※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲームの進行


ゲームは計6ターンで、ダイスで決定された以下のいずれかのイベントが1ターンごとに行われます。6ターン分のイベントはゲーム開始時に発表されます。


  • 『臨海学校』(季節は夏、みんなで海へ)or『夏休み』(夏祭りや花火大会、宿題に注意)
  • 『体育祭』or『マラソン大会』…………最も体力の高いキャラ同率1位が全員の好感度+1
  • 『クリスマス』(学校はお休み)or『バレンタイン』…………最も容姿の高いキャラ同率1位が全員の好感度+1
  • 『正月』(みんなで初詣へ)or『文化祭』(出し物は自由)……最も金力の高いキャラ同率1位が全員の好感度+1
  • 『期末テスト』or『受験』…………最も知力の高いキャラ同率1位が全員の好感度+1

6ターン目イベントは固定で『伝説の木の下』です。

  • 『伝説の木の下』(卒業式の後、魔人どもは伝説の木の下へと集まる……/告白に必要な好感度が2になる)

例:

1ターン目:体育祭
2ターン目:夏休み
3ターン目:文化祭
4ターン目:クリスマス
5ターン目:受験
6ターン目:伝説の木の下


アクションフェイズ


1ターンは「アクションフェイズ」と「告白フェイズ」で構成されます。それぞれ一回ずつ、掲示板に自分の行動を書き込みます。

まずは、「アクションフェイズ」からです。制限時間内にあなたのキャラのアクションを掲示板に書きこんで下さい。書き込まれた順番通りにゲームキーパーがキャラの行動を処理します。そのターンでのイベントに沿った行動を行い、意中の異性の好感度をゲットしましょう(例:「体育祭で大活躍」「試験前に勉強を教えてあげる」)。

アクションフェイズで行える行動は、「ステータス操作」「脱童貞/脱処女」「特殊能力」「通常アクション」の4つです。「通常アクション」のみ、記述が必須です。ゲームキーパーはこの順番で行動を処理します。



【記述例:2ターン目「文化祭」】

キャラ名:架神恭介
ステータス操作:金力1アップ、知力1ダウン
脱童貞:赤蝮に「僕の童貞を奪って!」とお願いする
特殊能力:『おなかにつける枷』をD男に使用
アクション:体育館でバンド演奏を行い、豚の臓物とあわせて観客にカレーを投げつける。対象:A子、B男



ステータス操作

ときメモのように、あなたのキャラクターのステータスを操作することができ、1ターンのうちに、体力、知力、容姿、金力、フリースキル、精神のいずれか1ポイントをアップさせることができます。

ただし、体力、知力、容姿、金力、フリースキルをアップさせると、対応する別のステータスがダウンします。

  • 体力を上げると容姿が下がり、容姿を上げると体力が下がります(ムキムキになるとむさ苦しいし、無理なダイエットは体に毒)。

  • 知力を上げると金力が下がり、金力を上げると知力が下がります(英才教育にはお金がかかるし、バイトばかりしてると学業が疎かになる)。

  • フリースキルを上げると、金力と容姿が下がります。フリースキルを下げても、金力と容姿は上がりません。(趣味に没頭するとお金もかかるし、周囲からはオタクだと思われる)

ただし、精神は他のステータスを下げることなくアップさせることができます(バイトや勉強など、何もしなければ精神が1ポイント回復します)。

注意点としては、知力を上げようとしても、金力が既に1だった場合、自分で金力を0にすることはできないので、知力を上げることができないということです。また、キープステータスも下げることはできないので、金力がキープステータスであった場合、知力を上げることはできません(知力を下げることはできます)。また、一度0になってしまったステータスを上げることはできません。


脱童貞/脱処女

童貞や処女を失う方法は2つあります。

1つは生徒会副会長の「赤蝮伝斎(あかまむしでんさい)」に「僕の童貞(私の処女)を奪って!」とお願いすることです。処女も童貞も彼が優しく奪ってくれます。ただし、赤蝮は1ターンに先着1名だけしか相手にしてくれません。また、その先着1名が既に非童貞・非処女であった場合、赤蝮は怒って頭からバリバリ食い殺してしまいます。そうなるとゲームオーバーです。

童貞・処女を失うもう一つの方法は恋人を使うことです。恋人さえいれば、確実に童貞・処女を失うことができます。ただし、その恋人の童貞・処女も失われます。恋人が複数いる場合は、「**と一緒に童貞を失う」などと書いて下さい。無論、複数の恋人と一度に失っても構いません。相手が同性でも問題なく失えます。

