Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


801~900】 | 【901~1000】

801~900

804 | 下のサムネイルをクリックで別窓が開き原寸表示されます。


806・808・813 | 暗中模索もとい暗中飛躍!ぬらりひょん兄弟
5ぬら「この儂が桃屋と同じレベルなど認めん!認めんぞ!」
4ぬら「単なる嫌がらせレベルのことしかせんからだ。」
5ぬら「何!?貴様など最近は妖怪なんとかのコスプレしかしとらんではないか!」


816 | 名曲ウエンツ
妖怪横丁ゲゲゲ節・ウエンツバージョン
「モ~サモ~サ、親父CGウエンツや~い。とてもハンサム素敵だけれど、いじられまくるオチ担当~♪」
ウエンツ「オチ担当ってこの兄弟スレだけの話だよ!誰なのこれ作詞したの!?」


818-820 | 鬼太郎一族揃い踏み
戸田「あれ、ほしのじゃないか。何してるんだい、高山兄と一緒に表で」
野沢「なんか成り行きで高兄が技を習う事になったらしいよ。」
戸田「へーっ、いいなあ!ほしのの技は毎回派手でカッコいいんだよなーっ!」


825 | お前がドリルだ地を穿て
高山「一応僕にも必殺技があるんですよ、一反木綿!」
五期木綿「いくばーい、そーれ!」
高山「トルネードキーック!!!」


826 | 作曲ウエンツ
ウエンツ「ちわーす!」
目玉「相変わらず元気そうじゃのう」
野沢「あ、今人気のウエンツさんだ」


828-833 | サイバーテロ再び、4ちゃんねる事件
「>48、いってよし、と……やあ皆さん、高山鬼太郎です。」
高山「皆さんはインターネットをご存知ですか?え?このスレに来ているからわかるって?
   そういえばそうですね。


835 | 訣別ウエンツ
ウエンツ「高山君ー、あーそーぼー!」
高山「ああ、ウエンツさん…すみません、今日はちょっと用事があるからダメです。」
ウエンツ「なんだそうなの…。じゃあ明日、明日遊ぼう!」


836 | 想ひ出とは、縋るものでは無く愛でるものだと教わった
戸田「現役はネタがポンポン投下されていいなあ。
   ぼくだってあの頃は一世を風靡したヒーローだったんだぜ?」
野沢「…そういえば、松兄もある意味じゃ現役だよね。」


837 | 実力派だよ!のざ太くん
妖怪テレビ「どこでもドアー!」
野沢「戸田兄ー!ドラえもんごっこやらない?」
戸田「どうせ僕達ヒマだしな、良いよ」


839 | What is and What should never beって言うじゃない
戸田「う、うう……!」
松岡「戸田、しっかりしろ、戸田!」
野沢「ふぁ~、どうしたの兄さん?」


841-842 | 千尋の谷へと落とす厳しさもまた優しさ、多分
CD発売ラッシュのようです

「桃屋に片想い」


846 | フィギュア>>>ケース(鍋敷き的な意味で)>越え(ry>本編
松岡「映画版鬼太郎のDVDをいただきましたよ。」
戸田「あっ、父さんのフィギュアがついてる!」
野沢「僕にも父さんのフィギュア見せて!わあ、かっこいいなあ!」


848-858 | 一同揃いて味覚を狩りし四方の秋
戸田「こうやってみんなで森へ栗拾いに行くのなんて、どのくらいぶりだろうな。」
野沢「今回はほしのと松本も一緒だし、大人数で楽しいなーっ。」
ウエンツ「え、僕もいるよ!?」


861 | 雪姫とゲタ吉とゲタ吉のレイゾン・デイト
雪姫「どきどきわくわく。」
ゲタ吉「あれ、雪姫ちゃん、どうしたの?籠なんかもって。」
雪姫「ほら、いとこの松岡鬼太郎さんたちが栗拾いに行っているから。」


863-865・869 | 墓場鬼太郎が時速4km以上の速さで動く時
カランコロンカラン

墓場「よお、久しぶりだな。」


872 | 時代の波を乗りこなせ、フンドシで
高木「な~鬼太郎、ウエンツにばっかり構ってないで、たまにはおれとも絡んでちょーだいよ。
   こちとら何時お声がかかってもいいように常時スタンバってんのに、出番がサッパリ無くてさア。」
高山「…そうは言ってもなー、大体お前、本編でだって僕とあまり絡まないだろ。


881 | あの世の下見
戸田「野沢ー、野沢ー、ごはんだぞー。」
野沢「あ、トニー。」
戸田「だからその名前はやめろって……って、なに抱えてんだお前!」


882-888 | 名探偵っスか!高山くん
高山君は横丁でも評判の名探偵だよ。
この世の全ての犯罪者は(たとえ親族だろうが縁者だろうが)
決して容赦することなく警察に通報するくらいの心構えだよ。


889 | のざわと名探偵
人々は高山鬼太郎の事をこう呼ぶ…探偵ガリ
野沢「勉!!」


890 | ●神には伝説の親戚が…
ぬりかべ「実は俺の弟が有名なゲームにでているんだ。」
高山「へーえ、このパソコンのゲームねぇ、ちょっとやってみてもいい?」
ぬりかべ「いいよ。」


897-898 | 「何にでもケチャップをかけるのは君、悪い癖だよ。」
松岡「さぁ、今日の朝ごはんの目玉焼きだよ~。」
戸田「わーい。」
野沢「あれ?蛙とかイモリの目玉じゃなくて?」