Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お酒編を即席で作ってみた。トニーすまん(´・ω・`)



松岡「上でお酒の話が出たので、ここで兄弟が酒を飲むとどうなるか観察してみよう」
野沢「わ~い!お酒だ~!」
2猫「あら、楽しみだわ」
戸田「お酒を飲むのも久しぶりだなぁ」
3ネコ「鬼太郎、あたしおつまみ作って来たよ」
松岡「楽しく飲もうね」
4ねこ「うん♪」


高山「さて、まずは野沢と2猫さんか」
戸田「まあ予想では野沢がはっちゃけて2猫さんが止める・・・と」
松岡「どうなるのかな?」

野沢「プハァ~!おいしいなぁ~お酒!猫ちゃんももっと飲みなよ!」
2猫「ヒック・・・」
野沢「ゴクゴク・・・プハ~!ハハハハハ!美味しいね!」
2猫「ええ・・・ヒック」
野沢「ひゃほ~い!」

高山「とうとう脱ぎ出したぞ」
戸田「なんでも有りだな」
松岡「2猫さんはどうするんだろ?」

2猫「・・・鬼太郎さん、ちょっと座って」
野沢「ひゃっほ~い!」
2猫「そこに座って!鬼太郎さん!」
野沢「! は、はい・・・」
2猫「いい?鬼太郎さん。あなたもうお酒飲める歳なのよ」
野沢「はい・・・」
2猫「だったらもっとしっかりしてもらわなきゃ困ります!」
野沢「ご、ごめんよ・・・」
2猫「この間のダイダラボッチの時だって・・・クドクド」

高山「・・・2猫さん説教モードですね」
戸田「ありゃ相当うっぷん溜まってるな・・・」
松岡「野沢の陽気さが一気に吹き飛んだね」

3&4&5ネコ「姉さん・・・」


野沢「お次はトニーだね」
高山「まあセオリー通りならよっぱらって大暴れって感じだけど・・・」
松岡「どうなるかな」

戸田「ネコ娘の作ったおつまみ美味しいな~」
3ネコ「ネコがんばったもん♪」
戸田「これならいくらでも飲め・・・くか~」
3ネコ「き、鬼太郎?」

高山「潰れるの早っ!もう大の字で寝てるよ!」
野沢「トニー・・・せっかく目立てるチャンスだったのに・・・」
松岡「意外だね」


高山「お次は松兄さんだね」
戸田「読めないな・・・結構酒乱の気があったり」
野沢「逆に物凄いねこ娘さんに甘えたりしてね」

4ねこ「鬼太郎~もう一杯どう~?」
松岡「貰うよ、ありがとう」
4ねこ「えへへ~おいしいね~」
松岡「うん、おいしいね」

高山「全然酔わない感じだ・・・」
戸田「なんだかんだで一升瓶空けてるぞ!ねこ娘さんすすめ過ぎ!」
野沢「でも普段と変わらないね」

4ねこ「えへへ~鬼太郎~」
松岡「なんだいねこ娘?」
4ねこ「リモコンゲタが見たいな~」
松岡「ははは。お安い御用だよ。リモコンゲタ~!」

ギューン!バコッ!
戸田「あ痛っ!!!」
高山「に、兄さん酔ってるぞ!?」

4ねこ「あはは~w鬼太郎もっともっと!」
松岡「リモコンゲタ~!」

ギューン!ギューン!
野沢「ひぃ~!」
高山「ま、まずいぞ!」
戸田「早く離れ・・・」

4ねこ「鬼太郎~!もっともっともっと!」
松岡「ゲタトルネード!」

高戸野「わぁ~!!!」


野沢「さて、次は高兄だね」
松岡「そうだね。・・・戸田?そのタンコブはどうしたんだい?」
戸田「・・・これだよ」

5ネコ「鬼太郎もっと飲もうよ!ハハハ!」
高山「ネ、ネコ娘、ちょっと飲みすぎじゃないか?」
5ネコ「まーまー。たまにはいいじゃない。それよりこの間のバイトで凄いイヤな先輩がいてね・・・」
高山「うんうん・・・」


・・・一時間後
5ネコ「それで酷いのよアマビエったら。私の今度バイトがは絶対クビになるって・・・」
高山「ああ・・・」

二時間後・・・
5ネコ「それでね、一旦木綿がタオルさんって呼ばれて・・・」
高山「・・・う~ん・・・」

三時間後
「そして見事水虎を倒せたのよ」
高山「う・・・ん・・・zzz・・・」

五時間後
5ネコ「その血液銀行に勤める水木って男が隣の寺に引っ越してきた不気味な夫婦を・・・」
高山「グーグー」

八時間後
5ネコ「でも、そんな幸せなベビィ時代を過ごした武良茂は戦争が始まると信濃丸で南方の遙かラバウルへ出征してね・・・」

松&戸&野&2猫&3ネコ&4ねこ「・・・zzz・・・」


4ねこ「昨日は楽しかったね♪」
松岡「そうだね」
戸田「ちぇ、全くもう・・・」
3ネコ「散々だったわね・・・」
野沢「2猫ちゃん、僕これからはもっとしっかりするよ!」
2猫「・・・?そ、そう?嬉しいわ~鬼太郎さん!」
高山「ネコ娘って水木茂詳しいんだね」
5ネコ「・・・?ま、まあ水木さんは好きだけど・・・?」



全員「お酒は大人になってから、適量を楽しく飲もうね!飲酒運転なんて絶対にダメだよ!」