※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『雪の山荘』サウンドノベル風・羊視点2 ななす 2008/01/14(月)13:14

近くのスキー場へ行こうって言ってたのに、吹雪になったら無理だ。水瓶に教えておこう。
俺は水瓶が泊まっているゲストルームへ向かった。
ドアを開けたが、水瓶はいなかった。からくり屋敷に興味があるって言ってたから、今頃別荘の中を探検して回っているのかも知れない。俺に言えば案内してやったのに。
まあ、いいか。
俺は……

A.温室へ行く
B.キッチンへ行く
C.蠍の部屋へ行く

腹が減った。キッチンへ行ってみよう。
廊下にまでおいしそうなにおいが漂ってきてる。これは……バターと、なんだろ。醤油?なんでもいいや。腹減った!
羊「蟹ー。なんか食わせてー」
蟹「羊坊ちゃん。相変わらずですね」
蟹は俺がガキの頃から屋敷にいた。お好み焼きからフレンチのフルコースまで、なんでも作ってくれる。
昔、働いてたレストランで揉め事を起こしてクビにされたのを、オヤジが拾い上げたって川田が言ってたけど、本当かどうかは知らない。……川田は別荘番で本宅に住んでるわけじゃないのに、妙にいろいろなことを知ってる。おかしなヤツだ。
蟹「羊坊ちゃんが大学に行ってお屋敷を出られてから、すっかり米の消費量が減ってしまいましたよ」
どういう意味だ、それは。俺はそんなに大食らいか。てか、ここでも俺は『坊ちゃん』か。
蟹「坊ちゃんのお好きな、焼きおにぎりを作りましょうか。それとも……もしよろしければ、新作のパイがあるんです。試食していただけませんか?」
新作……蟹の新作は、時々とびきり斬新な味なんだよな。これ、人間向きじゃねーだろ、みたいな。大当たりの時はすっげー美味いんだけど。どうしよう?

A.焼きおにぎりを作ってもらう
B.パイを試食する