メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集

歴史・社会関連


【特異点戦争~大喪失<グランド・フォーフェト>】

 いまや真相を知る者は一握りしかいない、神話と化した地球最後の戦争。
 A.D.2436、第一種自律知性“偶像占い師(イドロマンサー)”が起こした人類への叛逆が
発端とされる。地上の国家群と太陽系各地のコロニーが人類の危機に一致団結し、
イドロマンサーの生み出す知性化機械群に対抗、辛くも勝利を収めた。しかし最終作戦
“オペレーション・カーディナル・デイブレイク”のさなか、太陽にAI側の人工ブラックホール
弾頭が落下。これにより人類は、ブラックホールが太陽コアを崩壊させる前にその爆発半径から
逃れることを余儀なくされ、600年にわたる流浪の船団連邦時代が幕を開けた。
この一連の流れ、特に人類が地球を失い、総人口の半数以上を残して太陽系圏から逃げ出した
最終局面のことを“大喪失<グランド・フォーフェト>”と呼ぶ。
 人類文明は数百億の人命と故地を失い、文化や科学の水準も後退を強いられた。なにより
人々の中にテクノロジーへの恐怖が植え付けられ、その徹底管理が政治に求められた。
 しかし「なぜ幾重もの安全対策が施されていたはずの自律知性が創造主に反旗を翻したのか?」
など事件の真相については不明瞭な点が多く、それを追求することもいまとなっては許されない。
地球失陥こそは人類の新たなる原罪であり、連邦の支配を支えるテクノフォビアの源泉だからである。
+ 「ネタバレは人類のためにならない、と判断いたしました」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|