※通常アクションでは、なぜか童貞、処女は失えません。気をつけて下さい。


特殊能力

自分や恋人の持っている能力を使います。1ターンで一度に使える能力は3つまでです。一度使った特殊能力は二度と使うことができませんが、ゲットした恋人の能力は、恋人が一人身の時に既に能力を使っていても、一度だけ使うことができます。また、略奪した恋人も、以前の使用履歴に関わらず一度だけ使うことができます。

例:A男がB子を恋人にし、B子の能力を使用。その後、C男にB子を奪われ、C男がB子の能力を使用。さらにC男からA男がB子を奪い返した場合、A男はB子の能力を使用できる。

例:A男がB子を恋人にし、B子の能力を使用。その後、A男はC子に口説かれて恋人にされてしまう。この時、C子は、A男の能力も、B子の能力も、もちろんC子自身の能力も使うことができる。


通常アクション

通常アクションは、イベントごとにあなたのキャラクターに取らせる行動です。キャラクターの『行動』と、その行動が影響を及ぼす『対象』を必ず明記して下さい。対象は1~2名を選択できます。1名を選択した場合は、最大で3ポイントの好感度を得ることができます。2名選択した場合は、各人に得られる好感度は最大2ポイントとなります。

例:「行動:体育祭でリレーのアンカーとして活躍 対象:A子、B子」とした場合、A子、B子、それぞれの好感度が2ポイント上がります。もし、A子だけにしておけば3ポイント上がりました。(もちろんあなたのキャラクターのステータスと、対象の性格次第ですので、一人だけ指定でも1ポイントしか上がらなかったり、むしろ下がったりすることもあります)

また、通常アクションの結果は好感度にだけ関わるものではありません。ステータス変動や、ステータス状態の変化も起こりえます。例えば文化祭で、架神恭介が「体育館でバンド演奏を行い、豚の臓物とあわせて観客にカレーを投げつける。対象:A子、B男」というアクションを行った場合、A子がDMCのグルーピーであれば、きっと好感度が1~2ポイント上がるでしょう。また、B男がイスラム教徒であれば、豚の臓物を投げられたことで非常に不快な気持ちになり、精神が1ポイント下がるはずです。場合によっては「架神への殺意」などがステータス状態に付与されるかもしれません。

ただし、どのような大規模なアクションを起こしても、対象に選ばれたキャラクター以外は影響を受けません。たとえ、学園で核ミサイルを爆発させても、被爆してダメージを受けるのは対象に選ばれたキャラクター二名までです。

なお、このようなアクションで上下できるステータスは各人1ポイントが上限で、相手のステータスを0にすることはできません。ステータスを0にしたい場合は、特殊能力を使うしかありません(ただし、精神は通常アクションでも0になります)。

※あまりに目に余る行動を取っていると、風紀委員が現れてあなたをボコボコにします(体力-1、知力-1/ただしキープステータスは下がらない)。注意して下さい。

通常アクションで可能なことと、特殊能力で実現すべきことの違いが分かり辛いと思いますが、特殊能力は「システムに関与できる力」「発動率・成功率という数字で結果の保証された行動」と考えて下さい。通常アクションでは、たとえば赤蝮を眠らせたり、他プレイヤーを1回休みにしたりすることはできません。これらは特殊能力でのみ可能なことです。また、通常アクションに対する結果は、必ずゲームキーパーが判断するため、プレイヤーの思った通りの結果になるとは限りませんが、特殊能力は発動率・成功率をクリアーしたならば大抵の場合は思い通りの結果を導けます(ただし、特殊能力の記述の仕方にもよります)。


告白フェイズ


「アクションフェイズ」の後は、「告白フェイズ」となります。原則的には、ここで恋人を作ることになります。

「告白フェイズ」では、他プレイヤー1名に『告白』するか、もしくはゲームキーパーに『電話』をして、意中の異性が自分に気があるのかどうか確認することができます。


告白

告白は1ターンに1人に対してのみ可能で、恋愛経験値の多い者から優先して告白できます(同ポイントの場合は先着順)。告白をするには、告白対象のプレイヤーの好感度を最低3ポイントゲットしておく必要があります。好感度は1キャラに対して5ポイントまで高めることができ、1ポイントごとに告白成功率が10%上がります。

