メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
色サンプルのページ。


オレンジ

現状維持

文章は適当です。あまり気にしないように。

 ある荒野の一角に、その小屋はあった。
 生き物の気配は無く、立ち枯れた草が生えているだけのその場所で。
 小屋の周辺だけは青々とした芝生が茂り、中庭には美しい水をたたえた池まである。
 あまりに不自然なその小屋の一室。
 その小屋の主であり、唯一の住人が分厚い本を険しい表情で読み進めていた…のだが。
 パタリ、とその本を閉じると、
「あふー…」
 というよく分からないうめき声を上げて、机に突っ伏した。



水色

色コード:cornflowerblue

文章は適当です。あまり気にしないように。

 ある荒野の一角に、その小屋はあった。
 生き物の気配は無く、立ち枯れた草が生えているだけのその場所で。
 小屋の周辺だけは青々とした芝生が茂り、中庭には美しい水をたたえた池まである。
 あまりに不自然なその小屋の一室。
 その小屋の主であり、唯一の住人が分厚い本を険しい表情で読み進めていた…のだが。
 パタリ、とその本を閉じると、
「あふー…」
 というよく分からないうめき声を上げて、机に突っ伏した。



灰色

色コード:lightslategray

文章は適当です。あまり気にしないように。

 ある荒野の一角に、その小屋はあった。
 生き物の気配は無く、立ち枯れた草が生えているだけのその場所で。
 小屋の周辺だけは青々とした芝生が茂り、中庭には美しい水をたたえた池まである。
 あまりに不自然なその小屋の一室。
 その小屋の主であり、唯一の住人が分厚い本を険しい表情で読み進めていた…のだが。
 パタリ、とその本を閉じると、
「あふー…」
 というよく分からないうめき声を上げて、机に突っ伏した。



色コード:firebrick

文章は適当です。あまり気にしないように。

 ある荒野の一角に、その小屋はあった。
 生き物の気配は無く、立ち枯れた草が生えているだけのその場所で。
 小屋の周辺だけは青々とした芝生が茂り、中庭には美しい水をたたえた池まである。
 あまりに不自然なその小屋の一室。
 その小屋の主であり、唯一の住人が分厚い本を険しい表情で読み進めていた…のだが。
 パタリ、とその本を閉じると、
「あふー…」
 というよく分からないうめき声を上げて、机に突っ伏した。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|