※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「獅子は火を使ったあと、体にひどい痛みが発生するんだ。使った能力の量にもよるけど、きみをここに連れてきたあとも、部屋に閉じこもって暴れていたから、たぶん相当な力を使ったんだろうねえ。
 あと、射手にも会ったよね? 射手は空間を飛び越えて移動する能力を持っているんだけど、そのかわりに肉体の麻痺という制限を持ってる。能力の使い方によって、麻痺の箇所や時間が変化するらしい。
 こんなふうに僕らは制限を持ってるから、力におぼれたりせずに、ふつうの人間として生活しなければならないんだ。これは大切なことだよ。だからきみも、能力を持っているからといって、やたらと力を振り回してはいけないよ」
 俺はなんとなく、ヒビが入ってると知らずに振った野球のバットが、まっぷたつに折れたときのことを思い出していた。
「力を振り回す前に教えて欲しかったなあ、それ」
「そうだねえ。まあ、獅子に射手じゃあねえ……。説明なんてするはずがないか」
「しろよ! すげえ怖かったよ! 死ぬかと思ったよ!」
「気の毒に。ああ、あと、さっきの魚もそうなんだ。彼はヒーラーなんだけど、能力を使ったあとは、持っている年齢を失ってしまう。ひどいときには赤ちゃんになっちゃう。でも普段はふつうの大人の人なんだよ」
 耳の中に声がよみがえる。大丈夫だからね。すぐに治してあげる……。
 すごく落ち着いた、大人の男の声だったと思う。
「俺に力を使ったから、ガキになっちまったのか」
「うん。そしてきみの制限は『疲労』みたいだね」
「よくわかんね。で、あんたも能力者?」
「もちろん。だけど、やたらと使っちゃいけない力なんだ。いまきみに見せるわけにはいかない」
「なんで」
「信用を失うからさ。きみはこれから、僕の家族になるかもしれない人なわけだから。
嫌われたくないんだよ」
 なんて言った? 聞きなれない単語を聞いたような。