メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
名号:禍津神 天迦
位階:九重の天・第三の環

  • 神威 洛迦韋夜
三億由旬の刃が宇宙を焼斬した
奔る刃は焼灼の理 斬られたら微塵も残るまい

  • 天則 稜威 天之影


  • 天祓 天原燎ゆる譴責神域
定められた法則は「遠理の火」の全天支配
支配圏内の存在・事象・概念・非存在は一切が燃え去り消える

神(かれ)の意識、その深層に眠るは一劫願い続けた”灼失”の情
星が 宇宙が 総ての世界が妬け堕ちる”滅失”の意
神(かれ)其の物が焼灼の火であり、全次元に拡がる神威である
万象の一切を超越した破滅の神威でなければ干渉すら許さぬ、正に譴責の域
故に 神(かれ)を討ち果たす事は無論、接触する事も能はず、九重の天すら朽ち果てる天祓の執行以外では諍えない。


【古神咒】

三界に在らず 三垢に離れ 三門に准ず
Es ist nicht auf drei Grenzen

一相ならず 異相ならず 自相せず 他相せず
wird nicht herausgetragen wird nicht ausgeführt

寂滅を観ずれども また永く滅せず
Es kann nicht ruinieren, sehnen Sie sich wieder

来たらず去らず 出でず入らず 
Geist dersein anwesend in spricht aus

当に有らんこと無く 今有ること無し 
Ohne es ist jetzt nicht in diesem mit keinem Sein

諸法は幻の相の如し 沒とは虚誑法の敗壊の相たり
Die Phase eines Phantoms ist von das Methode

衆生を化せんが為の故にて ただ闇を滅するのみ
Obwohl eine Kreatur nicht verwandelt wird ist es


天祓―天原燎ゆる譴責神域
Athiel―Freyja Brisingamen

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|