メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
自らの生み出した世界の理をここに記録せよ……

無駄な世界など何一つありはしないのだから――――

バナナな人 ◆Ap8aQWhlek

+...
無限に広がる白紙

メカまっしぐら ◆2AUSteVV.k

+...
アルターフレーム

火星統合軍が開発した戦闘用ロボットの総称。
A.L.T.E.R
すなわち
Armored
Link&
Tactical
Equipment for
Revolutionize
(革命をもたらす装甲した連携、戦術装備)
の要素を持ったフレーム=機体の意味を秘めている。
火星開拓用の特殊車両を原点として、局地的な戦場や過酷な環境でも高い戦闘性能を誇り
同時に人型であることにより敵に圧迫感を与えることをコンセプトに開発された。

従来の兵器と異なり、
  • 悪路や急坂、障害物の多い状況でも戦闘行動が取れる
  • 非接触式ネットワークで情報を共有する「リンカーシステム」による情報伝達
  • 補給の必要性を低減する高効率ジェネレーター
  • 作戦によって容易に換装できる様々な武装
など、数多くの点で優秀性を認められて火星統合政府軍で正式採用されるに至った。
機体によって多少の差があるものの、殆どの機体は量子バッテリーセルと呼ばれる
一種の圧縮量子エネルギー電池によって稼動し、非戦闘モードなら最大900時間、戦闘モード稼動時でも150時間活動できる。
(移動や索敵を伴わない単純な乗員の生命維持状態ならその5倍以上)
全高は12~15m前後のものが殆どで、多くの機体が高速機動用のダッシュホイールを装備。
また、整備や修理の面を考慮し、同世代のAFなら簡単な調整でパーツの交換が可能なように設計されている。

ユルドゥルム ◆e2m2urSasU

+...
大陸にはいくつもの国家が興っていて、それぞれがさらなる繁栄を目指してしのぎを削っている。
その中でも最大の力を持つのが大陸東部沿岸と周辺諸島群に広大な国土を持つ「帝國」。
かつては大陸のほとんどを領土にしていた大帝国だったが、150年前の大戦で半ば解体のような形で
領土の割譲や地方の独立を受け、最盛期に比べると実際の領土は四分の一以下。

しかし戦後奇跡的な復活をとげ、経済力と外交手腕を駆使して再び強国に返り咲く。

膨張主義政策をやめた「帝國」は、今度はその1500年に及ぶ伝統、文化、プロパガンダの力を用いて
周辺諸国に多大な影響を与えるようになった。
大陸の状況はほとんど大戦前の状況に戻っていた。

主人公は150年前に帝國から独立した国家(元は帝國の地方政権)の農村の住人。
生活は決して楽ではなかったが、彼にはいつか村の外へ出て行ってやるという夢があった。
そんな彼の村へ、ある日田舎芝居の一団がやってくる。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|