Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぬらり「西洋に行っていて忘れていたが、建設中の妖怪城がもう完成している頃の筈…楽しみだ」

 『妖怪城建設予定地 入らんといて!』

ぬらり「ひどくこざっぱりしているーーーッ!!」

ぬらり「こらあー朱の盆!妖怪城全然出来てないような…ていうか全然出来てへんでおまんがな!」
朱の盆「妖怪城ならまだまだですよ~、だってぬらりひょん様、お金ケチってわたし一人しか
   雇ってないじゃないですかあ。」
ぬらり「良いではないか別に…」
朱の盆「いいですけど…あと30年はかかりますよお。」
ぬらり「ええーーー困るぞそれ!もう出来てると思って連中に招待状出してしまったわ!!」

~ゲゲゲハウス~

5ネコ「ポストに手紙届いてたわよ~。」
高山「ホゲエェェーーー!アホのぬらりひょんからだ!なんだろ一体…」

 『アホの兄弟へ
 妖怪城が出来ました。ざまーみろ
 お土産を持って来い。
 いいお土産を持って来い。
 妖怪王ぬらりひょん
 p.s. 風呂上りの私の眉毛は絞ると水が出る。』

野沢「うわーっ。」
戸田「妖怪城か…行かないとあいつ怒るだろーなー。」
松岡「行ってちょっと見てすぐ帰ればいいじゃないか。二秒ぐらい見て。」

~一方~

ぬらり「とにかくもー小さい小屋で良いから造るのだ!」
朱の盆「小屋でいいんですかあ…?」
ぬらり「急げ!明日までに造るでおま!」

~翌日~

戸田「あいつに会うの久しぶりだな~。」
高山「あっいけない、お土産忘れた…」
松岡「まあこの辺の草でいいんじゃないか。」
野沢「あと小石も少し入れようよ。」
高山「いやそれは流石にいくらなんでも…あ、アレなんか良いんじゃないですか、
   兄さんがガタガタする棚の下に敷くようにって横丁のバザーで貰ってきたやつ。」
松岡「ああ、アレね。」
野沢「じゃあ僕がひとっ走り行って取ってくるよっ。」

~そして~

松岡「地図だとこの辺だけど、妖怪城。」
野沢「これじゃないよなまさか。」

 『妖怪ぢょう』

戸田「何か書いてあるけど、違うよな。」
高山「これが妖怪城だなんて僕は信じないぞ…ここにぬらりひょんが居たら信じるしかないけど…」

 妖怪王に私はなるのだー
 わーすごーいぬらりひょん様ーカッコEー
 馬鹿者、ぬらりひょんではない、妖怪王だー

高山「いたーーー!何かコスプレしてるーーー!!ギャラリーの数少なッ!!!」

ぬらり「おお鬼太郎ども、よく来たな。待っていたぞ、手下に指示を出したりしながら。」
戸田「指示とか出してなかっただろ!」
ぬらり「実はまだ手下の数が少ないのだ、今日妖怪王と名乗り始めたばかりだからな。」
高山「それなのに衣装だけはそんなに気合が入ってるのーーー!?」

ぬらり「さあーとにかく入るがよい、できたてホヤホヤの妖怪城だぞ。
   ちょっと妙な気配とかするが入れ入れ。あ待った、お土産は持って来ただろうな!」
高山「えっ…ああ一応…」
松岡「やっぱりいる?」
ぬらり「いりまくるぞ!!タダで妖怪城に入ろうなんて図々しいにも程があるぞ、片腹痛いわ!!」
松岡「じゃあどうぞ。」
ぬらり「こちとらこれだけが楽しみで………」



松岡「謝るからぬらりひょん、そんなにヘコまないでくれよ。」
ぬらり「DVDって貴様ら…ウエンツって貴様ら…」

松岡「それより良い部屋じゃないかぬらりひょん、落ち着きがあって。」
ぬらり「そんなに良いか?」
野沢「あ、機嫌直った。」
ぬらり「貴様なかなか城を見る目あるな松岡鬼太郎。」
戸田「城じゃないけどな。」
ぬらり「あ、天ぷらあるぞ食べるか?ちょっと妙な気配するが。」
高山「なんだか、いびつな形をしてるなあ。」
野沢「じゃあいただきまーす。」
戸田「こら待てーー!!何ドサクサにまぎれて縁起でも無いもの食べさせようとしてるんだ!
   しかも高山兄はともかく野沢は経験あるだろ人魂の天ぷら!引っ掛かるなーー!!」
ぬらり「なんじゃ、美味いのに…ムシャムシャ ぬお~ッ私の顔が!!!」
戸田「何やってるんだーーー!?」
ぬらり「返せー私の顔を返せ!戻せ!!…はあはあ、とんでもない目にあったわ…
   おい、誰でも良いからお茶淹れてこい台所あるから。」
野沢「えー僕ら客だろ、お前が自分で淹れろよっ。」
ぬらり「ほざきやがれ!私は妖怪王だぞ!」
戸田「ちェっ、まったくエラそうに…」
ぬらり「えらいのだ!」
松岡「じゃあ、僕が淹れてくるよ。」
高山「あ、なら手伝います」

