※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

入門編・5
シューティングゲームもどきを作る

シューティングゲームを作る

今回から、自作のシーンを使ったシューティングゲームを作ってみます。
いきなりゲームとして遊べるようなものではありません。
まずは背景の表示、次に自機の表示、そして自機の移動、と地道に行きましょう。
最終的には、まあ、ゲーム?と言えなくもない?ようなものが出来るはずです。
なお、この講座の素材は全てオリジナルで、著作権は放棄していませんが自由に使って構いません。
というか、使えるようなレベルのものでもないですが。

Scene_Shootingを作る

前回、全てのシーンのmain関数は同じ構造(Scene_Baseからの派生)だと言いました。
シューティングゲームも、そのあたりは同じなので、Scene_Baseから派生させて、Scene_Shootingを作ってみましょう。
ここに素材を置く、の指示の下の位置に、Scene_Shootingを追加します。
そして、Scene_Baseの内容をコピー・ペーストします。main関数はScene_Baseから引き継ぐので不要です。main関数を削除します。同様の理由で、terminateより後ろのメソッドも全て削除します。
そして、できあがったのがこんなクラスです。

#==============================================================================
# ■ Scene_Shooting
#------------------------------------------------------------------------------
#  シューティングゲームのクラスです。
#==============================================================================

class Scene_Shooting < Scene_Base
 #--------------------------------------------------------------------------
 # ● 開始処理
 #--------------------------------------------------------------------------
 def start
 end
 #--------------------------------------------------------------------------
 # ● トランジション実行
 #--------------------------------------------------------------------------
 def perform_transition
   Graphics.transition(10)
 end
 #--------------------------------------------------------------------------
 # ● 開始後処理
 #--------------------------------------------------------------------------
 def post_start
 end
 #--------------------------------------------------------------------------
 # ● フレーム更新
 #--------------------------------------------------------------------------
 def update
 end
 #--------------------------------------------------------------------------
 # ● 終了前処理
 #--------------------------------------------------------------------------
 def pre_terminate
 end
 #--------------------------------------------------------------------------
 # ● 終了処理
 #--------------------------------------------------------------------------
 def terminate
 end
end

わずか四十行。これが、クラスとして最もシンプルな形です。現在、これは何もしないクラスですが、このクラスを実行してもバグにはなりません。シーンとしてちゃんと成立しています。

最初のシーンをScene_TitleからScene_Shootingに変更する

Mainの、最初のシーンを指示する行の、Scene_TitleとなっているのをScene_Shootingに変更します。
これで、最初に実行されるシーンがScene_Shootingになりました。
実行してみましょう。ひたすら真っ暗だったら成功です。
次回から、このまっさらなシーンにコマンドを一つ一つ入れていきます。

一つ注意。現在の段階では、フルスクリーンで実行すると終われません。
ウインドウモードで起動してください。
もしフルスクリーンになってしまった場合、Alt+F4キーで強制終了します。


  • すごくわかりやすいです!!
    わかりやすい講座を探していたのでありがたいです。
    続き楽しみにしています! -- (名無しさん) 2009-04-11 17:41:26
  • コメントありがとうございます。
    こんなに早く反応があるとは……。
    ヘルプの解説を含め、シーンの構造などを説明しているものが
    ほとんどなかったのが不満で、作ってみました。
    本当に実はあんまり分かっていないので、至らないところも
    多いかと思いますが、よろしくお願いします。 -- (管理人) 2009-04-11 18:58:22
  • すいません、『自機を表示する』の記述に誤りがありました。
    updateの中身を書かないと、自機の位置が正しく反映されません。
    記事を修正しておきます。 -- (管理人) 2009-04-14 21:59:20
  • ツクール古参ですがRGSSに四苦八苦でした(^^;)
    が、シーンの基本構造を解説した記事にガチで救われました
    応援してるんで、がんばってください!!続き楽しみです。

    -- (うきぶくろ) 2009-04-27 12:17:15
  • コメントありがとうございます。
    一番書きたかったそのあたりは書いたもののなんだか忙しい+
    自分でもRGSSの解読に手間取っているためになかなか更新できていません。
    どの程度まで書けるか分かりませんがよろしくお願いします。 -- (管理人) 2009-04-28 08:40:35
  • 敵キャラを作成する・2の最後の方に、
    updateの際に敵キャラを扱うスプライトの更新を行うのを忘れていたのを修正しました。
    イタリック体で修正が入っている部分です。 -- (管理人) 2009-05-02 22:10:23
  • UFOが見にくかったので画像に縁取りをつけました。 -- (管理人) 2009-05-04 08:56:56
  • ホントにスゴイと思います。尊敬します。
    大変だと思いますが少しずつでいいんで頑張ってください。 -- (ユウ) 2009-05-12 00:07:40
  • コメントありがとうございます。
    恐らくこれを見て作る側はすぐなんでたいそうもどかしいと思いますが……。
    ところで、今のところはちゃんとこの講座の通りで動くようになっているのでしょうか?
    一応チェックはしてますが、多少ポカはすると思ってたので指摘が無いのがむしろ意外です。 -- (管理人) 2009-05-13 21:11:52
  • 大丈夫です。ちゃんと動いています。
    頑張ってください。続きが楽しみです。 -- (ユウ) 2009-05-18 01:06:59
  • 1段目と言われている部分は『RGSS2』
    2段目と言われている部分は『プリセットのスクリプト』
    と言われると、より解り易い表現なのでは? -- (通行人) 2009-11-05 12:48:40
  • @enemies[i] = Game_Enemy.new(200 + rand(312), rand(384))
    ↑argumentErrorが発生しました。wrong number of arguments(2 for 0)
    どうすればいいでしょうか、頼みます。
    -- (help me!!) 2010-01-05 00:22:50
  • マウス入力はできますぜ。
    Win32とかなんやらをつかって。
    キーボードもできるみたいですが見つかりません。
    探してます。 -- (シャミラ) 2010-03-24 05:28:28
  • 勉強させてもらってます、とても参考になります。
    入門編・10 にあるGame_Ememiesのクラスの
    attr_accessor ;s_enemies ですが、;を:に変えないとエラーを吐きますので
    コピペでやった人は修正した方がよさそうです
    -- (邯鄲) 2010-09-04 17:27:18
  • @enemies[i] = Game_Enemy.new(200 + rand(312), rand(384))
    ↑argumentErrorが発生しました。wrong number of arguments(2 for 0)

    Game_Enemyクラスって最初からありますよね。
    それが原因では? -- (ぽん) 2010-10-03 23:11:42
  • 製作初心者なのでとても助かります!! -- (ありがとうございます!) 2011-02-05 12:44:03
  • セーブ/ロードまわりはMarshalを使ってスクリプトで記述されていますし、
    ファイルの読み書きもRubyと同様にできますから、
    セーブやロードをいじるのはスクリプト操作でできることでは? -- (ななし) 2011-05-20 13:04:19
  • ダンジョンなら3D化できると、下記サイトに書いてありました。 -- (だれかさん) 2011-08-18 07:26:19
  • アルバイトはじめましたd(´∀`*)グッ♪ http://64n.co/ -- (私だ) 2012-01-09 04:49:41
  • 風俗店を探よりココ!!男性は報酬あり!d(´∀`*)→ http://www.44m4.net/ -- (江梨子) 2012-08-20 17:11:02
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
添付ファイル