Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目玉「もうすぐクリスマスじゃのう」
野沢「クリスマス?なんだいそれは」
松岡「12月25日に、サンタクロースというおじいさんが子供達にプレゼントを配って回るキャンペーンのことだよ」
高山「兄さん、キャンペーンとか言っちゃ駄目だよ」
野沢「うわー!じゃあ僕もプレゼント貰えるの!?」
松岡「あぁ、いい子にしていたらね。サンタクロースは悪い子にはプレゼントをくれないんだ」
野沢「わかった!僕、いい子にしてるよ!」
戸田「バカバカしいなぁ、サンタなんている訳ないだろう?」
松岡「おや、戸田はサンタさんを信じていないのかい?」
戸田「当たり前じゃないか。そんなの、人間が生み出した幻想だよ」
野沢「なんだと!サンタさんは絶対いるやい!松兄もそう思うだろ?」
松岡「そうだね。僕ら妖怪だって、人間からしてみれば“幻想”であるけど、実際こうしてここにいるだろう?
   だからサンタさんだって、いないと思ってても実はいるかもしれないよ」
戸田「なんだい、高尚ぶっちゃって。高兄はサンタなんていないと思うだろう?」
高山「うーん…ていうか、いてもいなくてもどっちでもいいかな…」
戸田「いっそすがすがしい程に関心ゼロだなー!」

松岡「ところで、野沢はどんなプレゼントが欲しいんだい?」
野沢「うーん、プラモデルかなぁ。今度はヘリコプターのが欲しい!」
松岡「それなら、紙に書いて枕元にでも置いておくといいよ。サンタさんがすぐわかるようにね」
野沢「うん!えーっと紙、紙…と」
戸田「‥‥‥‥」
野沢「サンタさん、へ。プラ、モデル‥‥が、欲しい‥‥です。
   ヘリ‥コプターのやつ、が‥‥いいです、と。これでいい?」
松岡「うん、これならサンタさんもすぐわかるさ」
野沢「へへっ!ねえ松兄、なにか手伝うことはないかい?何でもやるよ!」
松岡「そうだなぁ、そういえば醤油が切れていたっけ」
野沢「わかった!おつかいに行ってくるよ!」
松岡「ありがとう、よろしくね。はいお財布」
野沢「うんっ行ってきまーす!」
戸田「‥‥‥‥」
高山「ん?君までどこに行くんだ戸田。ビニール袋なんか持って」
戸田「ビクッ!え、いや、ちょ、ちょっと散歩にでも行こうかなーって‥‥じゃ行ってきま」
松岡「ああ、待つんだ戸田。忘れ物だよ」
戸田「へ?」
松岡「ほら、軍手。手が汚れてしまうからね。あと、分別はちゃんとするんだぞ」
戸田「!!なっなななななに言ってんだい!!ぼぼ僕はただ散歩に行くだけだよ!!全くおかしなことを言うなあ松兄は!!」
高山「でも軍手は受け取るんだね」
戸田「きょっ、今日は寒いからな、手が冷えるといけないから‥‥行ってきます!」
高山「あ、逃げた」

目玉「全く素直じゃないのう」
松岡「それがあいつのいいところですよ、父さん」
目玉「それもそうじゃの‥‥ん?これは」
松岡「どうしました?それはさっき野沢が書いたプレゼントの‥‥あぁっ」
目玉「ははっ、奴め、ちゃっかりしておるわい」
高山「どうしたんです、二人とも」
松岡「ふふ、これを見てごらん」
高山「野沢の書いたプレゼント希望用紙じゃないか。汚い字だなぁ‥‥
   えっと‥‥『サンタさんへ。プラモデルが欲しいです。ヘリコプターのやつがいいです。』
   ‥‥ん?まだ続いてる‥‥『戦車のも欲しい』‥‥って、まさか」
松岡「戸田の奴、いつの間に書いたんだろうな。全然わからなかったよ」
目玉「口ではああ言っとるが、奴もまだまだ子供じゃの」
高山「そうですね。しかし野沢に便乗するなんて‥‥あとでケンカにならなきゃいいけど」

「「ヘックション!!!」」

野沢「うー寒いなぁ‥‥でもプレゼントのためだ、北風だってへっちゃらさ!あ、お醤油あった」

戸田「ズズッ、やっぱり12月は寒さも募るなぁ。それにしてもなんで松兄はわかったんだろう‥‥。
   ていうかゴミ多いな!いくら拾っても終わらないよ!えっとこれは空き缶だからこっちの袋で‥‥」

目玉「しかし、欲しいプレゼントを紙に書かせるというのは、良い気転じゃったのう」
松岡「そうすれば、誰が何を欲しいのか、一発でわかりますからね」
高山「さすが兄さん。でも父さん、本当にいいんですか?」
目玉「なに、金の心配ならいらんよ。今また横丁で働かせてもらっているからの」
高山「(それが心配なんだけど‥‥)」
松岡「無理はしないで下さいね。身体を壊してしまったら元も子もないですよ」
目玉「大丈夫じゃよ。それよりほれ、お前達も何か欲しい物はないのか?」
高山「えっ、でも僕はこの前自転車も貰ったし‥‥」
松岡「僕は父さんがこれからも元気でいてくれれば、それが最高のプレゼントですよ」
高山「(なんかさらりと恥ずかしいこと言ったー!)」
松岡「ね?高山‥‥‥ね?」
高山「(近い怖い近い怖い近い怖い!)は、はい!父さん、僕らの分は気にしないで下さい!」
目玉「むう‥‥しかしのう‥‥」
松岡「あ、それよりほら、そろそろ横丁に行かなくていいんですか?」
目玉「ん?おおそうじゃそうじゃ、今日はコンビニのアルバイトの日じゃった」
松岡「頑張って下さい、父さん」
目玉「うむ、では行ってくるぞ」
松岡「行ってらっしゃい、気をつけて」

高山「‥‥なんか僕、おいてけぼり‥‥?」

高山「ところで兄さん」
松岡「なんだい?」
高山「まさかクリスマスまでの間、“いい子”というフレーズにかこつけて、あの二人をこき使う気じゃ‥‥」
松岡「なんのことかな?僕はただ、あの二人に本当のいい子になって欲しいだけだよ」
高山「(かつてない程笑顔が輝いてる‥‥暫くは楽出来るのがよっぽど嬉しいんだな‥‥)」


終わり。
これ以前に投下されたネタと一致しなくて矛盾が生じてる部分もありますが、それはそれってことで。