※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[22-20] 水月2-3 ななし 2008/03/31(月)15:57

手繰り寄せてもまだ深い井戸。許されて闇に触れる快楽。
隠された本性ほど美しいものはない。どれだけ痛みを伴おうとも僕はそれを見たい。
だから僕はお前を見捨てられないでいる。
「やらせろよ」
口調と裏腹に、痛みを堪えるような双子を真っ直ぐに見る。
視線はかち合う瞬間逸らされた。睫毛が微かに震えている。
「後悔するよ」
そっと頬を撫でる。怖がることはないと伝えたかった。
僕は味方、いや、お前の虜なのだと。離れることはないのだと。
独りにはしない。だから気付け。お前が僕を欲しがるのは愛でも恋でもない。
「双子、僕はお前が好きだけどね」
「じゃあ」
「寝てしまったら、お前は僕を疑うだろ?」
顔をしかめた双子がそもそも誰も信じていないことは、この際触れずにいてやる。
僕と双子との間にあるのは、甘えと油断。勝手な思い込み。
温かいものはない。全て信じるに足りないが、他によすがを持てずにいる双子が悪い。
「ねぇ、獅子とはどうなったの?お前にいたくご執心だったけど」
踏み込んだ疑問をぶつけると、一切の表情が消えた。そろりと気配を探る。
固く冷たい吐息が切れ切れに頬に触れる。

「別に」

これで終いだと言外に滲ませてきた。その態度が核心に近いことを教える。
だがいつものように飲み込ませるつもりもなかった。もう少し。
もう少しだけ核心に迫らせろ。そのために誂えた夜だろう。
「何かあったの?」
沈黙と、ひりつく緊張。押さえられた肩がギリギリと軋む。
唇を薄く開き、言葉を発しようか迷っている双子を静かに待つ。
一分もなかったが、鉛を孕んだ時間の進みは遅かった。
「獅子じゃない、獅子は関係ない」
すっ、と目の光が消え、きっぱりと言い切る。
髪を掻き上げて微笑む闇が深くなり、
見詰めていると重油に犯されたように身動きが取れなくなった。
冷たい指に頬を撫でられ、悟る。

――僕は失敗した。

「双子」
「お前には関係ない」
貝の口は固く閉じた。また踏み込めなかった。
やるせなさと敗北感で胸が千切れそうなまま、双子の冷たい口付けを受け入れる。

僕には夜を壊せなかった。

「ねぇ、どっか旅行行こうか」

緊張が切れ、くたりと落ちて来る身体に提案する。
遠くへお前を連れて行きたい。あらゆる雑音からお前を守りたい。
お前の目を、耳を塞いで、お前を深い眠りに落としたい。
羊水に漂うようにだらしない安楽の中に溺れるお前が見たい。
「……面倒臭い」
髪を撫でても逃げない。されるがままの双子を横に寝かせる。
乱れた服を調えてやると、自分でやれると手を除けられる。
「行こうよ、二人で。海外が気楽でいいと思うけど」
のろのろとシャツのボタンを止める手を握る。気怠そうな吐息。
目は合わせなかった。
「……冬の日本海なら行っても良い」
「ああ、魚がおいしいもんね」
「お前が手配して」
「うん」
「朝ちゃんと迎えに来て」
「うん」
「おやつも買って」
「うん」
徐々に消えて行く声が震えていた。
「人目につかない静かなところに行きたいね」
「……」
「目を閉じるだけでも違うよ。お前は目が良過ぎる。なんでも観察するなよ」
「うっさい」
「双子。いつだってお前が僕を置いて行くんじゃないか」
「……ついてこないくせに」
「僕はちゃんとこの部屋で待ってるだろう。
 ドアは開けて行くよ。見える位置に必ずいるから」

そこでようやく双子は諦めの溜め息を吐き、頭まで布団を被った。
手だけで僕に出て行けという。
広いベッドの隅で、双子の細い体が小さく丸まっている。
僕はドアを開けたまま書斎へ出て行った。

――俺と一緒に死んでくれよ

冗談めかして漏らした願望。
僕が応えられないことを知っていて、お前は何度でも試す。
そして如才ない臆病な僕に、お前は小さく安堵し、同じだけ失望する。
バカだ。本当にバカだ。

明け渡せないお前も、受け止められない僕も。


以上です
乙女はただ仕事にまじめなだけなのに、双子に嫌われて申し訳
蠍猟奇ネタが発端なのに蠍出て(ry