※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

例によって初日の初回で鑑賞。
観客は50人くらいだったか。
比較的年齢層が高い構成なるも、何故か男子小学校高学年~中学生という、この映画のターゲットからは外れているであろう二人組がいた。

開始早々、本田博太郎氏の登場に(事前にアナウンスされていない役であるだけに)着目。

この後も、一寸した役で益岡徹氏(役所氏と電話のやりとりだけで共演するのは「東京原発」に続き2回目と思われる)や田山涼成氏の登場が目を引く。

役所広司氏の弁護士役は3回目だが、今回初めて「本物の弁護士」の役。
(前2回は「恐怖の24時間」「合い言葉は勇気」)
法廷劇としても、「合い言葉は勇気」の時の演技と比較してみるのも面白い。

家宅捜査で出てきた「もの」を証拠として突きつけられたときの台詞。
関心がある→実行する という因果関係は、全くないとは言えないが・・・・

小日向文世氏がこれほどの「憎まれ役」(悪役ではない)をやっているのも珍しいかもしれない。

結末は事前の情報から予測は出来るが、ここに至る経過の意味を考えさせる映画であろう。

この作品で加瀬亮氏が改めて着目されるであろうことは間違いない。
(ブログ07/1/20より転載)


映画の公開というのは土曜日が相場であるから、翌週の月曜日のワイドショーでは舞台挨拶の模様という映像が使われることが多い。
しかしながら、公開される映画は数多いわけだから、舞台挨拶がネタになるためには、作品そのものの着目度もさることながら、舞台挨拶自体が面白い内容であったかが重要となろう。

今回「それでもボクはやってない」の舞台挨拶では、役所広司氏による

「『それでもボク、はやってない』になると困るのでよろしく」

というコメントが、今日のワイドショーネタになったようである。

振り返ってみると、役所氏は結構舞台挨拶という場で「ワイドショーがネタにしたくなるコメント」を言っていることが多い。
本人が悩みながら考えているのか、周囲のアイデアなのか、それとも純粋な即興なのかは不明だが、作品を周知することに対する情熱のようなものを感じる。
(ブログ07/1/22より転載)