コンモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一つの回路に複数の照明器具を並列接続すること。
結果として1つのch(フェーダー)で複数の灯体をコントロールすることが可能。
二又でつなぐ、同じ番号の回路にさす(主にサスバトン)、という方法がある。
パッチで同じchに設定することで同様の効果は得られる。

用法:「それとそれコンモしといて」
意味:ある灯体と別の灯体を同回路に接続して
  (この場合は2又などの具体的方法が示されていないため、現場の状態から手段を選択する)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|