メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集

【統一銀河連邦】

 全盛期には銀河系の七割を支配していた連邦国家。
 前身は“大喪失”によって太陽系を追われた難民たちの「統一船団連邦」であり、
これが銀河系各星域へと拡散しながら惑星の開拓やコロニー建設を進めていった。
船団が役目を終え、人類が無数の太陽を己のものとしたとき、船団連邦は銀河連邦へと
名を変えた。本編より千年以上前のことになる。
 現在は権力構造の最上部が腐敗し切って硬直、反連邦勢力の台頭を招いている。
 腐敗を指摘されるに至った理由としては、連邦政府と星間企業が重要技術を独占し、
市民がそれら技術の恩恵を充分に受けられていないことが挙げられる。権力に
執着するあまり、テクノロジーを支配のツールとして使う大企業らと政府。その打倒が
革命軍“ザナドゥ”の大義名分の一つでもあり、市民の支持を受ける。
 また連邦は、圧倒的な技術格差を背景に、シングラルなどの超兵器を用いて反対勢力の
弾圧を繰り返してきた。その結果、問題を長期の働きかけで宥和的に解決するよりも、
手っ取り早く武力で片づける武断統治に慣れ切ってしまっている。そうした歪みの蓄積が
ニコラス・ノースクリフという傑出した個人を焦点に結んだ像こそ、銀河を二分する戦争である。
+ 「賽は投げられた。では、ルビコンを渡るとしましょう」
+ 「一枚岩には程遠い、ひび割れた化石さ」

【解放星団<リベレーション・クラスター>】

 銀河系の四割を勢力圏に収める反連邦勢力のネットワーク。
 現在中心となっているのは革命家ニコラス・ノースクリフ率いる義勇軍“ザナドゥ”であるが、
彼の登場以前から“星団”自体は存在していた。しかし当時の“星団”はネットワークと
銘打ちながらも有機的な連携を欠き、あろうことかCJPO(連邦統合治安維持機構。通称メガリス)
と癒着して、軍需産業に利益を供するための制御された低強度紛争を演じている組織すらあった。
これをニコラスが粛正・再編し、連邦の支配圏を半分近く削り取る巨大な勢力にまで
編み上げたのが現在の“星団”である。とはいえその巨大さゆえ、末端ではニコラスの
目が届き得ない部隊もあり、そうしたところでは軍規の乱れも見られる。民衆のための闘争を行う
革命者としてクリーンなイメージを保たねばならないニコラスにとって、こうした足手まといの
味方は敵以上に厄介な存在でもある。一部は実際に連邦のイメージ工作が混ざっている。
+ “ザナドゥ”について

【宗教自治星区“ブラーフマナ”】

+ 名称について
 新興宗教コミュニティ“マハブラーモ・サマージ”による自治が連邦に認められている星区
(星区は星系を複数束ねた行政単位)。新興とはいえその源流は古く、人類が地球と
太陽系圏を追われた“大喪失<グランド・フォーフェト>”の直後に生まれた宗教団体が
彼らの始祖とされる。
「テクノロジーを人為に任せるから悲劇が起きる。神意にかなう形で運用することによってのみ、
テクノロジーは真に人間を幸福にする」という思想が中核にあり、訓練された高位聖職者集団
“大人(うし)”によるテクノロジーの徹底管理を政治の要旨とする。彼らの用いる地球文明
由来の遺失技術は、ブラックボックス化され「魔術」と呼ばれており、それが人智を越えた
(つまり神とその僕たる聖職者らのみに扱いが許される)力であることを示している。
すなわちブラーフマナの統治システムは神権政治とシャーマニズム的呪術国家の皮をかぶった
テクノクラシーであり、正体を隠すものが違うだけで実質的には連邦と同様。テクノロジーを
支配のツールにする手口の徹底ぶりでは連邦を越えている。
 教義はヒンドゥー、仏、キリスト、イスラム、ゾロアスターなどの宗教用語・神話を混成して
作られている。北欧やギリシャの古代神話、ユダヤ民間伝承までも取り込んだその教えは
要約不可能なほどの混沌。しかし矛盾すら許容する混沌ゆえに間口が広く、本来宗教とは
相容れぬ概念であるはずの多様性を内包するため、信者は多い。多様性が可能であるのは、
何よりも信仰を示すのが行動や生活態度であるとされているため。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|