SS > shando > 83・春


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

しゃんどぅ83歳の春だぞ

  • リクエストに応じたんだぜ、てやんでえ。



「……ああ、来たのか」
 春の日差しが柔らかい縁側で、俺は庭に現れた影に向って微笑んだ。
 風もなく、音もない。
 驚いたように目を見開いて、それから何か言ったようだった。
「悪いな。そこまでの能力は、俺には無いんだ」
 見えないものを会話をする能力があった人物の顔を思い出す。
 その人物ももう逝ってしまったのだけれど。
「お前ら案外律儀だな。全員、こうして最後に来たぜ、ここに」
 会話は成立しない。
 だから一方的に話す。
「お前と俺、どっちが最後かと思ったが、俺になったな」
 過去の姿で。
 一番長いこと一緒に居た時の姿で、最後の挨拶にやってくる。
 旅立つ姿を見て、置いていかれたように思うのは、身勝手だろうか。
「そろそろ逝くんだろ? お疲れさん」
 手を振ると、ちょっと悲しそうに笑って、影は霧散した。


「懐しいもの見ちまったな」
 あの制服を着ていた頃。
 あの頃はこんなに長く生きるとは思ってもみなかった。
 自分は何も変ったことは無いと思っているのに、気付けば体は動きにくくなり、手の皺は深くなった。
 赴任してきた時の顧問の歳を超え。
 師匠が死んだ時の歳を超え。
「全員、逝っちまったか」
 見送れる能力があった、ということか。
 言葉は交せなかったけれど。
 皆、無事旅立つことが出来た。
 向うは、どんなところなのか。
 遅いんだと文句を言って笑って飲んでるのかもしれない。
「そう長いことは待たせねぇよ」
 風が出てきた。
 菜の花の黄色が眩しく揺れて、目に滲む。

「……じゃあ、またな」



名前:
コメント: