メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集

没作品、製作中止作品の設定置場2 旧型エーテル世界


	...	
(「エーテルの海」に浸食されている)世界

エーテルの海って?

液体状の存在。
さまざまな物質を溶かしながら、世界を侵食している
「エーテルの海」の正体

   * 狂った精霊たち(これに触れた精霊がまた狂い・・・の繰り返し)
   * 魔の邪気に当てられた海水
   * 実は巨大な液体状の魔物

(これも未定。シナリオによって使い分ける)

当然元からあった大地は侵食され、消えていく
そのため人は「塔」を建て、その上に逃げるように住み始めた
しかし材料である資源が溶けて消えていくせいで、
塔は一定の高さから作れなくなった。
逃げ道を失った人々たちは、じわじわと迫る終焉の予感を感じている・・・。

エーテルの雲
液体状のエーテルは、気温の高い夏の日などに、希に気体になる事がある。
元であるエーテルの性質と同じ性質を持っている上、
「塔」の広範囲に発生するため、しばしば人間も巻き込む。
影響を受けた人間は、体内の精霊を狂わされ、モンスターになり、
周囲の人間を襲うため、非常に危険である。
これを解決するのが、「浄化」と呼ばれる技術である。

浄化

主人公たちの属する、「救世神教」の信者のみが扱える。

<方法>エーテルで狂わされない光精霊を集め、体内に送り込む。
しかし、普通の太陽の光程度では効かないため、
何らかの道具(鏡などを使った武器、トラップ)を使うことが普通である。
簡単な儀式で光の精霊を集めるということも可能だが、
時間がかかるため、何人かの戦士に守ってもらわなければならない。

救世神教
教祖テュガイアが立ち上げた、運命の神オルセレアに善き行いを報告することで、
悪しき運命から守ってもらうという宗教。
エーテルによりもたらされる、様々な問題の影響で、かなりの勢いで信者を獲得しつつある。
「善き行い」として、エーテルの雲の影響でモンスターと化した人々を浄化している。
何のためなのか浄化の技術を独占、秘密にしているが、
「利益を独占するため」という噂が一番である。
アイオス、ルデリア、オーレル(キャラクタ欄参照)も所属。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|