告白成功率を上げるには他にも幾つかの方法があります。

  • 恋愛経験値を上げる……1ポイントにつき3%成功率を上げることができます(告白耐久力も3%上がります)。

  • 重視ステータスを一致させる……告白対象の重視ステータスと、自分のステータスの数値が同じであれば50%成功率を上げることができます。1ポイント違いであれば10%上がります。(例:A子の重視ステータスは知力で、A子自身の知力は3ポイント。A子を口説く場合、あなたの知力も3ポイントにすれば、告白成功率が50%上がります。あなたの知力が2ポイントや4ポイントであれば10%しか上がりません)

  • 非童貞、非処女になる……成功率が20%上がります。

  • ナイスな告白をする……告白をする際には、口説き文句が必要です。口説き文句次第で±30%の成功率補正がかかります。これはGKが判断します。

告白に成功した場合は、告白対象は「恋人」となりゲームから脱落します(=ゲームオーバー)。恋人を得たキャラクターは、今後、その恋人の特殊能力を一度だけ使うことができます。強い特殊能力を持ったキャラクターはみんなから口説かれまくるので注意しましょう。

※自分の重視ステータスを相手に悟らせないことで告白されるリスクを下げましょう。万一悟られてしまった場合は、相手のステータスを計算しながらうまく自分のステータスを変化させて、同じ数値にされることを防ぎましょう。

人の恋人に告白したり(略奪愛)、同性に告白したり(同性愛)することもできますが、その場合は成功率が50%下がります。また、処女や童貞に告白する場合は成功率が20%下がります。最終的な告白成功率は、ダイスを振る前にゲームキーパーが公開します。

ヒント:恋愛経験値による補正は1ポイントにつき3%です。告白時に、最終的な告白成功率が明らかになるということは、%の1の桁から相手の恋愛経験値が推測できるかも……??

 告白に失敗した場合、そのキャラクターは精神力を2ポイント失います。また、『告白カウンター状態』となり(永続)、相手が告白条件を満たしてさえいれば(そのキャラクターの好感度3以上を獲得していれば)、無条件で告白を成功させられてしまいます(どんな酷い口説き文句でもなびいちゃうよ!)。告白の失敗は即ゲームオーバーに繋がるので注意してください。



【記述例】
架神恭介、天条院沙希に告白。「キミの財力でオレにフランス料理を食わせてくれ」



ゲームキーパーへの電話

告白をしない場合は、ゲームキーパーに『電話』して(ホントに電話するわけじゃないよ)、意中のキャラが自分に興味があるのかどうか聞くことができます(1キャラのみ)。意中のキャラの重視ステータスが、あなたのステータスと一致していた場合、「かなり脈があるぜ」といった返事が返ってきます。1ポイント違いであれば「まあまあだな」、2ポイント以上離れていれば「全然ダメだな」などと言われますので、このヒントから相手の重視ステータスを判断して下さい。



【記述例】
架神恭介、ゲームキーパーに電話。「ハルヒがオレに気があるのか教えてくれよ!」



ヒント:好感度をMAXにしても、告白成功率は所詮50%止まりです。告白カウンターを考えると50%の成功率では危険すぎますね。恋愛経験値や、非童貞・非処女ボーナスは相手に相殺される可能性が高いので過信はできません。口説き文句もゲームキーパーの判断次第ですから計算しにくいです。つまり、告白の成功を確実なものとするためにはステータス操作が最も重要なのです。ゲームキーパーへの『電話』を利用して、他プレイヤーの重視ステータスを推測して下さい。


勝利条件


6ターン終了時にDLP(ダンゲロス・ラブ・ポイント)が最も多いプレイヤーが優勝です。DLPが同じ場合は、恋愛経験値が多い方が勝ちとなります。

DLPは恋人を作ることでゲットでき、恋人一人につき1ポイントを得ることができます。ただし、例えばA子さんが、B男、C男、D男の3人の恋人を持っていた場合(A子さんのDLPは3ポイント)、E男さんがA子さんを口説けば、A子さんプラス男3人分の4ポイントのDLPをゲットすることができます。


優勝特典


 今回、優勝したプレイヤーには、恋愛王「真中」の称号と、アイテム「ふわふわトーン」が贈られます。「ふわふわトーン」は、ダンゲロス本編、ならびに恋愛ダンゲロスで一度だけ使用可能なアイテムで、装備すると「色仕掛けに関する精神攻撃」を一回だけ防御することができます。