練丹の狩りの仕方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦闘日記へ戻る


練丹の狩りの仕方!


とりあえず箇条書きでw

狩り方は2種類ある。
妖術同様逃げ狩りか攻撃等と同じガチかのどちらか。

逃げ狩りの場合
閃光・気閃刃を利用し逃げながら気閃撃を打ち込んで倒す。
妖力が必要になる為武器は杖で。
装飾品は首飾りがいいだろう。
閃光・気閃刃の効果がなくなったら混乱で足止めし、距離を置いて閃光・気閃刃→気閃撃の繰り返し。
リスク:逃げる場所が必要。妖術ほどの火力は無い為時間がかかる。割としにやすい。
メリット:防具はなんでもいい。ぶっちゃけ裸でもOK。

ガチ丹の場合
補助が重要。攻撃に妖力は無関係なので武器は棍か鐘でOK。
痛覚麻痺・活性化・効能強化・再生・体力上昇 これはもはや必須。
他に戦闘中に気力が無くなる恐れがある為瞑想。
緊急回復用に簡易回復。
攻撃技能は閃光・気閃刃・呪詛散布。
やり方はこうだ。
痛覚麻痺・活性化・体力上昇を予めかけておく。
次に準備時間の長い閃光を最初に叩き込み敵を1匹釣ってくる。
敵が傍にくる間に再生・効能強化をかける。
敵が傍にきたら気閃刃を打ち込み呪詛散布で削る。
再生がきれたら、残り体力が半分以下の場合簡易回復を入れて再生をかける。
再生効果中に閃光・気閃刃を撃ち、デバフがあるうちに呪詛散布で削る。
これを延々と繰り返す。
かなり忙しい。
リスク:防具の耐久が凄まじく減る。火力が無いので時間がかかる。
メリット:狭い場所でも狩りができる。慣れればまず死なない。