※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

射手の腕を振り解いて、獅子が歩み出た。夕暮れの暗い中でもわかるくらいに顔色がわるい。俺を見下ろす目もさらに尖ってて、偉そうだった。
「痛みはあるのか? あるいは、体のどこかが動かない、とかは」
 なんのことだ。俺は疲れて死にそうなんだ。さっさとどっかに行ってくれ。行く気が無いならもう、俺を燃やすなりなんなり、好きにしてくれ。限界だ。
 体を支えていた腕から力が抜けた。俺の体は完全に地に伏した。
 制服のえりの後ろを誰かが掴んだ。獅子が俺をネコみたいに持ち上げているようだ。声が聞こえる。
「連れて行くぞ、射手」
「ええっ。誘拐はまずいだろ」
「魚に診せる。どんな制限が出ているのかが分からない以上、放っておいてはまずい」
「そりゃ分かるけど、そいつに魚を使ったら、おまえが魚を使えなくなる」
「おまえもな。腕の力が抜けているようだが、しばらく我慢しろ」
「我慢か。俺の苦手な言葉だ」
 分けの分からない会話を聞きながら、俺は眠りに落ちた。
 そして気づいたら、知らない場所に居た。

801じゃないですね。すみません。