Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5ネコ娘「ねこはいいわよね。松岡さんが優しくてさ」
ねこ娘「…普通だよ?」
5ネコ娘「何言ってるのよ。お姫様抱っこされたり」
ねこ娘「…あれは他のみんなもいたもん」
5ネコ娘「戦いの中でも常にかばってもらえたり」
ねこ娘「…私だってかばってもらうばかりじゃないよう」
5ネコ娘「一緒に水遊びしたり!お花畑で遊んだり!ソフトクリーム食べたり!」
ねこ娘「…うう」
5ネコ娘「おまけにあんた大人になったらおっぱい大きくなるし!」
ねこ娘「お、おっぱいは関係ないでしょーー!!?」



ねこ娘「高山さんだってそんなに冷たいワケじゃないと思うけどなあ」
高山鬼「…ねこ娘さん?」
ねこ娘「ひゃあ!」
高山鬼「こんなところで一人でどうしたの? 困った顔して」
ねこ娘「うん…」
高山鬼「何か悩み? …松兄さんを呼んで来てあげようか?」
ねこ娘「ううん… 高山さんじゃなきゃだめ…」
高山鬼「は?」
ねこ娘「鬼太郎じゃだめなの! 高山さんじゃなきゃ!」
高山鬼「……………ね、ねこ娘さん???」
ねこ娘「高山さんどうして顔赤くなってるの?」
高山鬼「あー、いや、気にしないで…」

ねこ娘「…あのね、高山さん、お姉ちゃんのこと好き?」
高山鬼「はい?」
ねこ娘「だから、5ネコおねえちゃんのこと好き?」
高山鬼「ああ、そういう話…。 好き…、好きか…。うーん…」
ねこ娘「…嫌いなの…? うちのお姉ちゃん働き者だよ?
     ちょっと怒りっぽいけど本当はとっても優しいし、
     高山さんのことも本当に大好きなんだから!」
高山鬼「ああ、ごめんごめん、泣かないで。…うん、好きだよ」
ねこ娘「本当?」
高山鬼「松兄さんが君を好きなのと、僕がネコ娘を好きなのとは
    ちょっと違うところもあるけどさ。でも絶対嫌いじゃない。安心して」
ねこ娘「…よかった。ねえ、このことおねえちゃんに話してもいい?」
高山鬼「…それは勘弁して」



高山鬼「やれやれ。でもあんなに姉を心配するなんて可愛い妹だよね…」
松岡鬼「誰が可愛いって? 高山…」
高山鬼「うわあっ、松兄さん!!?? いつからそこに!?」
松岡鬼「…さっきから」
高山鬼「どっかの陰陽師みたいな返ししないで下さいよ!」
松岡鬼「いや、本当は君たちの気配を拾ってね。遠くから走ってきたんで
     途切れ途切れしか会話はわからなかったんだけど」
高山鬼「盗み聞きじゃないですか!」
松岡鬼「勝手に聞こえただけだよ。…地獄耳なんでね」
高山鬼「(ひいいいいいい)な、何が聞こえたんですか…」
松岡鬼「"高山さんどうして顔赤くなってるの?"
"ごめん、泣かないで。…うん、君が好きだよ"」
高山鬼「都合の悪いところしか聞いてない! しかも後半一部捏造入ってますよ!!!!
     って、鉄パイプはやめてください! 誤解です!」
松岡鬼「じゃあ何の話してたの」
高山鬼「それは…」



高山鬼「(あれ?正直に言うと僕がネコ娘を好きだってことになっちゃうのか…?
     どうしよう。でもそれ言うしかこの場は切り抜けられないよね。
     でも…… どうしてだろう……      認 め た く な い)」

松岡鬼「どうしたのさ」
高山鬼「兄さん」
松岡鬼「うん?」
高山鬼「ねこ娘さんって妹系で可愛いですよね」
松岡鬼「……………………………………………」



5ネコ娘「んーー! 今日もいい天気! あら?あんなとこに阪神タイガースの
     ボロタオルが落ちてる。店の前にいやあね…って、鬼太郎ー!!!???」
高山鬼「…や、やあ、ネコ娘」
5ネコ娘「どうしたのよ、鬼太郎!」
高山鬼「君に言うことがあって…」
5ネコ娘「言うこと? 何?」
高山鬼「 ボ ク ハ  キ ミ ガ  ス キ デ ス 」
5ネコ娘「……………は?」
高山鬼「 ボ ク ハ  キ ミ ガ  ス キ デ ス
    ボ ク ハ  キ ミ ガ  ス キ デ ス
    ボ ク ハ  キ ミ ガ  ス キ デ ス  」
5ネコ娘「な…何よー!!! そのロボットみたいな棒読みはーーー!!!」
高山鬼「 ボ ク ハ  キ ミ ガ  ス キ デ ス ボ ク ハ  キ ミ ガ……」
5ネコ娘「壊れたテープレコーダー(古)かーーー!!!!」



ねこ娘「鬼太郎、おはよう!」
松岡鬼「やあ、ねこ娘」
ねこ娘「高山さんは?」
松岡鬼「いないよ。ネコ娘さんに会いに行ったんじゃないかな」
ねこ娘「えっ?」
松岡鬼「昨日、よーーーく言い聞かせておいたからね」
ねこ娘「知ってたの…? ありがとう、鬼太郎!」
松岡鬼「どういたしまして(にっこり)」