シューティング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

灯体を動かして照射面を目的の位置に調整する作業。
各照明においてシューティングの際に気をつけるポイントは異なるが、基本的にはホリにかからない、顔を当てる、谷(照射面の切れ目)ができないように、という点である。


主な照明のシューティングにおけるポイント

前明かり

演者の顔を狙いつつ、ホリにかからないように気をつける。谷ができないようにも気をつけねばならない。

単サス

バミリを狙う。

SS

主に顔をねらい、やや前からの角度にしつつもホリにかからないようにする。

地明かり

客席側に漏れないように注意。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|