Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「ベストを尽くす所存ではあったのだが、相手が悪かった」


戸田鬼「次の放送で高兄のニセモノを松兄貴が演るって聞いたけど、本当なのか?」
松岡鬼「フフ。さあね」
戸田鬼「ちぇ、相変わらず気取ってら」
野沢鬼「でも敵は釜鳴りなんだろ? 僕のときは散々苦戦したから高兄、頑張ってよ」
高山鬼「やれるだけのことはやるよ」
野沢鬼「最後の手段は首を伸ばすんだよ!」
高山鬼「……………」
野沢鬼「こうやるんだよ?ホラ」
高山鬼「……そ…、それは僕にはちょっと…」
戸田鬼「あーあ。守りに入ったよ。ヤダヤダ」

野沢鬼「高兄!今日釜鳴りだったんだろ? 首、伸ばした?」
高山鬼「い、いや。それはやらなかったよ…」
戸田鬼「じゃああれだ。釜鳴りの中からちゃんちゃんこロープにして脱出!」
高山鬼「ちゃんちゃんこも取られちゃって…」
松岡鬼「力が出ない中、闘うのはたいへんだったろう?」
高山鬼「いえ…闘ってませんから……」
野沢戸田松岡「…じゃあ、『鬼太郎』として何やってたの?」
高山鬼「……何も………」

目玉「ああ、疲れたのう。おい、鬼太郎。誰でもいいから風呂を入れとくれんか」

戸田鬼「高兄、釜鳴りの中でただ布かぶってじっとしてただけか!?情けないな!」
野沢鬼「首伸ばせば良かったのに~。なんで何も反撃しなかったの!?」
高山鬼「…だから今日はすごく運が悪くて…ぐすっ…。」
野沢鬼「あ、泣いちゃった…。」
松岡鬼「…戸田と野沢、また右から左に地獄流しされたいみたいだね。」
戸田鬼・野沢鬼「うわあああ!!ごめんなさ~い!!」
高山鬼「…松兄さん。」
松岡鬼「…何?」
高山鬼「父さんって…やっぱり凄いですね。」
松岡鬼「もちろんさ、僕達の尊敬する父さんだもの。」

皆様、沢山のあたたかい御声援有難う御座いました。


戸田鬼「高兄ってバイトもしてないのに、買い物してる姿はよく見るよな。」
野沢鬼「妖怪ポストの依頼者から謝礼をもらってるの?」
高山鬼「謝礼はもらってないよ。そのかわり僕はたまに、ネコ娘のバイト先に顔を出してるから。」
松岡「ああ、時々一緒にバイトしてるのかい?」
高山「いえ、『ネコ娘、今日の衣装よく似合ってるね。』って言うと、不思議な事にいつの間にか僕の財布にお金が入ってるんですよ。」
松岡・戸田・野沢(やっぱりヒモだ…。)

570 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/03(月) 13:03:48 ID:???O
高山「やあ人間の皆さん、僕はゲゲゲのジゴロ。ネコ娘に優しく声をかけてお金をまき上げる、ヒモ妖怪です。」

571 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/03(月) 13:23:11 ID:???0
>>570
5期で一番悪い妖怪は高山だなwwww
ネコ娘はいっそ、鬼太郎見限って蒼兄さんにでも走ったほうが良さそうだよ・・・・

松岡「高山が皆に言いたい放題言われているんだ」
野沢「高兄だっていいところはあるよ!」
戸田「みんなでいいところをアピールしてやろうぜ」


しばし考える


野沢「ネコちゃんには……冷たいなあ」
戸田「人間との共存は……頭に無いか」
松岡「父さん以外の家族との交流は……ほぼ皆無だね」


もう一度考える


野沢「働くどころか妖怪退治も乗り気じゃないし」
戸田「妖怪退治もイマイチ強さを感じないし」
松岡「父さんにやらせて何もしないときすらあるし」


しばし沈黙


松岡「困ったなあ。これじゃみんなの方が正しいじゃないか」
高山「…真剣に会議なんてしないでください」
松岡「でもこのままじゃ君が兄弟から脱落して…」
戸田「ウエンツが次男に納まることも考えられるな」
野沢「へーー。ウエンツ兄って言いにくいけど慣れるかな」
高山「決定事項みたいにいわないでくれ!」

観光の定義がブレている…軽んじられていると言えなくも無い、奴が


松岡「原作叔父さんが海外旅行のお土産を買ってきてくれたよー。」
戸田「えーと、フランスの花売り人形にイギリスのお茶に、ブードゥーのお守りか。」
野沢「お菓子買ってきてくれればよかったのに。」
戸田「でもいいよなー。俺も呑気な海外旅行をやってみたかったな。碌な目に遭ってないし。
   海獣になったりさ。」
松岡「僕もそうだよ。のんびり昼寝したりしたいな。」
野沢「僕もだよ。」
高山「……そのうち僕もそうなるのか……。」
戸田「高山はいいじゃないか、ドイツに行って、おみやげまで買ってきたんだぜ。」
高山「でも、目目蓮がいたし、ベアードだって……。」
野沢「ドイツのソーセージは食べてきたんでしょ。」
松岡「古城も見てきたんだろ、それ抜きにしても、立派な観光だぜ。」
高山「……。」

僕のスルースキルは百八式まで…痛い、角は無しで


猫娘「・・・」
ねこ娘「・・・」
3期ネコ娘「・・・」

ネコ娘「・・・みんな無言でナデナデ慰めなくても大丈夫よ・・・。水着をスルーされたのなんて気にしてないから・・・」



野沢鬼「・・・」
戸田鬼「・・・」
松岡鬼「・・・」

高山鬼「痛い痛い!なんでみんな無言で僕の頭を下駄で叩くんだよ!」

皆様より寄せられたフィードバックをバネに、え、声?慣れですよあとは


976 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/13(木) 07:35:57 ID:???O
ここ読んでたらあんまり好きじゃなかった高山が好きになってきた

高山「あ、ありがとうございます」
野沢「高兄が照れるなんて珍しいー」
松岡「高山は色々と不遇だからね」
戸田「ヤカン乗っけてお湯沸かそう」
目玉「それは良いのう」

977 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/13(木) 07:44:01 ID:???O
ま、所詮パロだから本物とは違うけどな。

高山「き、厳しいですね…」
松岡「まあまあ、本当の高山を好きな人だって居るよ」
野沢「本当の高兄って?」
松岡「高校生探偵」
野沢「へえー」

高山「やっぱり不遇だ…」
戸田「お前朝っぱらから笑ったり泣いたり忙しいな」

それは仕様です、だって規制とか色々あるから


野沢「高兄キャラメルー」
高山「無駄だよ、僕は戸田みたいに単純じゃない」
野沢「じゃあ肉弾戦だ!バーン!」
高山「うわー!!(気絶)」
野沢「指鉄砲発射しただけなのに…でもラッキー」 (『のざわとキャラメル』より)

49 :メロン名無しさん:2007/09/17(月) 21:18:11 ID:9kMy69r/0
高山の弱さに全俺が泣いた

高山「僕だって色々と強いのに」
戸田「でもなぁお前、実は血とか駄目そうだし」
高山「う……」
戸田「骨折の話とか無理そうだし」
高山「や、やめてくれって」
戸田「サイコ(漫画)とか表紙見た瞬間卒倒しそうだし」
高山「わー!!」

野沢「だから指鉄砲が駄目だったんだ」
松岡「普通ギョッとするよ、指先が散乱してる図なんて」
野沢「そうかなぁ」

ガンガレ高山!めっさガンガレ!

「肉体面が弱そう」と言われ「属性は電気」と言われ


56 :メロン名無しさん:2007/09/17(月) 23:11:29 ID:???0
肉体面では確かに高山は弱そうだが、精神面では兄弟一じゃね?
牛鬼に身体のっとられて、最後まで正気保ってたの高山だけだし・・・・

野沢「精神面は強いって言われてるよ、高兄」
戸田「牛鬼に乗っ取られなかったもんな」
松岡「僕は精神面が弱いから無理だなあ」
野沢「僕もあんなに猫ちゃんに冷たく出来るほど精神強くないよ」
戸田「僕も女の子には優しく、男には冷たく出来るほど精神強くないな」

高山「(…こんな兄弟に囲まれてたら精神強くないとやっていけないよ)」

そもそも、自転車に乗れなかったと云うだけで


戸田 「高山兄、今日は朝からうつ伏せで転がったまま何時にもまして動かないけど如何したんだい」
松岡 「野沢、高山を箸で突付くのは止すんだよ」
高山 「…来週の運動会の収録で慣れないことをした所為で筋肉痛なんだ…」
野沢 「高兄、運動会だったの?如何だった、楽しかった?話、聞かせておくれよ!」
松岡 「ネコ娘から聞いた話だと、トラックを逆送したりして何度も撮り直しになったらしいね」
高山 「だから僕は家でゆっくりしたいなあって言ったんですよ…」

親父 「わしの大活躍する姿が放送されるのが今から待ちきれんのう!」
松岡 「父さんは、元気そうですね」

高山「イテテ…」
野沢「え、高兄、筋肉痛?首伸ばしてみなよ。一発で治るよ!」
高山「……」
戸田「いやいや、そんな時こそ余計に体を動かす!これに限る!」
高山「む、無理だ……!」
松岡「まぁまぁ。お婆に貰った湿布薬があるから後であげるよ」
高山「ありがとう、松兄…」

