コネクター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

灯体と回路を接続する部分。
型によって「T型」「C型」「ミニC型」がある。型の異なるものを接続するには変換ケーブルが必要となる。(D型もあるらしいが使用する機会はなさそうである。)
昔はT型が主流だったが、安全上の問題から新たな販売が禁止されたため最近ではC型及びミニC型が主流になりつつある。
出っ張っているか引っ込んでいるどうかで「オス・メス」に分けられる。


T型

C型
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル