※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その知らない男は、さっきの炎使いの男の体を、自分の両腕で抱きこむようにしていた。炎使いの方が激しく暴れていて、それを必死で押さえ込もうとしているようだった。
「暴れんな獅子! いててて掴むな!」
 そいつがそう言った瞬間、俺の目の前の映像が、ふっと途切れたような気がした。
 そして岩の上に立っていた男二人は、岩の下に移動していた。
 なんというか、フィルムを別のコマにつなげて、岩から下りる過程を省略したみたいに。
 あたらしく現れたほうの男が、もがく炎使いを抱きしめながら、俺に、場違いに明るい笑顔を投げかけてきた。
「ごめんな。獅子が限界だからもう帰るわ。遊んでくれてありがとう」
 俺は当然の問いを口にした。
「だれだ、おまえ」
「俺? 射手。こいつ獅子。おまえは牡羊だろ? よろしく」
「……」
「獅子、おまえの力を確かめに来たんだ。びっくりしだだろ」
 俺の力。
 やはりこれは俺の力らしい。漫画みたいな、映画みたいな。
 この俺の力を、なぜかこいつらは知っていて、確かめるために俺を攻撃したのか。
 考えながら自分の手を見つめていると、急にからだが重くなった。
 足から力が抜けた。腰からも。体ぜんぶから力が抜けて、俺はその場に倒れた。
 なんだ、これは。体に力がぜんぜん入らない。手も足も重い。100キロを全力疾走したあとみたいな、いやもっとひどい、脱力感を感じる。
 ああ……こいつらが敵だとしたら、俺いま本当にやばい。
 必死で地に手をつき、体を持ち上げ、顔をあげた。
 射手が、面白そうに俺を見ていた。
「ふぅん。制限が出たのか」
 制限?