※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下、ブログ投稿を転記

平成19年3月から4月にかけて時代劇チャンネルで再放送。
役所広司氏は富子が幼少時代過ごした椿の庄のリーダーである伊吹三郎。
応仁の乱勃発後、「日野家に割り符を届ける」という設定で突然登場。
椿の庄は本来日野家の領地だからこのような展開はあったはずたが、富子自身の記憶が操作されていたことをふまえて、話に出てこないという設定か。
このとき畠山義就に拘束され、被官になることを強要されるが、断固拒否。脱出。
また同じ頃、関所設置に対して打ち毀し抵抗。富子の椿の庄下向となるが、「権力に抗う庶民」としては不同意、決裂。
その後この動きは南山城一帯に広がり、「惣国」(いわゆる山城国一揆)となる。
数年後、細川政元により「惣国」の切り崩し、椿の庄も攻撃され壊滅。
三郎は生死不明だったが、河内国にいた宿敵義就を討ち果たす。

中盤まで登場無し
登場後は、ほとんど毎回斬り合いシーンあり
最終回での役どころも佳し
(ブログ07/5/6)