メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
一つの世界観から織り成される物語達

『世界観』

世界の法則から外れた、背理の法則――『魔術』が密やかに存在する現代。
神の奇跡を機械的にシステム化する事で、現象として発生する魔術は、古代と現代では意味合いが全く異なるもの。
古き遺業は、新しき偉業に駆逐される。英雄が勝利する時代は終わり、古代の魔術は失われつつある。
「平均化」。何かに突出し特化した理想的な古代魔術は、理論的に平均値で固められ、常に変わらぬ性能を発揮する現代魔術により滅びを迎えつつあった。
剣が銃に勝てようか。馬車が戦車に勝てようか。古代の英知が、機械的に精密な解釈を続ける現代科学に勝てようか。
――時は現代。新生魔術が、真正魔術に終わりを告げた世界。

CHIMERA 設定


魔法少女は希望を歌う 設定


魔女は幽玄を彩る徒花 設定


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|