アカペラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Street Corner Symphonyの主な活動である。

以下wikipediaより引用(2007/10/14現在)
1980~90年代にかけてミュージックシーンで人気が沸騰することとなった。その火付け役となったのがTAKE6などといったア・カペラグループのヒットである。日本でア・カペラ人気を牽引した立役者にはゴスペラーズが挙げられるだろう。彼らより先にア・カペラを自らの音楽に取り入れたのはチキンガーリックステーキである。2001年には、某バラエティー番組の人気コーナーに出演したRAG FAIRがアカペラブームの火付け役となった。
ポピュラー音楽のア・カペラでは、クラシックの和声的、対位的な構成だけでなく、ジャズ・ハーモニーによる構成をともなうことも多い。クラシックの合唱と異なりマイクの使用を前提とするため声でパーカッション効果を出す(ヴォイス・パーカッション、ヒューマンビートボックス)など様々な手法を用いることができる。

しかし、SCSの由来ともなった山下達郎の「On The Street Corner」は1980年の発売であり、チキンガーリックステーキ結成の1990年より10年早い。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|