メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
【藤堂=アイブリンガー抗体】
(Todo=Aiblinger:Antibody)
藤堂博士とアイブリンガー博士
によって発見された抗体。
特定遺伝子変異体の体内のみで生成される。これにより内外の特別な力を中和している模様。

【ベルリン流血革命】
無差別人間爆発テロから始まり最終的に一国家の軍部・首脳部を掌握するに至った革命。

【一週間戦争】
ベルリン革命を経て勃発した大規模な戦争。血の一週間とも。

【フラガラッハ】
最強の魔剣のごとく、地球上の如何なる場所の外敵をも灰に帰す。別名アンサラー。衛星砲の一種でヨーロッパ諸国が共同開発した。破壊力は凄まじいが、充電期間が長い。一国の承認だけでは照射不可能であり、欧州で最も力を持つ5カ国の同意により成立する。


【特定遺伝子変異体】
20年前の隕石飛来時のウイルスに感染した人間が最初の特定遺伝子変異体だとされる。遺伝子的に異常があるかなり人間に近似している人間の総称。

【先天性特定遺伝子変異体】
発見当時、確認されたのは一個体のみだったが、5年ほど前から少しずつ増加している。
大抵、十代前半から半ばにかけて覚醒が訪れる。

【後天性遺伝子変異体】
異常の無い人間が藤堂=アイブリンガー抗体を取り込んだ場合に覚醒する場合がある。上との違いは能力があまり複雑なものにならないこと。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|