ♪


701~800

705 | RA、所謂リスクアセスメント
松岡 「高山、ちょっと良いかな。」
高山 「はい、なんですか?」


709 | のざわととんがりコーン
戸田「野沢も小悪党ってか小悪童な所があるんだ」
朱の盆「そーなんですかー?」
戸田「例えばこの前…」


710 | ツボはツボでも読み書きの
松岡「ウエンツがちょうのようにまうー。」

松岡「ウエンツが、ちょうのようにまうー。」


715 | ツボはツボでも発音の
松岡「象、って言ってごらん」
野沢「ぞう!」
松岡「じゃあインド象、って言ってごらん」


717-726 | 三つ猫の争い?
デート?翌々日

5ネコ「さて、松岡さんに狙いを付けたのはいいけど、まずはねことどのくらいの関係なのか知らなきゃね


730 | のざわとささやかなお願い
野沢「ねぇ松兄、お願いがあるんだけど」
松岡「なんだい、野沢」
野沢「僕さ、松兄とかみたいに弟妹から『兄さん』って呼ばれるの夢なんだよね」


734-735 | 地獄戦隊ナガサレンジャー第一話「さよならナガサレブルー」
戸田 「迸る闘志、滾る情熱のナガサレレッド!」
高山 「低い実力と低いテンション、ナガサレブルー…ってえええ!これ書いたの誰だよー!」
野沢 「通称を『二足歩行するビックリ箱』、ナガサレイエロー!」


749 | 地獄戦隊ナガサレンジャー第二話「レッドとイエロー、ナガサレダブルカ…
高山「ああ、朝っぱらからウエンツさんのモサモサした家に呼び出されて実写DVDの販売促進が
   どうだとか興味無い話を延々と聞かされてしまった挙句、横丁ではなんか皆ケータイ小説が
   なんとかって僕をからかうし、散々だ…さっさと帰ってもう寝よう…。ただいまー。」


765・767 | 地獄戦隊ナガサレンジャー第三話「暗躍!モモヤブラック」
戸田 「迸る闘志、滾る情熱のナガサレレッド!」
野沢 「通称を『二足歩行するビックリ箱』、ナガサレイエロー!」
ウエンツ 「逃げ足の速さでは向かうところ敵無し、モモヤブラック!」


766 | 歴代悪魔くん来訪
山田「鬼太郎さんたちみたいに、僕達もリメイクされたいなぁ。」
埋れ木「そうだね、そろそろ僕達も夢を実現させないと。」
松下「そうだな、そろそろ働く奴を増員させたい。」


767・774 | 謎々ウエンツ
ウエンツ 「高山君!ナゾナゾしよう、ナゾナゾ!」
高山 「え~…またにしてもらえません?」
ウエンツ 「じゃあ出すよ!『Hになればなる程、硬くなる物なーんだ?』!」

ウエンツ 「高山君、もう一回ナゾナゾしよう、リベンジリベンジ!」
高山 「え~…もう誰か他の人とやって下さいよ…」
ウエンツ 「じゃあ出すよ!『頭は"Head"、脚は"Leg"、では「あそこ」は?』!」


770・772 | 「はんぺんの様な喉越しだった…」
INコンビニ

松岡「ええと、うーん、やっぱりコンビには高いなぁ……。」


776・780 | 謎々ウエンツ(part2)
ウエンツ「じゃあ松岡君ナゾナゾ出すよナゾナゾ!「いっぱい」の「い」を「お」に換えると何?」

ウエンツ「高山君、高山君!」
高山「またですか~…もうイヤですよウエンツさんのナゾナゾに付き合うのは…」
ウエンツ「これで最後だから!『すっぱい』の『す』を『お』に言い換えると何!?」


782 | 翻弄ウエンツ
ウエンツ「ちくしょー、こうなったらもう、松岡君!手強いナゾナゾでも出してよ!
     僕絶対答えてかっこよく決めて見せるから!!」
松岡「いきなり何怒ってるんだい?僕は遠慮しとくよ」


789 | のざわと引っ掛け
野沢(たまにはウエンツを引っ掛けてみるか)
  「ねえ、ウエンツ、ピザって十回言ってみて。」
ウエンツ「え?ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ。」


791 | 謎々ウエンツ(part3)
ウエンツ 「高山君、高山君!」
高山 「もー、またですかー!この前これで最後にするって言いましたよ?」
ウエンツ 「これでホントのホントに最後だから!あ、松岡さんと5ネコちゃんもこんにちは。」


792 | 悪戯か、それとも悪戯か
野沢「やあ猫ちゃん、何を作っているの?」
猫娘「あら鬼太郎さん。実はね、五期ネコちゃんのお願いでかぼちゃ提灯を作っているの。」
野沢「かぼちゃ提灯?」


794 | レス抽出(07/10/26付け)
野沢「ねこちゃん以外に多いね。」
戸田「なんでまた俺が四兄弟最下位なんだよ!」
松岡「やっぱり現役のも……高山がトップだね。」


797 | 発売ウエンツ
高山「ですよね~、雨の日に出歩くと疲れますし、またでいいと思いますよ?
   むしろ割引のシールが貼られてワゴンセールに並ぶまで待ってもいいと思いますよ?」
ウエンツ「えええちょっと何言ってくれちゃってんの高山君!!!」


798 | 赤い曼珠沙華たくさん、白い曼珠沙華ひとつ
ねこ娘「ねぇねぇ、鬼太郎。」
松岡「どうしたんだいねこ娘?そんなに引っ張らなくても。」
ねこ娘「ほら、これこれ。」


799 | 一計ウエンツ
ウエンツ「おばさん助けて~!かくかくしかじか」
鬼太郎母「分かったわ、はるばるやって来たウエンツちゃんの為にも頑張るわね」
ウエンツ「よろしくお願いします」