コポコポ

高山「台所がなんか妙な気配してたー…具体的に言うとねずみ男みたいな臭いが…
   床ギシギシ言うし…大丈夫なのかこの妖怪城…
   あっ、お風呂まである!なんで台所とかお風呂があるんだ妖怪城に!どんなんだろ…」

ガチャ

ベアード「…江

高山「大変だーーーッ!ドイツで出たアレがここのお風呂に出た!!」
ぬらり「ああ、西洋妖怪のドンのベアードだ。ベアードには貴様の事色々教えてあるぞ。」
高山「名前間違えられたよ僕!ググると『もしかして:新一』って出る名前で呼ばれたよ!!」
ぬらり「すまんな、私が間違えて教えてしまったのだよ。」
高山「なんで間違えるの!?ありえないでしょう!」
ぬらり「貴様の声紛らわしいのだ!!」
高山「もう半年以上この声でやってきてるんだからいい加減慣れてくれよ!!」
ぬらり「なら後で訂正しておくわ、桃屋の桃太郎とかそんなんでいいだろ。」
高山「いいわけないだろーーー!!!」
ぬらり「あーもーやかましいわ、いいから早くお茶をよこせお茶!」
松岡「はい、お茶。」 ドン
ぬらり「猛烈に指入っとるーーー!!」

ぬらり (さすが過去に一度私の妖怪王の野望を打ち砕いた男…
    無表情な顔して地味な嫌がらせしやがる…)

戸田「じゃあ、僕たち帰るから。」
ぬらり「なにッ、もう帰るのか?泊まっていけば良いではないか、ちゃんと布団もあるぞ、
   妙な気配するけど。」
高山「なんで何もかも妙な気配するの!?泊まりませんよ!!」
ぬらり「そう言うな、四対四で果たし合いみたいなジャンプ的展開を楽しみにしていたんだぞ、
   明日までに四人手下を集めるから、今期の御願いだ」
野沢「わかったよ、じゃちょっと朱の盆こっちに来て。」
朱の盆「はい~?」
野沢「いくぞーっ、くらえ!」 メキョン
戸田「じゃあそういう事で、お邪魔したな。」
ぬらり「待アてえええーーー!!」

ぬらり「何処の世界にこんな悲しい果たし合いがあるんだ!一方的にボコっただけって貴様…
   こちとら十年に一度のお願いつかっとんだコラーーー!もっと本気でガンガンこんかい!!」
朱の盆「でもぬらりひょん様~、本気でかかってこられたら敵いませんよ~。」
ぬらり「みくびるな!毛針だろーが下駄だろーが華麗に避けたるわ!」
松岡「そう、じゃあ遠慮なく。せやっ」 ゴシャッ

ポピーーーッ (今日のポピー:カリフォルニアポピー 花言葉:和解、希望)

松岡「直撃じゃないか、妖怪王。」
ぬらり「鉄パイプはやめろ…鉄パイプは…」
松岡「だって避けるって言うから。」
ぬらり「わかったぞ…何でもありのルールで良いんだな…知らんぞ貴様ら…」
戸田「もう帰ってもいいかい。」
ぬらり「それならこっちにも考えがあるんだぞコラー!」

ぬらり「思い知れ!手彫り妖怪王像マッスルアタック!!」 ビュッ
野沢「うわっ、危なっ!」 ガシャン
ぬらり「はやおーーー!!」 ジブリ
高山「せ、石像が刺さった。」

ぬらり「もう許さん…マジで許さん鬼太郎ども…」
野沢「ええーっ今のはお前の自業自得じゃないか。」
ぬらり「くらいやがれ!超必殺・妖気合体!!」 ばばーん
高山「肩車なんかしないでくれよこんな狭い部屋で!!」
ぬらり「細田守の偉大さを知れーーー!あ、避けられた!!背中痛ーーーッ!!!」

グラグラ

戸田「ん!?じ、地震…!?」
ぬらり「あっいかん!今の衝撃で妖怪城が崩れそうだ!」
戸田「崩れそうなのか!?」
ぬらり「実はこの妖怪城急いで適当に造ったから柱とか結構ゆるゆるなのだ!」
野沢「ゆるゆるなの!?」
ぬらり「チクショー!こんなことなら貴様ら如きに伝説の技を使うべきではなかったわ!」
松岡「伝説の技だったの、今のが?えっと…妖怪肩車?」
ぬらり「妖気合体だ!」
高山「どっちでもいいですよ!それより兄さん、早く外に逃げ…」

まひるっ ベシャ

ぬらり「私は…諦めないぞ鬼太郎ども…!がんばって続けてみるぞ………コスプレ。」

らーらら ららららー