メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
右下
安倍 伶(あべ れい)♀・17歳

  安倍晴明の子孫。
  陰陽道を使って悪霊共をぶちのめすのが日課。
  先祖である安倍晴明の霊を引き連れている。
  冷静沈着で、人付き合いが嫌い。
  そのため、高校にはほとんど通っていない。


右上
安倍 晴明

  生前、成仏する事が出来ないという呪いをかけられ、
  現代まで霊体となり漂っていた。
  伶に負けず劣らず冷静。だが一応、一般常識もある。
  割とツッコミ役。


左下
藤原 碧(ふじわら みどり)♀・17歳

  ごくごく普通の女子高生。
  …のはずなのだが、どうやら霊に取り付かれやすい体質らしく、よく狙われる。
  一度、伶に悪霊から助けてもらってから、伶と一緒にいるようになる。
  実は小説やらなんやらの影響で、安倍晴明の大ファン(?)
  初めて霊体の安倍晴明を見たときには興奮しすぎて気絶したほど。


左上
紫苑(しおん)♀

  安倍晴明が生み出した式神の内の一人。
  妖術を使い、彼の右腕として戦っていた。
  安倍晴明が大好きで、よく彼に色目をつかっている。
  よく碧と彼の取り合い?で喧嘩している。




鴨頭草(つきくさ)♂

  安倍晴明が生み出した式神の内の一人。
  人間ではありえないような怪力を持ち、自らの拳を武器に戦う。
  見た目もたくましく、近寄りにくい雰囲気を持つが、
  心はとても優しく穏やかで、動物によく好かれる。
  安倍晴明以外の人間の命令は全く聞かなかったのだが、
  伶の命令は別のようだ。
  牡丹(後述)とは兄妹…らしい。


牡丹(ぼたん)♀

  安倍晴明が生み出した式神の内の一人。
  見た目は幼女で、表立って戦う事はないが、
  傷を癒すという不思議な力を持っている。
  鴨頭草とは兄妹らしく、兄に似て穏やかな性格。
  「おしとやか」という言葉が似合う少女。
  メンバーの良心。いるだけで心が癒される。


土御門 麻弥(つちみかど まや)24?・♀

  土御門家の正当な家系の末裔。
  陰陽道の中でも、呪いに関する部分は伶に匹敵する程の能力の持ち主だが、
  他の部分はどうしても伶に適わない。
  伶は正当な血縁ではない(と彼女は思っている)のもあり、
  そのせいで伶に対して良い感情を持っておらず、
  またそれがコンプレックスでもある。
  いつも不敵な笑みを浮かべている女性。
  見た目はいいとこのお嬢様風。少しスイーツ(笑)くさいかも。


土御門 千代(つちみかど ちよ)♀

  土御門家・現当主。
  80を越えるおばあちゃん。多分4頭身ぐらい。
  伶の口の悪さを飄々と受け流す大物。
  普段は腰が悪いとかでずっと屋敷の中にいるが、
  本気で戦うと、伶も適わない程強いらしい。
  麻弥の“本質”をある程度見抜いており、そこも含めて
  (勿論、実力も鑑みて)次期当主を伶にしようと考えている。
  だがその一方で、もともとは土御門家として生きてきていない
  =一般人であった伶をこの道に半強制的に引き込み、辛い思いをさせているであろう事に、
  そうする事しか出来なかったとは言え、少しだけ罪悪感を感じている。


土御門 総一郎(つちみかど そういちろう)22・♂

  麻弥の弟。陰陽師としての実力はあまり無い。
  それ故に土御門家での立場は狭いが、それでも清く真っ直ぐ生きようと心がけている。
  気が弱く、いつも伶にはタジタジになっている。
  だが、土御門家の中でも数少ない伶の理解者であり、
  伶もそれを知ってるので、総一郎の事は嫌ってない。
  (だがあくまでも嫌ってない、というだけである。)
  いつも神社の神主のような格好をしている。(巫女服の袴が水色のやつ)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル