※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

教官室編、自転車編

安田火災の「教授シリーズ」はなかなか味のあるところだ。管理人は「教官室」ヴァージョン2本、「自転車」ヴァージョン1本を確認している。ところが、演出的に面白い「教官室」ヴァージョンは何故かほとんど見たことがない。日本テレビ「きょうの出来事」がポイントらしいが、毎日スポンサーが違うらしく、幸運にも安田火災に当たったのは1回だけであった。それに対し、坂道を猛スピードで落ちていく「自転車」ヴァージョンは一時期よくオン・エアーされていた。この差はいったい何だったんだろうか?(98/10/26)



誕生日プレゼント編

安田火災の「教授シリーズ」については一部情報で「キャラクター契約が終わったのでは?」というものもあったが、9月に入ってニューヴァージョンのオンエアが始まった。今回はこのシリーズに一貫して共演している女性(大学の助手?)に役所教授が「誕生日、何が欲しいのかな」と訊ねる。しかしその問いに答えるのはこの女性ではなく、突然現れる自動車保険を欲しがる色々な世代のユーザーである。そして決めゼリフ「安田火災にきいてみよ」で終わるというもの。このシリーズは役所教授の驚きの表情と決めゼリフの情けなさが面白いのだが、今回も「失楽園」を意識したような前半部と後半部との落差が大きく、なかなか印象に残るCMとなっていると思う。(99/9/30)














()