運動音痴の先入観を持たれるのは理不尽である


戸田 「ねえ、現役の高山兄、何か面白い裏方秘話とかは無いのかい?」
野沢 「収録中の面白ハプニングとか!」
高山 「ええ~…いやあ… 特に無いよ、そういうのは…」

親父 「おお、アレなんかどうじゃ、釜鳴りの時の」
高山 「あ、や、父さん、あの話は…!」
野沢 「なになに?釜鳴りの時に?聞きたい!」
高山 「その…冒頭の路地から出て来た自転車と接触する場面で…ちょっと事故があったと言うか…」

野沢 「解った!高兄、自転車を避け損ねてドーンとぶつかられたんだろ!」
松岡 「いや、高山は跳びずさり過ぎて車道に飛び出てダンプに撥ねられたんだよ」
高山 「あーもう兄さんまで~…この話は戸田と野沢にはナイショにするって約束したじゃないですかあ」
松岡 「ははは、ごめんごめん」

戸田 「そ、それは…大丈夫だったのか…?」
野沢 「一体如何したらそんな事に…」
高山 「だから、あの日は朝からついてなくて…」
松岡 「運の良し悪しはあまり関係ない気もするけどね」

親父 「あと、ドイツの古城に行った時にもとんでもない事になったのう」
高山 「ああ~、そう云えばあんな事もありましたねえ」
野沢 「解った!アリアさんに攻撃されて窓からまっさかさまになった場面で、
     鉄柵を髪の毛で受け止め損ねて頭からザックリ串刺しになったんだろ!」
高山 「ち、違うよ!縁起でもない…」
野沢 「なら、ネコちゃんの投げたフォークを避け損ねて顔面にグッサリ刺さった?」
高山 「そう云う物騒な話じゃなくて…」

親父 「帰りの飛行機に乗るのに飛行場で搭乗ゲートへ向かった時にのう」
高山 「ええ、ゲート番号が『18』だと思いこんでいたら、実は『1B』で…」
親父 「アナウンスで呼び出されてしもうたわい」
高山 「18番ゲートから1番ゲートまで必死で走りましたよね~」
親父 「いや~手に汗握ったのう」

戸田 「…とう…じょう…げえと…?」
野沢 「僕が乗った時には、そんな面倒な手続きは必要なかったけどなあ」
松岡 「うん、野沢が乗った飛行機はまあ、そうだろうね」

鼻緒なんて飾りです、下駄を飛ばすのは気合です


野沢 「そう云えば皆、自分にしかない個性的な設定って持ってるよねえ?
     例えば、僕は指鉄砲が出来たり首が伸ばせたりするけど」

戸田 「そうだなあー。僕は矢ッ張り、母さんが人間って事かなあ」
松岡 「戸田は、妖怪と人間のハーフって云う設定だからね」
戸田 「あと、皆のちゃんちゃんこは色が上から順に黒・黄・黒・黄・黒だけど、
     僕のだけは黄・黒・黄・黒・黄って配色なんだよ」
野沢 「あーっ、本当だ!」

戸田 「高山兄は如何だい?」
高山 「僕は特に… 強いてあげれば、僕の下駄の鼻緒は店売品だって事…かな…」
戸田 「あ、ああ…そうだっけ…」
野沢 「僕らの下駄の鼻緒は、ちゃんちゃんこと同じ先祖の霊毛製って事になってるからね…」

高山 「兄さんは如何です?」
松岡 「うーん、僕も特に無いけど…」
野沢 「けど?」
松岡 「実はこれは、ねこ娘にしか見せた事ないんだけどね」
戸田 「えーっ、なんだい!」
松岡 「僕のアホ毛は、こうやってこうするとこう云う風になるんだよ」
三人 「わーーーーー!!!」



高山 「まさか、あんな仕組みになっていたなんて…」
戸田 「僕、今夜は眠れないよ…」
野沢 「僕も…」

穴に詰まっているのは空気であると言うがそれを読むのが難しい


5ネコ「ねぇ鬼太郎。今度ミ○ドで新しいドーナツ発売されたの」
高山「ふーん」
5ネコ「折角だし食べてみない?」
高山「そりゃ良いかもね」

店内にて
店員「店内でお召し上がりになられますか?」
高山「いえ、持ち帰りで」
5ネコ「に゛ゃっ!?」


野沢「……」
戸田「……」
松岡「……」
高山「折角持って帰ってきたのに、下駄で殴るの止めて下さいってば!」

ウェンツ「ちわーす!あれ、みんなドーナツ食ってる」
野沢「じゃあ半分こしよう」
ウェンツ「おっありがとう!」
野沢「僕はドーナツの外側食べるから、ウェンツさんには穴を分けてあげる」
ウェンツ「また穴ー!?」

