※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予定通り(実は開始時刻を間違えて初回は見逃したが・・・)「SAYURI」を鑑賞。


恐らく映画としてどうこう(メインキャストが日本人ではないということが多そうだが)というレビューは山ほどあるだろうが、ここは本旨に立ち返り「役所広司氏の登場場面」に着目したコメントを後刻のホームページアップの為に残すことにしたい。

  • 役所広司氏演ずる延は、物語中盤になって登場する。最初の登場シーンは相撲観戦場面であった。筆者は「いよいよ役所広司氏の登場だ」と待ち構えていたが、周囲の観客にとって「舞の海の登場」に相当のインパクトがあった様子。
  • 相撲・商売・戦争が人間の全てと語る延は、人生を勝負と位置づけているところで、まさに劇場キャストポスターのキャッチ「野望」そのものの印象
  • 初対面からさゆりを気に入るも、相手はその先の人物を見ているという哀しさ。
  • 色街の機微を承知の上で行動している会長と、融通が利かない延。この対比に「戦前」「戦後」を感じたのは私だけだろう。
  • ストーリー上は、終盤の行動の端々から「憎まれ役」ではあろうが、実際には延のような行動をとってしまうのが人の性であろう。
(ブログ05/12/10より転載)
添付ファイル