※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このサイトを開設した当初は、私自身が初期役所作品についてよく知らなかったこともあり、色々な方から情報をいただいていた。
その中でも驚いたのはこの「おんな太閤記」への出演である。当時私は知らなかったのだが、コアファンには周知の事実だったようだ。
当初は出演ビデオもファンの方からのご好意で入手することができたが、その後CSで放送されたので、改めて録画することが出来た次第。

役所氏は第22回「長浜の別れ」のみに登場する。この回は本能寺の変直後から始まり、淀殿が秀吉に対抗する形で柴田勝家のもとに嫁いでいくまでの話である。
役所氏は信長の三男信孝として2シーンに登場する。最初は山崎の合戦直前の秀吉軍の軍中にひっそりと座っている。ここでは台詞は全くない。次のシーンは信長の後継として嫡孫三法師を担ぎ出した秀吉に対し、激怒した信孝が叔母に当たるお市の方の元に行き柴田との縁談を勧めるというところである。

このシーンはいわゆる「橋田風」の長ゼリフであり、信孝の役どころもなかなかポイントの高いところである。とくに役所氏が夏目雅子演ずるお市の方に勝家のもとに嫁ぐことを迫る場面は、まさに「熱い演技」だ。
この時の演技の印象が制作スタッフに残った結果、「徳川家康」における信長役になるのだから、端役といえども疎かに出来ないものである。
(初稿98/3/6・改訂07/10/23)














()