「今思えば、あの一言が事の発端と云うか元凶であった。」


野沢 「戸田兄は歴代一ヒーロー然としている鬼太郎だとか、
     松兄は歴代一紳士的な鬼太郎だとか言われているけれど、
     十年後に高兄は何て言われているんだろうなあ。」
戸田 「御前は、歴代一首が伸びたり耳が取れたり手首がもげたりする鬼太郎だな。」
野沢 「歴代一原作に忠実と言っておくれよ。」

松岡 「高山は…そうだね、何だろう…。あ、歯並びが良いよね。」
野沢 「じゃあ、歴代一歯並びの良い鬼太郎だ」
高山 「え、ええ~?そんなのいやですよー!そんな作画的な事じゃなくて、
     もっと鬼太郎的な事で僕に特徴は無いんですか?」
戸田 「だったら、歴代一体内電気でゴリ押す鬼太郎かな。」
野沢 「でも効果は結構弱いんだよね。」
高山 「そ、そんな事… あ、髪の毛技のバリエーションの多さにも定評があるよ!」
野沢 「あっ、それよりあれだよ。歴代唯一、下駄の鼻緒が店売品だった鬼太郎。」
高山 「い、いや…そんな一話きりの設定で僕を要約しないでくれよ…」
松岡 「歴代一関連グッズの売り込みに力が入ってる鬼太郎でもあるよね。」
高山 「に、兄さんだってソフビの食玩とか出てたじゃないですかっ」
松岡 「それとこれとは違うよ。」
戸田 「高山兄の場合は劇中にあからさまにグッズ化を狙ったアイテムとか登場してるもんな。」
野沢 「あざといよねえ」
高山 「あ…あざといだなんて…だって…でもそれは…僕には責任無いと思うし…」

野沢 「あっ、何だ、あるじゃないか。高兄の個性。これだよ」
戸田 「ああー、成る程。うん、あれはインパクトあるしなあ」
松岡 「もういっその事、名前を『桃屋の鬼太郎』に変えると良いかもよ?」
高山 「ごはんですよのCMで後世に名を残すのか…僕は…」

翌日 横丁

子泣き 「お~、桃屋の鬼太郎に親父殿~。」
砂かけ 「おお、丁度良いところに来よった桃屋の、後で長屋の掃除を手伝ってくれんかの」
ぬらり 「今日と云う今日は御前を倒し、わしは妖怪王になるのじゃ、桃屋の!」
五官王 「運の良い奴だ、桃屋の!」

高山 「た、大変です父さん…!定着してます!!」
目玉 「まぁ、美味しいから良いじゃないか。」
高山 「よ、良くなんか無いですよーーー!うわあああーーー!!」

戸田 「あ~あ…半泣きで走って行っちゃった。」
野沢 「やり過ぎたかな。」
ぬらり 「ヒッヒッ、してやったわ。」
五官王 「うむ、良い気味だ。」
5ネコ 「あんた達、下らない嫌がらせやめなさいよ~っ!」

四人も居れば、一人が貧乏くじを引くのは世の理


ボーン!
松岡「…。」
高山「わっ!兄さんどうしたんですか!?パソコンから黒い煙が上がってるんですけど…。」
松岡「さっきパソコンをちょっと弄ったら動かなくなっちゃってね。バッテリー切れかなって思って体内電気で充電しようと思ったんだけどいざ充電してみたらすごい音を立てて煙が上がって来たんだ。」
高山「えっ…?充電なら昨日僕が済ませて置いたんですけど。」
松岡「でも画面が固まってしまって動かなくなったよ?」
高山「それはフリーズって言うエラーです!ちょっとパソコン見せて下さい!…な、中のデータが全部お釈迦になってる…。」
松岡「お釈迦様がどうかしたのかい?」
高山「違います!中のデータが壊れちゃったんです!精密機械なんですから大事に扱わないと…。」
松岡「…やっぱり体内電気を全力でやったのはやり過ぎだったみたいだね。」
高山「明らかにそれが原因じゃないですか!ど、どうしよう…父さんのお笑いの動画も見れなくなってるよ。父さんがこれを知ったら…」
目玉「……。orz」

野沢「(飛行機のプラモを持って)ぶーん!!」
どたばた!
戸田「(テレビ見ながら)行けっ!其処でシュートだ!!」
どたばた!

高山「パソコンの修理したいのにこれじゃ集中出来ないなぁ」
松岡「何かごめんね」
高山「大丈夫ですけど…集中力がすごく上がる食べ物とか無いですかね」
松岡「…蟹」
高山「いや食べる時集中する物じゃなくて」